Science Live Show "UNIVERSE"
日本語 English

コーナー紹介>>
コーナー紹介トップ / 太陽系の姿 / ライブ天体観測 / 銀河宇宙の世界 /
重力の不思議 / ゲストコーナー / 国際宇宙ステーション / 分子の世界 /
星の誕生 / 電波で見た宇宙 / 恒星間飛行

"実感太陽系"実例

"実感太陽系"は、「太陽系の姿」及び「恒星間飛行」コーナーの中で、宇宙の広がりの理解を助けるために、天体の大きさや距離を身近なスケールに変え、小さくなった天体を手に乗せたりすぐそこに近付いた惑星まで歩いてみたりすることによって、宇宙の大きさを体感して頂くサブコーナーです。

"実感太陽系"のページでの説明を、ここでは具体例を挙げて行ってみます。


科学技術館ユニバースから竹橋駅方面へ

科学技術館ユニバースにおいては、科学技術館及びその周囲の北の丸公園界隈のランドマークを用いて"実感太陽系"の上演を行っています。

まず、直径約7cmのゴムボールまたは発泡スチロール球を会場である科学技術館4階ユニバースの前方に置き、これを太陽とみなします。
このとき、ビーズ玉よりも小さな水星・金星・地球・火星の各惑星が客席付近までに相当する距離に存在することになります。

木星は館のフロア一杯に半径があるような感じです。


この画像は、インクリメントP株式会社様の生活地図サイト MapFan Web及びインターネット地図ソフト MapFan.netを元に作成させて頂いております。
当ページでの利用方法が"学術的利用"に該当するとして、2003年11月11日までにちもんずに対し地図の使用許諾を下さった同社に感謝致します。

ここでは、科学技術館から竹橋駅(東京メトロ東西線)1a・1b出口方面にお帰りになる道に沿って、土星以遠の惑星の軌道と位置の一例を説明します。

土星は、館を出て左手に進み、左側にある最初の駐車場(北の丸第1駐車場)の出入り口と大通りの丁字路辺りです。

天王星は、首都高都心環状線を渡った後、道路の挟んで向かい側にある二番目の駐車場(北の丸第2駐車場)の出入り口辺りです。
国立公文書館の中心付近と考えることも出来ます。

海王星は、坂を下りきって左折し、しばらく歩いた東京国立近代美術館の一番竹橋駅寄りの角に相当します。

参考までに、かつて太陽系の惑星に分類されていた冥王星は、竹橋駅1b出口手前付近ということになります。

どうぞ気を付けてお帰り下さいませ。

コーナー紹介>>
コーナー紹介トップ / 太陽系の姿 / ライブ天体観測 / 銀河宇宙の世界 /
重力の不思議 / ゲストコーナー / 国際宇宙ステーション / 分子の世界 /
星の誕生 / 電波で見た宇宙 / 恒星間飛行

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
・ サイトマップ
・ ユニバースについて
・ 科学技術館ユニバース
・ 出張ユニバース
・ 関連イベント
・ コーナー紹介
・ スタッフ
・ リンク
・ ユニバースの音楽
・ サイト内検索
*『週刊ユニバース』
・ 掲示板
Copyright(C) 1999-2007, Team Chimons. All rights reserved.