Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2005年05月28日

5月28日@科学技術館

今日のライブショーでは、土星の衛星が発見されて47個になったというお話や太陽のまわりの惑星はいくつある? とか、この惑星の名前は? といったクイズや色々なものの重力レンズ画像を見たりして楽しみました。
ライブ天体観測」のコーナーでは、ヤーキス天文台にいるビビアンさんと国際電話でお話しました。ヤーキス天文台では、天気が嵐から晴れにかわり、木星などが見えていたということです。そこで、現地で今日撮影された木星やM51という銀河の画像を送ってもらって紹介しました。
銀河の写真
ゲストコーナー」では、日食情報センターの大越治さんにお越しいただき日食のお話をしていただきました。
皆既日食と金環日食の違いは、月と地球の距離が近いか遠いかによるということで、今年2005年の4月28日に起こったハイブリッド日食というのは、1本の日食帯の中で皆既日食が見られる地域と金環日食が見られる地域があるという日食です。これは月と地球の距離がちょうどよくないと起きないという珍しい日食だったそうです。
大越さんが実際に観測された日食の様子やそのときの音声などをご紹介されていてとても臨場感が伝わってきました。またとても貴重な画像をご紹介していただき、お客様も喜ばれていました。
ぜひ皆既日食や金環日食を見てみたいですね。

写真:コーナー中で紹介した、子持ち銀河(M51)の写真です。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月28日

2005年05月21日

5月21日@科学技術館

太陽系の姿」では、おなじみの惑星の名前当てクイズや、「もしも太陽がなくなったら?」「もしも太陽のような星が太陽系の外からやってきたら?」といった「もしもシリーズ」を行ったり、土星の衛星についてのニュースを見ました。すばる望遠鏡や惑星探査機の活躍で土星の衛星が新しく発見されて47個になったそうです。
銀河宇宙の世界」のコーナーでは、様々な銀河の写真を見た後、銀河を衝突させるシミュレーションを、お客様の1人にやって頂きました。
国際宇宙ステーション」では、国際宇宙ステーションが出来ていく過程を、コンピューターで作ったアニメーションで見ていきました。だんだんと各国のモジュールが組み合わさっていく様子が、実際に宇宙で行われていることを想像すると、感慨深かったのではないでしょうか。
ゲストコーナー」では、東海大学の十亀昭人さんをお招きして、立体展開模型についてのお話をしていただきました。宇宙ステーションなどの構造物を宇宙に打ち上げる時、小さければ小さいほどロケットに積みやすいものです。その小さくする方法を研究されているのですが、円筒をどのように小さくするのかといったことがわかる動画や、宇宙ステーションを宇宙のゴミから守るための壁が出来ていく過程等の、色々な動画も見ることができました。十亀さんがお考えになった展開模型を実際に作れるシートは、お客様へのお土産になりました。また、紙模型を実際に手にとって、広げたり畳んでみたりと、映像と実物の両方をみることもでき、とても興味深いお話でした。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月21日

2005年05月14日

5月14日@科学技術館

太陽系の姿」では、普段あまりふれない「太陽」についてのお話をしました。かわべ天文公園の上玉利さんに電話をかけ、太陽の黒点についてお話していただきました。太陽望遠鏡のリアルタイムの太陽黒点を見ました。
ライブ天体観測」では木星とM94という渦巻銀河を紹介しました。
木星の衛星が動いていることがしっかり確認できました。
ゲストコーナー」では Think the Earth Project の上田 壮一さんに来ていただきました。
「1秒の世界」と題して「1秒間でいったいどんな事が起きているのか?」等クイズ形式でお話いただきました。子供たちも楽しんで聞いたようです。世界中で1秒間に消費される炭酸飲料水は「16000缶」だそうです。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月14日

2005年05月07日

5月7日@科学技術館

太陽系の姿」では、『太陽がなくなったら、太陽系の惑星はどういった動きをするのか?』 『太陽のように重たい大きな星が、太陽系の外から地球の近くにむかってやってきたら?』というまだ誰もみたことのない状況を、シミュレーションを使ってみてみました。
太陽がなくなると太陽系のすべての惑星がいろいろな方向に飛んでしまう様子に、驚きの声があがりました。
また、「重力の不思議」のコーナーでは、お客様の1人を写真に撮らせていただき、客席と前にでてきていただいた方の間にブラックホールが通ったら客席側からはどんなふうにみえるのか、ということをみてみました。ぐにゃぐにゃと変形した写真をみて、会場から笑いの声がたくさんでていたのが印象的でした。
1回目の「ゲストコーナー」では、万有引力を発見した当時のニュートンのお話や、ニュートンが書いた「プリンキピア」についてなど、いろいろな写真もみることができました。りんごと月は、地球に引っ張られているという法則において、同じであるということをゴムボールを使って説明したり、とても分かりやすいお話が聞けました。
2回目は、アインシュタインの一般相対論を証明した実験を、図や当時の実験の写真をみながら、分かりやすい説明が聞けました。
アインシュタインが一般相対論を発見する前と後の写真など、大人でも今まであまり目にした事のないものがたくさん見られたと思います。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月 7日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..