Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2005年12月24日

12月24日@科学技術館

今日はクリスマスイブだったので、いくつかクリスマスに関する話題を盛り込んでお送り致しました。赤外線宇宙望遠鏡「スピッツァー」で捉えたクリスマスツリー星団を紹介しました。星が誕生している場所です。

みなさんは今年クリスマスツリーを飾りましたか?ツリーの上に大きな星がついていると思いますが、その由来についてを「太陽系の姿」でお話しました。
イエスが生まれる前に「3人の博士が東方で不思議な星をみつけた」そうです。
その星について、いくつか説があげられていますが、そのうちの一つに惑星会合説があります。ショーでは、太陽系シミュレータを使って、紀元前7年頃に木星と土星が非常に近くに見えることを再現してみました。

ゲストコーナー」では立教大学の北本俊二先生に「夢の望遠鏡を目指して」というタイトルでお話をしていただきました。
まず、星空を可視光で見たときと、X線でみたときのみえ方の違いを写真で説明していただきました。X線でみると数千万から数十億℃の高温の天体がみえます。X線は可視光よりも波長が短いため、原理的には可視光望遠鏡より高分解能なX線望遠鏡が作れるはずです。
X線で高分解能の望遠鏡を作り観測できれば、近所の星がまるで太陽のように観測できたり、さらに、将来はブラックホール周辺の現象まで観測できると期待されています。
その夢のような望遠鏡を作るプロジェクトを、クリスマス計画(X-ray milli-arc-sec Project,X-mas 計画)と呼んでいるそうです。

今日で2005年のユニバースは最後です。今年1年間、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月24日

2005年12月17日

12月17日@科学技術館

今週のユニバースはとてもご家族連れが多くて和やかな雰囲気でした。
太陽系の姿」では太陽系にとつぜん他の太陽と同じくらいの質量の恒星がやってきたときをシミュレーションで再現してみたことろ会場から驚きの声がもれていました。

ゲストコーナー」では国立極地研究所の田口 真さんに「オーロラちょい知識」と題してオーロラの見方から最先端の研究までご紹介していただきました。
オーロラのあの美しい色は、実は窒素や酸素といった身近な分子や原子から出ていること、空全体がオーロラで埋め尽くされて、空のオーロラのでない部分がオーロラに見えてしまう「ブラックオーロラ」があるということがとても印象的でした。また、実は南極の昭和基地とアイスランドは地磁気では1本の磁力線で結ばれているということ、オーロラの光を分析することで地球のとても高い高度の大気の状態が調べられるということがとても興味深かったです。
オーロラはとてもきれいなだけでなく、地球の大気や磁場についてのいろいろなことがわかるんですね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月17日

2005年12月10日

12月10日@科学技術館

混雑することもなく始まったユニバースでしたが、惑星の名前当てクイズの時には、答えてくださった方へのプレゼントのカードを巡って積極的に答えを言ったりと、元気な子どもが多い日でした。

毎週話題にのぼっている小惑星イトカワと、小惑星探査機はやぶさについての紹介と、今週の水曜日に起こる天体現象・ふたご座流星群について、お話しました。
東京でも、一時間くらい空を眺めていると、いくつか見えるそうです。ただし冬の屋外はとても寒いですので、暖かい格好をして楽しく観測したいものですね。

ライブ天体観測」ではヤーキス天文台のビビアンさんに、テレビ電話越しにショーに出演していただきました。シカゴの夜の気温は−14度だそうです!その寒い中に撮ったオリオン大星雲や火星の写真を送っていただいて、会場の皆様とシカゴから見える星達を楽しみました。

ゲストコーナー」では国立天文台の関井 隆さんに「恒星としての太陽を探る」というタイトルでお話をいただきました。
地上を明るく照らしてくれる太陽はとても身近な存在です。しかし、地上から見た太陽はまぶしく、遮光グラスごしに観測してもただの白い丸にしか見えません。身近にある天体だからとはいえ、太陽について眺めるだけで全てを理解できるというわけではありません。
関井さんは日震学という分野から太陽の謎を解こうと研究されています。
地震というと、私たち日本人には特に恐ろしいイメージをもたらせますが、日震というのはとても穏やかに常に揺れている現象だそうです。
日震学では、太陽表面の振動・波動現象からその内部構造を探ることができるとのことです。

身近な天体だからこそ、会場の皆様も太陽についてのお話は興味深かったようです。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月10日

2005年12月03日

12月3日@科学技術館

ここ最近の夕方、西の低い空に金星が、東の空には火星が見えています。
宇宙空間から惑星の配置を見下ろしてみると、地球と金星、火星が接近しているのがわかります。
惑星の位置関係
他にもよくみると、金星と火星が反対の方角に見えることもわかります。
これからまた、火星と地球の距離が離れていってしまうので、今のうちに夜空に赤く輝く火星を見つけてみてくださいね。

ゲストコーナー」では、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の村田泰宏さんをお招きして、2005年11月30日で運用を終えた電波天文衛星「はるか」についてお話いただきました。
電波望遠鏡は大きければ大きいほど、解像度と感度が良いそうで、現在、最も大きいものはアンテナの直径が約300mもあるそうです。
また、大きくする方法以外に、電波望遠鏡を2つ以上組み合わせて”干渉計” として使うと、解像度を向上させることができます。
地球上の電波望遠鏡と「はるか」を組み合わせて使ったら、M87(楕円銀河)の中で起こっている現象(ジェット)を数年に渡って、観測することができたそうです。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月 3日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..