Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2006年11月25日

11月25日@科学技術館

本日も「太陽系の姿」で惑星の名前当てクイズや地球の速度を変えたらどうなるか?などの実験を行い、太陽系で遊びました。
また「分子の世界」では地球が太陽の重力で引かれる様に小さな分子も同じ様な力を受けることが実験で分かりました。赤の分子と緑の分子とが互いに引き合ってくっついたり同じ色同士だと反発しあったりと興味深かったです。
「ゲストコーナー」では最新ロボット「PaPeRo」が登場しました。PaPeRoはひとの顔を認識して、目の前に誰がいるのかを判断したり、周りの機械をコントロールしたりと多彩な機能を兼ねそろえたスーパーロボットでした。「Hello!」とあいさつしたり、唄ったり、踊ったりとお茶目な姿が大変かわいいくて場内のお客さんも釘付けでした。明るい未来はすぐ先かもしれませんね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月25日

2006年11月18日

11月18日@科学技術館

「太陽系の姿」では、太陽がなくなったら惑星はどのように動くか、太陽観測衛星ひのでが送ってきた画像を見ました。また、この時期に見られるアンドロメ座とペガスス座を紹介しました。アンドロメザ座の頭、ペガスス座のお腹にあたる位置にアルフェラッツという星があります。2つの星にまたがっているのですが、アンドロメダ座の星、ということになっているそうです。

「恒星間飛行」では、私たちが普段見ている星座が、太陽系から遠く離れた星からだとどのように見えているか、を体験しました。また、「太陽系の姿」で紹介したアルフェラッツにも行きました。

「銀河宇宙の世界」では銀河の衝突によって銀河の形が変わっていく姿をお客様のなかから一人選んで条件を決めてもらい、シミュレーションしてみました。

「ゲストコーナー」では早稲田大学の中村理さんに「観測でさぐる銀河のすがた」と称してうずまき銀河とだえん銀河の違いをお話しをしていただきました。うずまき銀河は新しい星を生み出し続けているため青く「すいている」場所に多くいます。それに対し、だえん銀河は古い星ばかりで赤く、「混み合っている」場所に多くいます。いる場所が違う理由として現在考えられている案は、うずまき銀河が衝突をきっかけに星を生成し、作り終わった姿がだえん銀河である、というものだそうです。銀河にも私たちのように個性があるようでおもしろいですね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月18日

2006年11月11日

11月11日@科学技術館

今日は、一回目も二回目も家族連れのお客さんが多かったです。

「太陽系の姿」では、9日に起きた水星の太陽面通過についてお話ししました。軌道面の少しの傾きや惑星同士の位置関係など、理解してくださったと思います。実際に日本で見れるのが、26年後とは寂しいですね。10年後でしたら、アメリカでみることができますよ。
「天体ライブ観測」では、ヤーキスがあいにくの曇りでしたので、ニューメキシコ州やチリの星座カメラi-CANを使用しました。チリでは、南十字をみることができて、お客さんも感動していました。
「恒星間飛行」で、太陽以外で惑星を持っている星へ行きました。太陽系から離れた星に、太陽系のような形をもっているのは不思議ですね。その数は、どんどん発見されて増えています。
最後の「ゲストコーナー」では、気象のお話しをしてくださいました。どのような雲の形があるのか、前線を持つ低気圧や台風、地球のどこで雲が形成されているのか、などシミュレーションでわかりやすかったです。主に親御さんの方に好評でした。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月11日

2006年11月04日

11月4日@科学技術館

本日のゲストは、理化学研究所の伊吹山秋彦先生です。伊吹山先生は銀河に関する研究をされていますので、今回は「銀河宇宙の世界」「ゲストコーナー」を合体した、特別バージョンを上演しました。
私たちが見上げる夜空には、星のたくさんある所と無い所がある事を皆さんご存知でしょうか?このことから、ウィリアム・ハーシェルさんは太陽系が天の川銀河に属する事を発見しました。銀河は、恒星が5000億個集まって出来ています。また恒星は、夜空に見える星の中で自ら光る星です。銀河にもたくさんの種類があり、私達の天の川銀河は渦巻銀河です。他にも楕円銀河や矮小銀河があります。さらに銀河が集まると、銀河群や銀河団になります。銀河は、重力でお互いに引張り合って衝突することもあり、衝突と合体を繰り返し、銀河が出来ていくそうです。
皆さんも夜空を見上げて、銀河や銀河団、さらに宇宙について、考えてみてはいかがでしょうか。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月 4日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..