Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2009年01月31日

1月31日@科学技術館

寒い雨が降り続いています。皆様、風邪やインフルエンザには気をつけてくださいね。

本日の「ユニバース」はその雨もあってか大勢のお客様でにぎわいました。本日の案内役は半田利弘(東京大学)です。ところで皆様は最近月を見ましたか?その月はどのような姿をしていたでしょうか。月は、満月や半月、三日月に新月と、月は日によって見える姿が変わっていきます。月の半分が太陽の光を受けて光る面、影となって暗くなる面になります。地球の周りを回ることによって、地球から見る月の位置が変わり、光る面・影の面の割合が変わって月の満ち欠けが起こります。

月に限らず、地球や他の惑星も太陽に照らされているため、必ず光が当たる面と影の面が出来ます。その中で、地球の一つ内側を回る星の金星も月と同じように満ち欠けをします。肉眼ではわからないのですが、望遠鏡や双眼鏡で覗いてみると確認できます。金星は地球より内側を回っていることから、夕方か朝方にしか見ることが出来ません。ちょうど今の時期は夕方西の空に見えます。日が沈んだ頃、晴れていればきっと西の空に輝く一番星が見えることでしょう。

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月31日

2009年01月24日

1月24日@科学技術館

昨日、種子島から人工衛星「いぶき」がH-IIAに乗って飛び立ちました。皆様ご覧になりましたか?
本日は、その「いぶき」を追いかけて宇宙船「UNIVERSE」号で宇宙に飛び立ちました。

旅の始まりは太陽に一番近い星、水星をご覧頂き火星によってみました。最近、火星にメタンが発生していることが確認されました。もしかすると生命体がいるかもしれません。そうなったら宇宙旅行の楽しみがまた増えますね。天体望遠鏡で火星を覗くと、火星人が手を振っているかもしれません。

次は、火星を飛び出して太陽系の外まで、旅行してみましょう。すぐに目に入るのはアンドロメダです。銀河はこのように渦巻き型から、楕円型、ちょっと変わった形では、車輪や触角のようなものも見られます。これら銀河は集まっているところと、空いているところがあります。

次は宇宙船「UNIVERSE」号で、どこに飛んで行きましょうか。皆様もぜひ宇宙船「UNIVERSE」号である、シンラドームに遊びに来てください。本日の船長は亀谷 和久(JAXA,ISAS)でした。

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月24日

2009年01月17日

1月17日@科学技術館

新年も明けて、受験生の皆様はセンター試験などの追い込みに大変な時期となりました。本日は晴天に恵まれてたくさんのお客様にお越しいただきました。

本日の案内役は矢治 健太郎(立教大学)です。太陽系の惑星を紹介し、特に今年は世界天文年ということで、ガリレオ・ガリレイが発見した木星のガリレオ衛星や土星の輪についてお話しました。太陽の活動について、国立天文台の最新の太陽画像やひので衛星が撮影した太陽の黒点やプロミネンスの画像等を交えて説明をしました。しかし最近は太陽の活動があまり無いそうです。太陽の表面にも黒点などがあまりなく、のっぺりとした印象でした。

次に地球に下りて、今晩の星空を紹介しました。そして太陽系を飛び出して恒星間飛行、さらに銀河の世界へと見ていきました。銀河には太陽系が属する天の川銀河に似たアンドロメダ銀河や帽子の形に似たソンブレロ銀河、2つの銀河が衝突している触角銀河など様々な特徴を持った銀河があります。そのような銀河たちが作り出している宇宙の大規模構造を紹介し、地球へと戻りました。いつの日にか、こんな宇宙旅行が出来るようになるといいですね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月17日

2009年01月10日

1月10日@科学技術館

寒かった昨日とは一転、今日は暖かな一日となりました。この時期の晴れた日には、夜6時頃、西の空に金星が見えます。とても明るいので、皆様もぜひ探してみてくださいね。

今回の「ユニバース」(案内役:伊藤哲也[国立天文台])は、金星やオリオン座など、今夜の星空の話から始まりました。その後宇宙へ飛び出して、土星や冥王星、アルファ・ケンタウリまで行きました。この距離までくると、星座の形は地球で見る形と違ってきます。どうしてかと言うと、星座を構成する星たちの地球からの距離がバラバラだからです。さらに遠くへ行くと天の川銀河の全体の形を見ることが出来ます。

天の川銀河の全体の構造は、"電波"で観測することが出来ます。現在、『電波望遠鏡を80台チリに設置しよう』という計画が進行しています。日本、アメリカ、ヨーロッパが参加しており『ALMA計画』と呼ばれています。空が広くて、きれいなチリの山、標高5000mに80台の電波望遠鏡を設置します。2013年完成予定で、完成すると、より遠くの宇宙について詳しくわかるそうです。観測結果が待ち遠しいですね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月10日

2009年01月04日

1月4日@科学技術館 特別番組「おめでとう、世界天文年2009」

今年2009年は「世界天文年」です。これはかのガリレオが様々な発見をした1609年からちょうど400年経ったことを記念して名づけられたものです。今回のユニバースは「おめでとう、世界天文年2009」と題して、ガリレオが空へ望遠鏡向け感動をした発見の数々を紹介しました。

賑やかな世界天文年紹介ムービーでオープニングを飾りました。まず、海部宣男先生(元国立天文台台長/世界天文年2009日本委員会委員長)の祝辞の紹介をしました。案内役 半田利弘(東京大学)がガリレオが作った望遠鏡を紹介し、会場の皆さんにガリレオ式望遠鏡とケプラー式望遠鏡を覗いてもらい、その違いを確かめてもらいました。ガリレオ式望遠鏡は低倍率であるのに対しケプラー式望遠鏡は高倍率ですが、見える星の像が逆さに見えます。その望遠鏡でガリレオが見た月面や木星の画像を紹介しました。ガリレオは望遠鏡で当時知られていなかった月面の様子や、木星に衛星があることを知り、大きな感動を覚えたといいます。

ガリレオはさらに太陽の黒点についても詳細な記録を残しています。太陽について研究されているゲストの奥村 純さん(京都大学宇宙物理学教室)から太陽黒点についてお話を伺いました。黒点は数千度という高温でありながら、周囲がさらに高温のために目に見える光(可視光)では暗く見えるそうです。一方、X線で太陽を見てみると、黒点の周囲が非常に明るくなっていることがわかります。黒点には強い磁場があり、それによって太陽フレアが発生します。この太陽フレアはX線で捕らえることができるので黒点の周囲がX線では明るく見えるそうです。

今年の7月には日本で日食が見られるため、特別番組を開催予定です。詳細が決まりましたら「ユニバース」のページでお知らせします。お楽しみに。

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月 4日

2009年01月01日

2009年 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
立体視対応平面スクリーンシアター「ユニバース」から立体フルデジタルドームシアター「シンラドーム」での開催へと進化した科学ライブショー「ユニバース」を本年もどうぞよろしくお願いします。

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月 1日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..