Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2009年02月28日

2月28日@科学技術館

本日も、たくさんのお客様がいらっしゃいました。

皆様、宇宙についてよくご存知で、惑星の名前や星座を元気良く答えていました。
太陽系を離れて137億光年の彼方まで到達した時は、とても感動していました。
また、星座を形作る恒星は、地球から同じ距離にないなんて驚きですよね。
恒星が地球からどれほど離れているかは、体験し楽しんでもらえたようです。

本日の「ゲストコーナ」では、松浦晋也さん(ノンフィクション・ライター)が来て下さり、
一回目の上演では「スペースシャトルの引退」
二回目の上演では「アメリカの新しい有人宇宙船」
という内容で、お話ししてくださいました。
スペースシャトルが2010年で引退されるってご存知でしたか?
2010年以降は、飛行機のような形からアポロの形になるそうです。
4〜6人乗りで、実際の飛行が楽しみですよね。
興味をもたれた方は、2010年以降のシャトルをお見逃しなく。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月28日

2009年02月21日

2月21日@科学技術館

まだまだ寒い日が続きますね。皆様も風邪に気をつけてください。

今日の「ユニバース」(案内役:矢治健太郎(立教大学))では冬の星座の代表格、オリオン座のベテルギウスに飛びました。恒星の場所まで飛んでいくと、普段地上で見るのとは星座が違った形をもちます。天球に貼り付いていた星座は、太陽系を中心にまるでウニのようになってしまいます。別の星では別の星座が出来上がりそうですね。

さて、24日には「ルーリン彗星」が最接近します。夜10時ごろ、南の空に見えますが、4等から6等くらいの明るさなので都会では見つけにくそうです。少しでも暗い場所で双眼鏡や望遠鏡で覗いてみると、尾が短い彗星が見えるかもしれません。

ところで今年2009年は「世界天文年」ということで、各地のプラネタリウムなどでは様々なイベントが行われます。「ユニバース」でも、これから色々な特別イベントを予定していますので、ぜひお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月21日

2009年02月14日

2月14日@科学技術館

今日の「ユニバース」(案内役:半田利弘(東京大学))は「太陽系の姿」「ゲストコーナー」の二本立てでお送りしました。

「太陽系の姿」では、惑星や小惑星のお話のほかにも、天の川銀河の中心にあるブラックホールについても解説しました。目で見える光だけでなく、赤外線で観測すると見えてくる星の動きから中心に太陽の200〜300万倍もの質量が存在していることがわかり、ブラックホールがあると予測できるそうです。

「ゲストコーナー」では、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の亀谷和久さんにお越し頂きました。望遠鏡の視力を良くするためにはその口径を大きくしなければいけないのですが、電波用の望遠鏡だと、望遠鏡を並べることで、その並べた長さと同じだけの直径の望遠鏡として扱うことができるそうです。
既に世界各地にそういった望遠鏡が設置されているそうですが、地球上にある限りは地球の直径より大きな望遠鏡を作ることが出来ません。亀谷さんは、望遠鏡を宇宙に打ち上げることで、物凄く大きな望遠鏡を作るお仕事をなさっているとのことでした。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月14日

2009年02月07日

2月7日@科学技術館

太陽の周囲には惑星だけでなく、準惑星もたくさん回っています。現在見つかっている8つの惑星を横から見ると、一つの平面上を動いていているように見えます。これは、太陽系の出来方が影響しているのではないかと言われています。46億年前、円盤状に存在していたガスやチリが重力で集まって惑星ができました。そのため、一つの平面上で、同じ方向へ動くようになったそうです。

「ユニバース」では、「太陽系の姿」で、準惑星の軌道をシミュレーションで表示することができます。観測技術が向上し、冥王星と似た軌道に多くの天体が見つかるようになりました。一部には冥王星より大きいものが見つかったことをきっかけに、2006年の会議で惑星の定義が決められ、冥王星は惑星とは呼ばないことになりました。「惑星」や、「準惑星」の定義は、国立天文台「惑星の定義について」に解説が載っているので、皆様もよろしければ読んでみてくださいね。
  
重力は、ガスやチリだけでなく、銀河にももちろん働きます。太陽系から6800万光年ほど遠ざかると、触角銀河に出会います。触角銀河は2つの銀河がぶつかってできたものです。この成り立ちを、ユニバースの銀河衝突のシミュレーションで楽しんでいただきました。

本日の案内役は亀谷 和久(JAXA,ISAS)でした。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月 7日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..