Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2009年05月30日

5月30日@科学技術館  講演会 国際宇宙ステーション(ISS)特別企画 「宇宙に行こう!」

国際宇宙ステーション(ISS)が完成に近づき、現在、長期滞在している宇宙飛行士若田光一さんを含む乗務員により建設が進められ、来月には日本実験棟「きぼう」が完成する予定です。そこで国際宇宙ステーション特別企画 講演会「宇宙に行こう!」と題し、宇宙旅行や宇宙「生活」のこれからを4人の方々にお話頂きました。

・「宇宙旅行は夢じゃない」緒川修治さん (PDエアロスペース株式会社)
・「宇宙空港を作ろう」秋山演亮さん (和歌山大学)
・「小惑星への往復: はやぶさから有人探査へ」矢野創さん (宇宙航空研究開発機構)
・「宇宙に住もう」戎崎俊一さん (理化学研究所)

最初の「宇宙旅行は夢じゃない」は、緒川修治さん(PDエアロスペース株式会社)による宇宙と地球を往復する乗り物のお話です。宇宙、つまり100km以上上空には酸素が無いので通常のジェット機等では行くことができません。そこでロケットやスペースシャトルが必要となるのですが、非常に高価なため一般の人でも相当なお金を払えば行けるものの、まだまだ縁遠い世界でした。宇宙旅行を手の届くものにするために、今、世界では民間による宇宙往還機(行って帰ってくる)の開発が行われており、Xprizeといったコンテストもありますが、日本で開発している人はいませんでした。そこで、緒川さんの会社は独自に往還機の開発を進め、日本の技術で、より安価な宇宙旅行の夢を実現させるため頑張っているそうです。

次の「宇宙空港を作ろう」は、秋山演亮さん(和歌山大学)による宇宙往還機が将来発着するであろう「宇宙港」のお話です。往還機が宇宙から帰ってくるときはグライダーのような動きで燃料をほとんど使わずに戻ってくるため、非常に長い距離の滑走路が必要となり、従来の空港とは別の施設が必要になるそうです。また、将来的には、現在のようにただ宇宙に行って帰ってくるだけでなく、宇宙空間を経由する弾道飛行を用いることで、世界中に90分ほどで行くことができるようになり、その時、宇宙港は非常に重要な拠点になるとのお話でした。

3番目の「小惑星への往復:はやぶさから有人探査へ」は、矢野創さん(ISAS&JSPEC, JAXA)による宇宙に出る時の大きな目標になるであろう小惑星のお話です。
日本の打ち上げた宇宙探査機に「はやぶさ」がありますが、これは、小惑星に行ってその物質を取ってくること(サンプルリターン)を目的としており、それまでの探査機と異なり、
月より遠い天体に着陸して再び地球に帰ってくる世界初のミッションとなっています。
この技術を日本でさらに成熟させ、米国がシャトル後継機として開発中の次世代有人宇宙船を融合させることで、近い将来、無人探査機だけでなく人類も小惑星まで行って帰ってくることが可能となります。さらなる未来には、小惑星への有人往復探査技術を足場に、火星など他の太陽系天体への往復探査も実現できるようになるだろう、とのことでした。

最後の「宇宙に住もう」では、戎崎俊一さん(理化学研究所)による、ヒトが地球圏だけでなく小惑星も含めた大きな生活圏を持つ未来についてお話です。宇宙には大気が無いため地球よりも相当効率よく太陽光発電ができます。そこで、小惑星を太陽光発電の基地にして、レーザーで地球にエネルギーを送るシステムの研究が進んでるそうです。また、それだけでなく、小惑星には水や金属等の資源があり、さらに太陽光発電を用いれば、小惑星内で生活し、宇宙農場を作ることも可能なのではないかとのことでした。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月30日

2009年05月23日

5月23日@科学技術館

本日のライブショーもたくさんのお客さんがご覧下さいました。

「太陽系の姿」では、科学技術館から見た今晩の星空を見ていただきました。
土星やしし座、おとめ座などの星座や惑星の説明をしました。また、地球の周りを回っている国際宇宙ステーションに搭乗している若田宇宙飛行士の「おもしろ宇宙実験」の紹介をしました。

「ライブ天体観測」ではヤーキス天文台にいるVivianさんと、
インターネットを通じて天体写真の紹介をしてもらいました。
本日紹介したのは、土星やメシエ天体のM13、M51、M57等です。


図:ヤーキス天文台で撮影されたM51の様子
  2つの大きさの異なった銀河が並ぶ様子が特徴的な子持ち銀河です。


図:ヤーキス天文台で撮影された土星の様子(2009年5月)

土星は年によって輪の見え方が変わってきます。
では2001年と比べてみましょう。


図:ヤーキス天文台で撮影された土星の様子(2001年11月)

他の年に撮影された土星の写真もよかったら見てください。

「実感太陽系」のコーナーでは、太陽の大きさが200億分の1にしたら太陽系や惑星の大きさはどうなるのか、同じ縮尺で隣りの恒星までどのくらいになるのかを確かめました。
「恒星間飛行」では実感太陽系のコーナーで紹介した太陽系のお隣の恒星まで見て行き、
さらにその先の銀河の世界を紹介して行きました。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月23日

2009年05月16日

5月16日@科学技術館

初夏の暑さが収まり過ごしやすい曇り空の天気でしたが、シンラドームでは多くの方々がお越しになり真夏のような熱気に包まれていました。

「太陽系の姿」では惑星の間違い探しから始まりました。今日は積極的に手が挙がり、多くのお客様がお土産名刺を貰いました。次に地球へ降り、本日の夜空を用いて春の星座を用いて星座神話などを紹介しました。
最後に太陽系を飛び出し、恒星間飛行に移り宇宙の大規模構造を紹介しました。

今日の目玉は“クイズ”です。
突然ですが、「0,0,1,2,63,64,27,13」この暗号のような数字はなんでしょうか?すぐに分かる方は名探偵か立派な科学者です。8つの数字がヒントです。

正解は惑星の衛星数です。
左から水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の衛星の数になります。30年程前では木星の衛星は12個と考えられていました。し かし、この30年間に詳細な衛星数が見つかり、今では63個まで分かりました。30年後には更に増えているかもしれ ませんね。

科学ライブショー「ユニバース」では、このように知っていると人に教えたくなるような宇宙に関する話題やクイズがたくさんあります。週明け、学校や職場での話のネタに使い、ものしり博士になりませんか?皆様のご来場をお待ちしています。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月16日

2009年05月09日

5月9日@科学技術館

今日は天気も良くポカポカした日ですね。本日もたくさんの方々にお越し頂きました。

「太陽系の姿」では、お客様と一緒に太陽から順に惑星の名前当てゲームをしました。正解者には天体写真の載ったお土産名刺がプレゼントされました。

「ライブ天体観測」のでは、アメリカ シカゴのヤーキス天文台にいるビビアンサンさんに登場してもらい、ビビアンさんが撮影した土星、月、M64、M104の画像をお客様に見ていただきました。土星の衛星がくっきり見える画像も見ることができ、名前も覚えることもできました。

「ゲストコーナー」では、柴田一成先生(京都大学 大学院理学研究科附属天文台 台長、京都大学 宇宙総合学研究ユニット ユニット長)にお越しいただき、「太陽と宇宙天気予報」をテーマに、太陽の活動のお話をしていただきました。
 太陽を特殊な方法で観測すると、表面に黒い斑点が見えます。
これを「黒点」と呼んでいます。
黒点は活動が活発なところで、そこで磁気エネルギーを解放しているのです。
この磁気エネルギーによって噴出した磁気プラズマ雲は、
勢いがあるときは地球まで届きます。
皆さんはこの磁気プラズマ雲が地球に届くと何が起こると思いますか?
実はオーロラとして見えます。あの美しく輝くカーテン状のオーロラは、太陽の贈り物だったんですね。太陽からの磁気は、ときに停電を起こしてしまうなど、いたずらもあるようで、今後、太陽の活動も含めて宇宙天気予報ができるように研究がされています。
 未来の天気予報は、地球の天気だけではないかもしれませんね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月 9日

2009年05月02日

5月2日@科学技術館

皆さんは太陽以外の恒星の周りを回っている惑星をご存知ですか?
今日のユニバースではこういった系外惑星と呼ばれる星の紹介をしました。

このような惑星は今までにも、350個ほど見つかっているそうですが、
今度また新しく非常に軽く、地球の2倍程度の重さの惑星が見つかったようです。
こういった星に探査機を飛ばせるのはずいぶん先のことになりそうですが、
生命が存在しているといいですね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月 2日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..