Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2009年12月26日

12月26日@科学技術館

今年もあとわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

本日の案内役は 半田 利弘(東京大学)です。「太陽系の姿」「銀河宇宙の世界」「宇宙の果てへ」を上演しました。コーナー中、宇宙から見た地球の様子や、シカゴのヤーキス天文台で撮影された「かに星雲」と「うずまき銀河」の写真を紹介していきました。また、この写真は宇宙から届く目に見える光(可視光)をそのまま撮影しているのではなく、X線や電波で撮影しています。X線や電波で撮影することで「星雲」や「銀河」のより詳しい様子を知ることができます。

「ゲストコーナー」では藤岡 洋 先生(東京大学生産技術研究所)から「砂漠太陽光発電の開く未来社会」としてお話を伺いました。
 太陽光発電はクリーンなエネルギーとして日本のみならず、世界で注目されています。太陽光発電による発電所を作る場所の候補として雨があまり降らず晴天が多い「砂漠」があります。地球上にあるサハラ砂漠やゴビ砂漠などのすべての砂漠の面積のうち4パーセントに太陽電池を置くと地球上の全てのエネルギーがまかなうことができると見積もられています。
 太陽光発電は太陽の光が太陽電池パネルを照らす昼間にしか発電できませんが、世界中の砂漠に太陽電池パネルが置かれることになれば、昼の晴れているどこかの砂漠で24時間ずっと発電ができるようになります。
 しかし、遠く離れた砂漠で発電して従来の方法で電気を送る(送電)と、都市と発電所の距離が遠すぎるために大きな電気の損失が起きてしまいます。そこで損失を小さくできる超電導送電が研究されています。
 砂漠太陽光発電が本格的に使われるようになる日が楽しみですね。

 本年の科学ライブショー「ユニバース」は今日で終了です。ご来場ありがとうございました。2009年12月29日(火)〜2010年1月3日(日)は年末年始で科学技術館が休館のため、2010年1月2日(土)の「ユニバース」はお休みさせていただきます。新年の科学ライブショー「ユニバース」は1月9日(土)から上演いたします。
 2010年も皆様のご来場をお待ちしております。
 よいお年をお迎えください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月26日

2009年12月19日

12月19日@科学技術館

今週はとても寒い1週間でしたが、皆さま体調はいかがでしょうか?
今年もあとわずかですので、体調管理に気をつけて元気に新年を迎えましょう!

本日の「ユニバース」では日食のしくみを紹介しました。
太陽、月、地球の動きを「シンラドーム」のグラフィックスで再現し、なぜ毎月日食が見られないかなどを影の位置によって紹介しました。

今年の7月22日に日本で見られた皆既日食は見に行かれましたか?
次に起こる日食は金環日食で、2010年1月15日です。
この金環日食は、中国やアフリカなどの地域で見ることができます。
日本では部分日食として見ることができ、東京では日没直前に太陽が欠け始めます。

来年もぜひ日食を楽しんでください。

また本日も「ユニバース」にご来場された方からの金星探査機「あかつき」に送るメッセージが沢山集まりました。
メッセージに参加された方々、ご協力ありがとうございました。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月19日

2009年12月12日

12月12日@科学技術館

本日の「ユニバース」ではヤーキス天文台との中継で球状星団M15と散開星団CR21が紹介されました。
同じ星団でも、球状星団は数十万個の比較的古い星の集まりで、散開星団数百個の比較的新しい星の集まりです。
同じ星の集まりでもまったく違うのです。
実際に撮影された写真を見てその違いを比べてみてください。



図1:ヤーキス天文台で撮影された球状星団M15



図2:ヤーキス天文台で撮影された散開星団CR21


ところでみなさんもよくご存知の太陽から2番目に近い惑星「金星」。
地球のお隣にある惑星ですが、金星は分厚い大気で覆われているため、わからないことがまだまだたくさんあります。
そこで今、金星を調べるために探査機「あかつき」の打ち上げが来年計画されています。

先週に引き続き今回も、あかつきに送るメッセージを募集しました。
来週も募集しておりますので
ぜひユニバースにお立ち寄りください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月12日

2009年12月05日

12月5日@科学技術館

今年も残すことあと一ヶ月となり、寒さもひとしお厳しくなってまいりました。
このような日は、暖かい鍋料理が美味しいですね。
科学ライブショー「ユニバース」でも、今一番旬でホットな話題を毎週紹介しています。

本日の「ユニバース」では、すばる望遠鏡を用いて太陽型星をめぐる惑星候補を、直接撮像で発見したという話題を紹介しました。
こと座ベガ方向にある、GJ758を周回する惑星候補GJ758Bを、HiCIAOを用いて直接撮像観測することより、世界で初めて発見しました。
質量は、木星の約10倍というとても大きな惑星です。

ガリレオが木星の衛星を発見してから、今年で400年が経ちました。
しかし今なお、観測装置の発達と共に、このように新たな星が発見されています。
400年後にどれだけの星を発見できているのか楽しみですね。
空が澄んでいる冬の夜空、天体観測をしてまだ発見されていない星を探してみてはいかがでしょうか?

本日の案内役は矢治健太郎(立教大学)でお送りしました。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月 5日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..