Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2011年01月29日

1月29日@科学技術館

本日は大朝由美子(埼玉大学)が案内役でユニバースを上演しました。

皆さんもご存じの、1月22日に打ち上げられた宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機が28日に無事国際宇宙ステージョンにドッキングされました。
ライブショーではこの打ち上げの様子とドッキングの映像を紹介しました。
今後も日本の宇宙開発の過程を見ていくのが楽しみですね。

このあと、今日の星空のシミュレーションを行いました。
東京では街の灯りのために、冬の季節に晴れていても10から30個の星しか見ることができません。
仮に街の明かりを全て消したとすると、たくさんの星々が見えるようになります。
星には核融合反応によって自ら光を放つ恒星と、恒星の光を反射し
光って見える惑星とがあります。
恒星は果たして永遠に輝くことができるのでしょうか?
そうではありません。恒星も生まれ、成長し、やがては死を迎えます。
ライブショーでは、恒星が誕生しているオリオン大星雲や、誕生したての双子星(L1551)、
成長期にあたるプレアデス星団、恒星が最期に爆発してできた
かに星雲などを紹介していきました。
星空を観ていると、星の一生を感じることできます。

さらに天の川や、衝突した銀河など、さまざまな銀河の姿をみることができました。

皆さんも「ユニバース」で星や宇宙のことを学んで、実際の星空を
眺めてみてはいかがでしょうか?

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月29日

2011年01月22日

1月22日@科学技術館

本日は片岡龍峰(東京工業大学)を案内役に、本日初公開の最新3Dオーロラ映像を上演致しました。

「ユニバース」では、これまでも3Dオーロラ映像を上演していましたが、
このたび最新の3Dオーロラ映像を公開しました。
まだ来たことのない方も、一度ご覧になった方もぜひ「ユニバース」にいらして下さい。

ヤーキス天文台とのライブでは、天体観測では、木星やオリオン大星雲などを紹介致しました。
また、本日「こうのとり」の打ち上げの生中継を、「ユニバース」でも見ました。
今度は、H-轡蹈吋奪罰発の構想があり楽しみですね。
日本を含め人類の宇宙開発が私たちの夢を乗せて発展していくと素敵ですね。
打ち上げ生中継はライブショーならではの醍醐味なので、ぜひ科学ライブショー「ユニバース」でご堪能下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月22日

2011年01月15日

1月15日@科学技術館

本日科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(立教大学)による上演を行いました。

始めに3D映像で太陽系を見ていただき、本物の宇宙との違いをクイズにして会場のお客様に答えていただきました。普段だと、実際には惑星の軌道線や名前は宇宙空間にはない、といった答えをいただくのですが、2回目の上演では「月はあるが他の衛星がない」などとても鋭い答えが沢山出ました。

また、金星が三日月のように欠けている』というような答えも出たのですが、
これは間違えではありません。金星は地球より内側の惑星のため、
地球から金星を見る角度によっては、金星が欠けて見えます。
しかし、ユニバースで金星が欠けているということに気がついたお客様には驚きでした。

その後は水星から順に太陽系の天体を見ていき、地球上へ着陸してオリオン座をはじめとする冬の星座、この時期夜空に見える惑星を紹介しました。

本日の「ゲストコーナー」は加藤成晃先生(JAXA宇宙科学研究所)による「華麗なる宇宙物理学者の世界冒険」という題のお話しでした。
加藤成晃先生はひので(SOLAR-B)という、地球を周回して太陽を観測している人工衛星を使って太陽の大気を研究なさっているそうです。
太陽の大気の成分は太陽の光を虹色の光にしたときの暗線から知ることができ、その主要成分は水素73%ヘリウム25%となっています。
またスーパーコンピュータを使って銀河系中心にあると言われてているブラックホールの大気を調べたところ、その成分は水素だったそうです。
この虹色の光から温度を知ることもでき、太陽の表面は6000度、太陽上空のコロナは100万度、銀河系中心のブラックホールの大気は100億度だそうです。
このようなことを知るために宇宙物理学という学問が必要になってくるようです。

宇宙について勉強しながら宇宙旅行をできる科学ライブショー「ユニバース」にぜひいろんな方にいらしていただきたいと思います。

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月15日

2011年01月08日

1月8日@科学技術館

本日は、野本知理(千葉大学)が案内役を務めました。

最初に、塩(NaCl)の構造を原子・分子レベルで見ていきました。絶対零度から常温、そして3000度という高温での分子の運動をシミュレーションしていきました。(「分子の世界」)

次に、「ライブ天体観測」でシカゴのヤーキス天文台のビビアンさんと電話でお話しました。残念ながら、本日のシカゴは雪だとのことで、天体写真は撮れませんでしたが、代わりにチリの天体写真(オリオン星雲、球状星団等)を見ました。

最後に、地球の公転スピードを速めたり、遅めたりすると地球の軌道や公転周期はどうなるのかをお話しました。また同様に太陽が突然消えたら地球はどうなるのか、そして太陽系の中に新しく太陽と同じ程度の重さをもった恒星が存在したら・・・、といったもしもの話をしました。

毎週こういった多岐にわたる科学の話をしています。
ご興味のある方は是非足をお運び下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月 8日

2011年01月01日

2011年 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
本年も科学ライブショー「ユニバース」をどうぞよろしくお願いします。

投稿者 ライブショーアシスタント : 1月 1日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..