Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2011年10月29日

10月29日@科学技術館

もう秋も深まり紅葉が見え始める季節となりました。
夜空も、ペガスス座などの秋の星座が見え始めていますが、
実はまだ夏の星座も見えているのです。ご存じでしたか?

今回の科学ライブショー「ユニバース」は案内役を
伊藤哲也(国立天文台)でお送りしました。本日は
地上から見える今夜の星空の紹介をした後、地球を
飛び出てこの地球を含む太陽系の惑星の簡単な説明を
していきました。実感太陽系コーナーでは、太陽系を
200億分の1に縮小し、太陽の大きさを電球に例え、
惑星の大きさと位置をお話ししました。電球程の
太陽・・・地球はどれほどの大きさになるでしょうか?
答えはユニバースで!

ALMAという望遠鏡をご存じでしょうか。南アメリカのチリ、
標高5000mという高さにある電波望遠鏡のことです。直径が
12mと7mのものがあります。この望遠鏡は宇宙からやってくる
電波を調べることができます。電波で一体何が分かるのか、
と思う方もいらっしゃるかと思いますが、実は星が生まれる
ときに必要な星雲の存在が電波で分かるのです。この
望遠鏡によって、この太陽系の太陽と惑星がどうやって
生まれたのかがはっきりと分かるかもしれません。

さて、現在タイの大洪水のニュースが連日放映されていますが、
そのタイを国際宇宙ステーション(ISS)と人工衛星Terra
から撮影した写真を、今回紹介しました。タイの様子を
こちらに紹介します。写真の緑色の部分が森林帯、黒色の
部分が水を表しています。

空から地球を撮ると一目瞭然ですね。では今度は私たちが空を
見上げてISSを見てみませんか?11/3の18時頃にISSが東京の
上空を通過します。また5日も見頃です。どちらも休日です
ので、ぜひ空を見上げて見てください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 10月29日

2011年10月22日

10月22日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、案内役に野本知理
(千葉大学)でお送りしました。

まず、「ミクロの世界」をご覧いただきました。主に塩化ナトリウムの
結晶について紹介しました。ナトリウムイオンと塩化物イオンが
交互に並んだ結晶構造やそれらの熱運動を見ました。イオンを立て
続けに区画の中に入れていくとどうなるかというシミュレーションも
行い、視覚的に体感しました。また、温度が変わってしまうと
結晶構造どうなるのでしょうか?リアルタイムのシミュレーションで
みなさんに楽しんでいただきました。見てみたいと思われた方は
ぜひ科学技術館へお越し下さい。
ところで、結晶とは何でしょうか?結晶とはずらして移動させると
ぴったり重なるような、周期的な原子の並び方のことを言います。
30年くらい前までは、原子はぐしゃぐしゃに並んでいるのでなければ
必ず周期的になっているといわれていましたが、先日ノーベル化学賞
受賞されたDan Shechtmanさんによって、周期的でないのに秩序の
ある構造を持つ物質が発見されました。これを準結晶と呼びます。
ミクロの世界は普段実感できない世界であるため、皆さん熱心に聴き
入っていました。

次に「ライブの天体観測」を行いました。シカゴのヤーキス天文台の
ケビンさんに木星,M82,M57,M2の写真を送っていただき紹介しました。


jupiter.png
木星
m2.png
M2球状星団
m57.png
M57環状星雲
m82.png
M82葉巻銀河

科学ライブショー「ユニバース」では、様々な分野でご活躍中の
ゲストをお呼びしています。科学技術館にお越しの際は、ぜひ
お立ち寄り下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 10月22日

2011年10月15日

10月15日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、案内役に戎崎俊一(理化学研究所)、
ゲストにカール・ペニーパッカーさん(米、ローレンス・バークレー国立研究所)を
生中継でお迎えして特別番組「ノーベル物理学賞」を上映しました。

今年のノーベル物理学賞は「遠方の超新星の観測により宇宙膨張が加速して
いることを発見した」サウル・パールミュッターさんに授与されました。カールさんは
サウルさんの先生で、30年にわたって超新星による宇宙膨張観測を行いました。
今回は、サウルさんの研究内容を説明していただきました。

超新星とは、ある種の星が一生を終える瞬間に起きる爆発現象のことです。
超新星は1つの銀河につき100年に1度くらい起こる、宇宙で一番大きくて、華麗な
爆発です。その明るさは銀河(太陽のような星が1000億個集まっている)と同じ
ぐらい明るいものです。超新星のうちIa型と呼ばれるものは爆発を起こすときの
重さが決まっているため、どれも同じ明るさになります。地球から見えるIa型
超新星のみかけの明るさを測定することで、地球との距離を正確に測定する
ことができます。カールさんは超新星を観測するために自動撮影する望遠鏡を
発明し、皆が使えるようにしました。

宇宙膨張の加速を証明したのは、ハッブル図と呼ばれる縦軸に超新星の明るさ、
横軸に超新星までの距離(赤方偏移)をとったグラフです。宇宙が加速膨張して
いない場合の計算から求められる超新星の明るさよりも、実際の観測結果は
暗いことが示されました。このことから、Ia型超新星が加速しながら遠ざかって
いることがわかりました。この結果をもとに宇宙の構成を求めるとダークマターが
約25%、水素・ヘリウムが約4%、ダークエネルギーが約70%となります。ダーク
エネルギーはまだ何かが全く分かっていないものであるため、まだまだ宇宙は
分からないことだらけです。

今回はノーベル物理学賞特別講演をお送りしましたが、科学ライブショー
「ユニバース」では毎回様々内容の上映を行いますので、また足をお運びください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 10月15日

2011年10月08日

10月8日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」では、案内役に片岡龍峰、ゲストに
糸谷哲郎さんをお迎えしました。

まず、世界ではここでしか見られないという立体視でのオーロラをご覧いただき、
その美しく神秘的な世界をご堪能いただきました。

「ゲストコーナー」では「将棋と直感」というタイトルで、プロ棋士の糸谷さんに
お話しいただきました。話題の中心はコンピュータ将棋についてでした。
「コンピュータ将棋は基本的に全幅検索をする(全ての手を考える)ため、
手数の選択肢が少なくなる終盤では敵わない」「これからコンピュータの
速度が速くなれば、さらに強くなっていくだろう」「10年以内にトップの
プロ棋士と互角に戦えるのではないか」などと語られていました。一方、
コンピュータにはない人間の強みもあり、「選択肢の多い序盤では、直感で
候補を絞れる人間の方が有利」と仰っていました。“読みではなく直感で
勝負”、“新しいアイデアを生み出せる”というコンピュータにはない人間の
特徴は、将棋以外の他分野においても言えると思います。現役プロ棋士の
言葉には説得力があり、みなさん熱心に聞き入っていました。

次に、「ライブ天体観測」を行いました。シカゴのヤーキス天文台のケビンさんに
木星、M82、M57、M39の写真を送って頂き、紹介しました。最後に、地球から
宇宙へ飛び出しオーロラの秘密などを解説しながら、宇宙旅行を行いました。
オーロラ発生の条件は「太陽風」「地磁気」「大気」だそうです。それぞれが
太陽系外からの放射線の第1、第2、第3バリアだそうです。

科学ライブショー「ユニバース」では、様々な分野でご活躍中のゲストの方を
お呼びしています。科学技術館へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


M57.png
図:M57環状星雲
M82.png
図:M82葉巻銀河

投稿者 ライブショーアシスタント : 10月 8日

2011年10月01日

10月1日@科学技術館

本日の科学ライブショーでは、立教大学の矢治健太郎が案内役を
務め、ゲストに国立天文台研究員の加藤成晃氏をお迎えしました。

はじめに、太陽系内の惑星たちを紹介しました。最近になって
研究成果が発表された水星探査機「メッセンジャー」による
観測結果など、最新のトピックも紹介しました。

「ゲストコーナー」では、「踊るブラックホールの大気〜ブラック
ホールのポリリズムの発見!〜」と題し、天の川銀河の中心に
ある巨大なブラックホール「いて座A*」についてお話して
いただきました。この巨大ブラックホールは8キロパーセク
(太陽−地球間の16億倍)という遠い世界の話ですが、近年の
研究によって色々と分かってきているそうです。「いて座A*」
のまわりにはガスの円盤があり、電波の観測からその円盤に
ポリリズム(複数のリズム)を持つ振動が見つかりました。
その振動数比は整数比であり、ブラックホールの重要な性質の
一つです。この現象はスーパーコンピュータによる計算でも
示されているそうです。先月の天文学会で記者発表された
ばかりの最新の研究結果でした。

最後に、天の川銀河を飛び出して宇宙の果てまで旅し、再び私
たちの星・地球まで帰ってきました。

科学ライブショーユニバースでは様々なゲストをお招きして先端
科学をはじめ、様々な話題について分かりやすく解説して
いただいています。科学技術館へご来場の際はぜひ足をお運び下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 10月 1日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..