Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2011年11月26日

11月26日@科学技術館

本日のユニバースでは伊藤哲也(国立天文台)を案内役とし
て、ゲストには豊田太郎さん(東京大学大学院総合文化研
究科広域科学専攻)をお迎えしてお送りしました。

「太陽系の姿」では、東京から見える夜空をご覧頂
いた後、地球の外へと飛び出してみました。太陽系の内側
から外側へと惑星を順に巡り、宇宙の果てまで散歩をして
地球まで再び戻ってきました。
ところで、太陽と地球はどの位大きさが違うのでしょうか?
「実感太陽系」ではゴムボールを太陽に見立てると
太陽系がどれぐらいの大きさになるか紹介しています。
予想外の結果に会場にどよめきが起こりました。宇宙の
大きさを実感できます。

本日の「ゲストコーナー」は「細胞のように増える物質、細胞
のように動く物質をつくる」というテーマでお送りしまし
た。生命、細胞とは何なのでしょうか?
一年前アメリカにて、細胞からDNAを抜き取り、替わりに
人工のDNAをいれた細胞が誕生したそうです。そして、その細胞を
増殖させる実験が行われ、成功しました。これだけでも驚き
なのですが、本日お越し頂いた豊田さんの所属している研究チームでは
細菌の中身をそのままに、細胞膜を人工の膜に替えたり、
人工の膜そのものを増殖させたりする実験をし、成功しました。
また別の人工膜では、中身のない膜であるのにアメーバの
ように動いてしまいます。現在、豊田さんはそれの増殖の研究に
取り組んでいます。
生命体ではないのに増殖したり運動したりしてしまうなんて
不思議ですよね。このまま人工多細胞なども作れてしまうの
でしょうか!?今後の人工細胞の研究に期待です。

最後に、宇宙ステーションについて紹介しました。宇宙
ステーションは東京からも見ることができます。見える
日時はこちらから調べることができます。
こうして本日のユニバースは終演となりました。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月26日

2011年11月19日

11月19日@科学技術館

本日のユニバースは大朝由美子(埼玉大学)を案内役として、
ゲストには坂井南美さん(東京大学)を迎えてお送りしました。

「太陽系の姿」のコーナーでは、東京から見える夜空を眺めた後、
地球の外へと飛び出してみました。太陽に近い内側の惑星から
順に惑星を巡り、その中で探査機により撮影された火星の風景、
および木星のエウロパや土星のエンケラドスといった衛星に
ついて、生命の観点から液体の水という視点から見ていきました。
最近地球に接近した小惑星を含め、小惑星帯や太陽系外縁天体の
話題にも触れながら太陽系を概観し、星や惑星がどのように
誕生するのか、ということにふれたところで、
ゲストコーナーへと移っていきます。

本日の「ゲストコーナー」は「化学の眼で見る星の誕生」という
テーマでお送りしました。これまで「有機分子」というものは
生命が作ったものだと考えられていましたが、実は生まれて
間もない赤ちゃん星にも存在し、赤ちゃん星の周りで「自然」に
作られていた、という最新のお話を聴くことができました。
しかし、この有機分子を持たず、代わりに鎖状炭素を持つ
赤ちゃん星も確認されています。それでは私たちのいる太陽系の星、
太陽はどちらの星だったのでしょうか?私たち生命の由来である
有機分子がいつできたのでしょうか?様々な謎が今後の研究で
分かるかもしれません。

なお、この研究には世界中の様々な大型電波望遠鏡が用いられ、
日米欧の国際プロジェクトでチリに建設中のALMA電波望遠鏡が、
この秋から部分的に運用が開始されました。夢の電波望遠鏡
ALMAを使って、太陽系や生命の歴史により深く迫れる日も
そう遠くはないでしょう。

ゲストコーナーの後には、地球へと戻っていって、もう一度
地球を眺めてみました。太陽系には様々な惑星がありますが、
その中でも地球ほど色彩豊かな星はありません。今のところ、
生命の存在する星もまた、この地球のみです。
私たちの生まれたこの地球の美しさを感じながら、本日の
ユニバースは終演となりました。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月19日

2011年11月12日

11月12日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、案内役を矢治健太郎(立教大学)が
務め、ゲストには世界化学年にちなんで佐藤健太郎さん(東京大学大学院
理学系研究科化学専攻)をお迎えして上演いたしました。

まず、「太陽系の姿」を見て惑星を紹介しました。昨日はあいにく天気は良くなかった
のですが、地球と月、そして太陽の位置関係から昨日の月が満月であることが
わかりますね。また、今日の日本時間9時に撮影した太陽の画像を紹介しました。
太陽にある黒点が多いと、太陽活動が活発なことを示しています。今日の写真には
大きな黒点群が、4,5個見えているので活発なことがわかります。太陽の撮影には
地上の望遠鏡や、地球の周りを回る人工衛星「ひので」などを用います。その後は
科学技術館に着陸し、今夜の星空をギリシャ神話をお話しながら紹介しました。
ギリシャ神話と星座を対応させながら見ていくと、とてもおもしろいですね。

次に、「ライブの天体観測」です。今日は、シカゴ天文台のビビアンさんからM29、SSCyg、
木星の画像を送っていただきました。シカゴ天文台はライブ天体観測時、極寒
だったようです。M29ははくちょう座の散開星団で若い星の集まりです。SSCygは、
はくちょう座の変光星です。変光星とは名前の通り明るさが変わる星です。2枚の
写真を見比べると一ヶ月で明るさがだいぶ変わっていることが分かります。最後に
木星です。今日の木星はガリレオ衛星が3つ(イオ、エウロパ、ガニメデ)見えています。
残念ながら、カリストは見えません。


SSCyg_dim_bright.jpg
図:SSCyg

jupiter20111112_2hours.jpg
図:木星とその衛星

最後に「ゲストコーナー」では、「宇宙へつなぐ炭素のかけ橋〜カーボンナノチューブの
作る未来〜」と題して、軌道エレベーターのケーブルの素材に適しているカーボン
ナノチューブについて説明していただきました。みなさん、宇宙に行ってみたいですか?
現在、宇宙に行くには莫大なお金がかかります。なぜならば、宇宙に行くための
ロケットは、秒速11.2kmといった超高速で地球から出て行かなければなりません。
そのためには、莫大な燃料が必要になります。そして、環境にも良くありません。
そこで考えられたのが、軌道エレベーターです。軌道エレベーターとは衛星を打ち
上げて、そこから地球にケーブルを垂らし、荷物などを上げ下げするといったものです。
これにかかる費用はロケット打ち上げの500分の1ほどと考えられ、環境にも
優しいです。とても画期的な方法ですが、問題はケーブルの素材です。地球の重力や
遠心力に耐えるためには、鋼鉄の10倍以上の強度が必要になります。そこで
考えられるのが、カーボンナノチューブです。これは、多数の炭素でできている、
細長いチューブです。炭素の結合は最も強く、かつ六角形にすることで強固に
なります。しかし、全て六角形だけからできた完璧なチューブを作ることは難しく、
五角形や七角形を含んでしまうことが問題です。もし、完璧なカーボンナノチューブを
作ることができれば、軌道エレベーターも実現するかもしれません。ちなみに最近、
少量の水を加えることで、数个旅睇兵舛淵ーボンナノチューブを作ることができた
ようです。みんなが気軽に宇宙にいけるようになるのも近いかもしれませんね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月12日

2011年11月06日

11月6日@早稲田大学出張ユニバース

本日(11/6)は、鹿児島大学の半田利弘を案内役に早稲田大学理工展2011にて出張ユニバースを上演いたしました。

太陽系の惑星の紹介、地球に降りて11/6夜の星空の紹介をした後の実感太陽系コーナーでは、太陽系を200億分の1に小さくし、太陽をステージにおいた場合の惑星の位置と大きさを解説しました。

お足もとの悪い中、上演に来て頂いた皆様、誠にありがとうございました。
次の出張は、お台場地区で行なわれるサイエンスアゴラ2011となります。
詳しくは下記webページをご覧下さい。
出張ユニバースご案内
サイエンスアゴラ2011公式サイト内のご案内

お待ちしております!

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月 6日

2011年11月05日

11月5日@科学技術館

今年は世界化学年。キューリー夫人のノーベル化学賞受賞から100年目です。科学ライブショー「ユニバース」でも世界化学年に併せて、また11月はキュリー夫人の誕生月ということもあり、本日は化学の研究者である東京大学大学院の竹澤悠典先生をゲストにお呼びして、化学の話を中心としてお送りしました。

まず今日の案内役の野本知理(千葉大学)から、「分子の世界」と題して、水、酒(エタノール)、酢(酢酸)、砂糖(スクロース)、塩(塩化ナトリウム)など身近にある色々な分子の様子をご紹介しました。立体視できるシミュレーションを活用して、塩の温度変化や塩素とナトリウムの引き付け合いなど、分子の様々な挙動をご覧いただきました。

「ゲストコーナー」では竹澤先生から「人工DNAをつくる」というテーマでお話をいただきました。“生物をつくる設計図”とも言われるDNAですが、この2つの鎖が絡み合った構造が分かったのは今からわずか60年程前のことだそうです。竹澤先生は、天然のDNAでは水素によって繋がっている部分を、金属によって代替することで人工のDNAをつくれないかを研究されているとのことでした。
これが実現すれば、生物の仕組みを詳しく解明できたり、DNAを使った電線などナノテクノロジーへと応用できたりと、将来の可能性が広がっていくかもしれません。

今度はより広い世界である宇宙のシミュレーションも行いました。私たちの住む星・地球を含む太陽系から「突然太陽がなくなったらどうなるの?」「太陽系に太陽が増えたら?」といった疑問をご来場の方々にご参加いただきながら実験しました。

今月「ユニバース」では世界化学年企画ということで、化学の研究者をゲストとしてまだまだお招きすることになっています。また、週ごとに案内役が変わり、週替わりのプログラムを用意しております。

科学技術館にご来場の際は、お誘いあわせの上、ぜひ足をお運びください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月 5日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..