Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2012年05月26日

5月26日@科学技術館

本日の科学ライブショーユニバースは亀谷和久(東京理科大学)
を案内役として、ゲストに細田聡史さん(JAXA)をお迎えして
お届けしました。

まず、「太陽系の姿」のコーナーでは太陽系内を飛び回りながら
惑星を太陽から近い順に紹介しました。そして、ちもんずのメンバーが
撮影した5/21の金環日食の写真と映像を紹介しました。今年は金環
日食だけでなく、6月4日には部分月食、そして6月6日には金星の
太陽面通過を観ることができます。

次に、「ライブ天体観測」ではシカゴのヤーキス天文台のビビアン
さんが撮影した土星とタイタン、黒目銀河(M64)、球状星団(M92)を
紹介しました。


saturn.png
図:土星とその衛星
m92.png
図:球状星団(M92)
m64.png
図:黒眼銀河(M64)

本日の「ゲストコーナー」は「星より遠く〜宇宙船を作る〜」と
いうタイトルで細田聡史さんにお話しいただきました。
「遠くの星に行きたい。」誰もが思ったことがあると思います。
木星の衛星エウロパや土星の衛星エンケラドスは氷の星でマグマが
あります。もしかしたら生物がいるかもしれません。宇宙船で
是非とも行ってみたいものです。

さて、宇宙船とはどういうものを言うのでしょうか?
細田さんが考える宇宙船はエンジンを積んで自力で動けるものです。
例えば、はやぶさはイオンエンジンを積んでいました。これは
宇宙船です。このイオンエンジンの力は弱いですが、燃料が軽く
長期間動かすことができるので遠くまで行くことができます。
しかしながら、アメリカで開発されているホールスラスタはイオ
ンエンジンよりも30倍くらい力が強いそうで、日本も負けては
いられません。他にも、VASIMRという燃費がよくて非常に大きな
エンジンが開発されています。このエンジンは非常に大きいた
め国際宇宙ステーションにて実験をしなければならないそうです。
最後に核融合ロケットの構想をお話していただきました。この
ロケットが実用化されれば、光速の30%もの速さを出すことが
出来ます。

いつか、人類が他の惑星や星に行ける日が来るかもしれないですね。
7月27,28日にJAXA相模原キャンパスにて特別展示が行われます。
こちらも是非訪れてみたいですね!

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月26日

2012年05月19日

5月19日@科学技術館

待ちに待った、本州では129年ぶりの金環日食が明後日に迫りました。
本日の科学ライブショー「ユニバース」は、案内役を大朝由美子
(埼玉大学)が務め、ゲストに矢冶健太郎さん(立教大学)をお招き
して金環日食にちなんで太陽をテーマにお送りしました。

まず本日の太陽の様子を見ていただきました。今朝の太陽には、
黒点という周りよりも温度が低く、黒いシミのように見える部分
が見られました。黒点は磁場が強い部分で、「フレア」と呼ばれる
爆発のような現象を起こします。最近、太陽フレアの何百倍もの
爆発を起こす「スーパーフレア」という現象が太陽に似た恒星に
見つかりました。もしかしたら、太陽でも1000年に一度くらいは
スーパーフレアが起こるかもしれませんね。

次に、本日の星空を見ていただきました。
この時期には、火星・金星・土星と惑星が3つも見えます。また、
スピカ・アルクトゥルス・デネボラの春の大三角形や北斗七星も
きれいに見えています。今度は地球を飛び出し、宇宙を巡りました。
火星と木星の間あたりに、小惑星が多くあります。はやぶさで
有名なイトカワも小惑星の仲間です。小惑星の中で、まだ名前が
つけられていなかったものに「会津」、「宮城」、「東北」といった
日本の希望を託した名前が新しくつけられました。どんどん
地球から離れ、天の川銀河の形や、さまざまな銀河たちを
ながめました。宇宙の大きさや私たちの地球の小ささが良く
わかりました。

最後に、金環日食について、ゲストの矢冶さんからお話をいただ
きました。皆さんは、金環日食をどこでどのようにして見ますか?
今回会場にいらした方々の多くが、日食グラスを既に準備されて
いるようです。日食グラスなしで直接太陽を見てしまうと、日食
網膜症という症状が現れてしまいます。しっかりと目を覆ってから
太陽を観て、目を太陽からそらし、それから外すようにしてください。
また、日食グラスは6月6日に起こる金星の日面通過にも用いる
ことができます。こちらはさらに貴重な現象なので、是非
見てください!!

日食グラスがない場合には、どうやって金環日食を見ればよい
でしょうか?太陽を直接見ることはできませんが、ピンホール
(小さな穴)に太陽光を通して紙や地面などに映すと太陽の形を
観察することができます。ご家庭にあるザルなどを使って見て
みるのも面白いかもしれません。木の木漏れ日にも太陽の形を
観ることができます。鏡を使って光を反射させて映し出すという
方法もあります。間違っても他の人に光を当てたりしないで
くださいね。

みなさん、安全な方法で金環日食を楽しみましょうね。
当日晴れますように・・・

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月19日

2012年05月12日

5月12日@科学技術館

本日のユニバースは野本知理(千葉大学)が案内役を務め、ゲストに
大越治さん(2012年金環日食日本委員会・日食情報センター)を
お迎えしてお送りしました。

まず最初に「分子の世界」のコーナーでは、私たちに馴染みの深い分子の
構造を紹介しました。食塩の結晶の温度を上げるシミュレーションを
ご覧いただきました。ユニバースではリアルタイムでシミュレーションを
してその結果を紹介しています。ぜひ一度ご覧ください。

次に「ライブ天体観測」を行いました。シカゴのヤーキス天文台のビビアン
さんと中継を繋ぎ、ヤーキスで撮られた写真を紹介しました。本日はM67と
いう太陽より若い星の集まりの写真と金星の写真をご覧いただきました。
金星の写真は満ち欠けをしている様子が見えていて、何だか月を見ている
ような気分になりました。


venus.png
図:金星
M67.png
図:M67


さて、天体観測の後は、もしも太陽が突然消滅したら?また、もしも太陽が
いきなり複数個現れてしまったら?というシミュレーションをしました。
結果ははたしてどうなるのでしょうか?この答えは、是非実際にシンラ
ドームにお越しになってお確かめ下さい。毎回、結果は変わります!

最後に「ゲストコーナー」をお送りしました。ここでは、大越治さんに
「リングになる太陽〜金環日食を楽しもう〜」というタイトルでお話し
いただきました。金環日食とはどのようなメカニズムで起こるでしょうか?
太陽は月の400倍ほどの大きさです。また、太陽-地球間の距離も
月-地球間の距離の400倍ほどになります。すると、月と太陽は同じ
ぐらいの大きさに見えることになります。ところが、月は地球の周りを
楕円を描いて回り、地球に近づいたり遠ざかったりして、わずかに
月の見かけの大きさが変化します。金環日食は太陽、月、地球が
一直線に並び、かつ、月が地球から遠くにいるときに起こります。

来る5月21日、いよいよ東京などで金環日食が見られます。見える
方角は東の空で、太陽が欠け始めるのは早朝の6時19分、リング状に
なるのは7時32分から37分まで、また丸く元に戻るのは9時2分
だそうです。前回東京で観測されたのは1839年9月7日、次回
見られるのは2312年4月8日ということで、今回は絶好の機会です。
晴れるとよいですね!

ちなみに、金環日食を直視するのは危険です。観察する際には、
日食グラスを用いるか、紙に小さな穴を開けたものを準備して
太陽を地面などに投影するか、木漏れ日を探して地面に映った
太陽を観察しましょう。詳しくはこちらをご覧下さい。楽しみですね。

科学ライブショーユニバースでは、毎週様々な楽しいコンテンツ
を用意しております。皆様のご来場をお待ちしております。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月12日

2012年05月05日

5月5日@科学技術館

夏かと思われる暑さとにぎわいの中、本日の上演は案内役に
伊藤哲也(国立天文台)、ゲストは大西浩次さん(長野工業
高等専門学校/2012年金環日食日本委員会)でお送りしました。

最初に、科学技術館屋上から観た今晩の星空の星座と惑星について
お話しました。夜空を見上げたら、北斗七星の柄の部分、アルク
トゥールス、スピカを結んだ春の大曲線をぜひ探してみて下さい。

「ゲストコーナー」の前半では、ガリレオのコスプレをされた
大西さんに2012年5月21日の金環日食のお話をして頂きました。
皆既日食で地球に影ができている様子を国際宇宙ステーションや
ミールから撮った写真を紹介しながら、シミュレーションを交えて、
皆さんに日食の起こる時の様子や原理のお話をしました。
※肉眼で日食を絶対にご覧にならないで下さい。日食眼鏡を
ご使用下さい!

後半では、金星の太陽面通過から系外惑星のトランジット観測の
お話をして頂きました。系外惑星探しには中心にある星の前を
惑星が横切った際の明るさの減少を用いるトランジット観測と
いう方法があります。この観測方法で、太陽系外にはすでに
2000個以上の惑星候補が存在するそうです。(2012年2月27日現在)
遠い宇宙にも私たちのような生命体が存在して、彼らも「他の惑星に
住んでいるかもしれない」と思いながら星空を見上げているかも
しれませんね。

最後に、定番ではございますが、宇宙の果てである、太陽系から
およそ137億光年先まで離れていき、地球に帰還しました。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月 5日

2012年05月03日

5月3日@江戸川区子ども未来館

ゴールデンウィークなのに汗ばむ陽気のなか、「丸ごと未来館week」という企画で
江戸川区子ども未来館にお邪魔し、出張ユニバースを上演いたしました。

当日は小学校1年生からシニアの方まで、老若男女およそ60名の方々に参加しました。
今回は、太陽について研究している矢治健太郎(立教大学)が案内役を務めました。

前半では、今の宇宙の姿はどうなっているのか?冥王星はなんで惑星という分類から
はずされたの?など様々なお話をいたしました。太陽系から離れて、天の川銀河もからも
飛び出し、様々な銀河が現れる広大な銀河宇宙の世界についてのお話もしました。
今回は「重力の不思議」と題して重力レンズと呼ばれる、物体がゆがんでみえる現象の
シミュレーションをしました。初めは、銀河と地球の間に巨大な重力源があるとして、
重力源の位置を変えると銀河の見え方がどう変わるのかを紹介しました。そのあとに
銀河を案内役の写真に変えると体が大きくふくれたり、目が3つになったように見えたり、
小さい案内役がもう一人見えたり・・・などなど。会場からは笑いが起こりました。
さらに、当日その場で撮影した画像でもシミュレーションを行い、その場でしか
できないシミュレーションを楽しんでいただきました。

後半は、案内役が専門とする、太陽に関するお話をしました。われわれにとって一番
身近な恒星である「太陽」の黒点やフレアなどと、案内役も開発にたずさわった太陽
観測衛星「ひので」についてお話をしました。

今回のように科学ライブショーユニバースでは、全国各地へ出張して、ライブショー
を行っています。次はあなたの街にお邪魔するかもしれません・・・

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月 3日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..