Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2012年07月28日

7月28日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)
が案内役を務め、ゲストに黒ラブ教授さん(よしもとクリエイティブ・
エージェンシー)をお迎えしてお送りしました。

昼間に星空を見るためにはどうすればよいでしょうか?一つ目は
今の時間が夜である場所に移動する方法。そして二つ目には場所は
移動せずに時間を進める方法があります。

まず、日本の昼の時間に夜であるアメリカ・ヤーキス天文台と繋ぎ、
ビビアンさんと天文台を紹介する「ライブ天体観測」を行い、ヤーキスで
撮影した星空をご覧頂きました。今度は時間を進めて東京の夜空を
眺めました。都会の街灯りで、見える星の数は少ないものの、その
中でも際だって見える、夏の大三角や月などをみなさんと一緒に
探しました。さらに、街灯りの少なかった100年ほど前の東京の
星空を再現し、以前は東京でもたくさんの星が見えていたことを
実感しました。


terminator-moon20120726-4_images_yerkes24.jpg
図:月のクレーター
Yerkes41inch_Sagittarius.JPG
図:ヤーキス天文台から見た銀河系中心方向
Yerkes24inch_AndromedaGalaxy.JPG
図:ヤーキス天文台から見たアンドロメダ銀河

次に、地球を飛び出して「太陽系の姿」を3D映像でご覧頂きました。
太陽系内の惑星を順に紹介した後、太陽系の外まで飛び出して様々な
恒星、天の川銀河、そして宇宙の果てまでの旅を楽しんで頂きました。

「ゲストコーナー」では黒ラブ教授さんに「黒ラブ教授のお笑い科学
技術館シンラドームライブうちの湯のみはもちろん200mlコニカル
ビーカーだぁヾ(@゜▽゜@)ノビカビカ!」
と題しましてお話し頂きました。

理系知的知ったかぶり学では、スーパーカミオカンデやトンネル
ドンなどの言葉を説明して頂き、さらにいかに知的に、かっこよく
使えるのかという方法も紹介して頂きました。次に恋愛物理学では
人が頭をなでられるときに「エヘッ」となるのはどの強さで
なでられたときなのか、彼女がプロレスラーだったら?などの
お話は新鮮で会場にも笑いの渦が起こり、アシスタントも思わず
一緒に笑ってしまいました。最後に理系対文系ということで、
理系文系それぞれの偉人に理系と文系結局どっちがすごいの?
ということで対決してもらいました。理系文系の偉人のデーターを
教授なりに、慎重に比較分析して、見事理系が勝つことが出来ました!
理系の人もそうでない人も思わず笑える黒ラブ教授さんの活躍には
これからも要注目!ですね。みなさん一緒に「ハーイ、ニュートリノ!」

科学ライブショー「ユニバース」では毎週異なる案内役、内容で
お送りしています。ゲストには、様々な分野でご活躍中の方を
お呼びしています。今年も猛暑となりそうですが、せっかくの
夏休み、初めての方もそうでない方もぜひ科学技術館、シンラ
ドームまでお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月28日

2012年07月21日

7月21日@科学技術館

雨の中でしたが、夏休みも始まり多くの人でにぎわう科学技術館で行われました
本日の科学ライブショー「ユニバース」は、矢治健太郎(立教大学)が案内役を務め、
ゲストに猿渡敏朗さん(東京大学大気海洋研究所)をお迎えしてお送りしました。

まず最初に「太陽系の姿」のコーナーです。太陽系の惑星を内側から順番に紹介しました。

それから地上に降りて、北斗七星から北極星探し、夏に見える星々や星座を星座線と
星座絵を出して紹介しました。この後の「ゲストコーナー」は魚の話ということで、
うお座とみなみのうお座もご覧頂きました。そして星座線は残したまま太陽系から
500〜1000光年ほど離れた場所まで遠ざかってみます、すると星座線はどのように
見えるでしょうか・・・?また、星座を形づくる恒星たちは、宇宙のどのあたりにあるの
でしょうか・・・?

ここで、「ゲストコーナー」です。「美味い雑魚 メヒカリの謎に迫る」と題しまして
猿渡敏郎さん(東京大学大気海洋研究所)にお話しいただきました。

「メヒカリ」という魚を食べたことがありますか?から揚げや天ぷらなどで食べる
ことの出来るとても美味しい魚です。メヒカリという名前はアオメエソの通称で、
目が青緑色に光ってキラキラと反射します。水深150-500メートルに生息
しているメヒカリですが、実は仔稚魚の採取例が少なく、成熟個体(産卵を
控えた個体)の採取報告例も無い(産卵所が分からない)ため、生態が不明
なのです。

そんな中、5月に猿渡さんが淡青丸という学術研究船に乗って謎の仔稚魚を
多数採集しました。それをDNAから調べたところ、アオメエソの子であることが
分かりました。しかし産卵所については分からず、メヒカリはまだまだ謎に
包まれた魚です。

ゲストコーナーの後は再び先ほどの私たちが目に見ることの出来る恒星達の
世界へ。それから銀河系、宇宙の果てへと飛んでいき、地球へ戻ってきました。
将来このように宇宙旅行の出来る時代がやって来るかもしれませんね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月21日

2012年07月14日

7月14日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は案内役を野本知理
(千葉大学)が務め、ゲストに三澤瑠花さん(フランス国立科学
研究センター)をお招きしてお送りしました。

本日のユニバースは真っ黒の背景にぽつんと浮かぶ分子
何かを当てることから始まりました。最初に紹介しましたのは
私たちの体にも数え切れないほど存在する水分子です。そして
いろいろな調味料に含まれる分子を紹介しました。
また、もし太陽系から太陽が突然消滅したら?もし太陽が
いきなり複数個現れてしまったら?というシミュレーション
行いました。

「ライブ天体観測」では、シカゴのヤーキス天文台のビビアンさんと
Skypeで繋ぎ、M4、M5、土星、M51、小惑星エリザベータなどを
ご紹介しました。小惑星は連続して何枚か写真を撮ると、周りの
星に対して動いていることがわかります。ビビアンさん、素敵な写真を
ありがとうございました。


asteroid.gif
図:小惑星エリザベータ
saturn.png
図:土星
m4.png
図:さそり座にある球状星団(M4)
m5.png
図:へび座にある球状星団(M5)
m51.png
図:子持ち銀河(M51)

「ゲストコーナー」では、三澤瑠花さんに「気球を飛ばして宇宙を
見よう!」というタイトルで、気球を使った偏光の観測のお話を
していただきました。
観測に使う気球の高さは約300mで、333mの東京タワーと同じくらいの
高さがあります。そしてこの気球のゴンドラには人ではなく望遠鏡が
乗り込み、高度40劼泙脳紊ります。飛行機が10劼里△燭蠅鯣行
するのに比べとても高い位置まで飛ぶのですね。
なぜ宇宙を観測するのに気球を使うのでしょうか。それには2つ
の理由があり、ひとつは高度が高いほど大気の影響が少ないからです。
もうひとつの理由は、計画が決まってから観測を開始するまでの時間が
衛星(高度数100km)を打ち上げて観測する場合より短いからです。気球は
すばる望遠鏡(標高4km)より大気の影響を受けず、ハッブル宇宙望遠鏡より
観測開始までの時間が短いため、ちょうど気球が適しているのですね。
それでは、気球を使ってどのような観測しているのでしょう。偏光と
呼ばれる光の性質を調べることで、星の生まれる様子やビックバンの
証拠を探すことができます。2013年にカナダ、2014年にスウェーデン、
2015年にオーストラリアで気球を飛ばす予定があるそうです。
今後の観測結果が楽しみですね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月14日

2012年07月07日

7月7日@科学技術館

 本日7月7日といえば、ちょうど七夕ですね。若干の雨模様の中、
科学ライブショー「ユニバース」は亀谷和久(東京理科大学)が
案内役を務め、ゲストとして武田隆顕先生(国立天文台)にお越し
頂きました。本日のライブショーは、「全国同時七夕講演会2012」の
イベントの一つとして上演しました。

 はじめにを「太陽系の姿」ていただき、惑星の名前当てクイズや
間違い探しをしました。多くの観客の方々が手を挙げて下さり、
とてもにぎやかな雰囲気でした。
 また、太陽系の天体の距離感を分かりやすくするために、電球を
太陽に見たてて説明をしました。電球は、直径約7㎝なので実際の
太陽の200億分の1の大きさです。金星、地球、火星などの惑星は
太陽から数メートルの距離ですが、太陽から一番近い恒星となると、
中国の北京くらいまでの距離になってしまいます。
宇宙はとんでもなく広いですね。
 本日は七夕ということで、天の川や様々な星座をご覧頂きました。
こと座のベガ(織姫)、天の川をはさんでわし座のアルタイル(彦星)、
そして白鳥座のデネブを結んだ夏の大三角を紹介しました。
最後にこれらの星を見ながら、宇宙の果てまでの旅行を楽しんで
頂きました。

 「ゲストコーナー」では「ディスプレイの中の宇宙」と題して、
武田隆顕先生(国立天文台)にお話しして頂きました。
宇宙はとてもスケールが大きく、実験室の中では再現や検証が
出来ないような現象がたくさんあります。
 そのため、コンピューターを使って様々な計算を行うことで、
宇宙で起こっていることを調べています。計算の結果は数字で出力されますが、
これを画像や映像として目に見える形に加工することを可視化といいます。
武田さんは、科学的に正しく、なおかつ綺麗で本物のように
見えるように工夫をして可視化をされているそうです。例として、
できたばかりの地球に他の天体が衝突し、それによって飛び散った
地球と衝突天体のかけらから月が生まれる様子を再現したムービーを
紹介して頂きました。
地球が溶岩のようになっている様子は、とてもリアリティがありました。
他にも、渦巻銀河が衝突して新しい銀河が誕生するムービーも
ご覧頂きました。非常に幻想的でした。

 科学ライブショー「ユニバース」では毎週土曜日に様々な
コンテンツを各分野の案内役とゲストが紹介しています。
皆様のご来場をお待ちしております。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月 7日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..