Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2013年02月23日

2月23日@科学技術館

本日のライブショーは埼玉大学の大朝由美子が案内役を務め、
お送りしました。

今日は「昼間に星を見る方法は?」という、みなさんへの問いかけ
から始まりました。

1つ目の方法は、太陽を観測することです。太陽は、昼間に肉眼で
見える唯一の恒星です。今回は埼玉大学で観測した太陽の画像を
紹介しました。観測された太陽には、太陽活動が活発な時に
見られる黒点が幾つも見られました。

2つ目の方法は、夜の場所に行くことです。日本が昼間の時間帯に夜で
あるシカゴ郊外にあるヤーキス天文台へ行き、ヤーキスの夜空を再現
しました。「ライブ天体観測」では、ヤーキス天文台のビビアンさんと
テレビ電話でつなぎました。あいにく現地の天候は雪のためその場では
観測できなかったのですが、あらかじめ観測していただいた天体を
紹介しました。先週土曜日に地球に接近した小惑星2012DA14をご覧
いただきました。この小惑星の接近は埼玉大学でも観測が行われ、その
画像も併せて紹介し、小惑星が他の星に対して速く動いていく様子を
ご覧いただきました。そして、渦を巻いた大きな銀河の脇に小さな
銀河を従えたM51子持ち銀河と薄い円盤のように見える銀河M82の
画像をご覧いただきました。私たちのいる天の川銀河も渦巻きの形を
していると考えられており、渦巻き銀河を横から見ると薄い円板の
形に見えると予想されています。


2012DA14.gif
図:小惑星2012DA14
m51rband3mbin1_13022_2seo.jpg
図:M51子持ち銀河
m82gband3mbin1_130222_seo.jpg
図:M82

さらに、もう1か所、日本が昼間の時間帯に夜となる場所とつなぎました。
そこは、ハワイです。「ゲストコーナー」では、国立天文台の今西昌俊さんに、
ハワイ観測所の研究施設から出演していただき、「宇宙に存在する超巨大
ブラックホール」と題してお話していただきました。ハワイのすばる
望遠鏡での観測の様子や、銀河やブラックホールの研究について紹介して
いただきました。

たくさんの星の集まりである銀河の中心には、超巨大ブラックホールが
あると考えられています。ブラックホールにものが落ちるために、ブラック
ホールの周りは明るくなります。その明るい部分をすばる望遠鏡の
最新の観測装置でとらえ、宇宙の一番遠く約130億光年先の超巨大
ブラックホールを見つけようとしています。この観測装置は、満月の
約10倍もの広がりを観測することができるカメラだそうです。

おしまいは地球から宇宙の果てまでの宇宙旅行に出かけ、太陽系の惑星や
小惑星帯、天の川銀河、宇宙の大規模構造など、3Dで宇宙の壮大さを
来場者のみなさんに体感していただきました。

本日のライブショーもたくさんの方にご来場いただきました。
日々私たちを驚かせ、感動を与えてくれる天体現象をユニバースで
より身近に感じていただけたら幸いです。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月23日

2013年02月16日

2月16日@科学技術館

2月もいよいよ後半に突入しました。本日のライブショーは案内役を
矢治健太郎(立教大学)が務め、ゲストに日本建設産業職員労働組合
協議会の柴田雄さん、佐藤友厚さんにお越しいただきました。

「太陽系の姿」では、太陽系を構成する8つの惑星たちの様子や今朝方
地球に接近した小惑星2012DA14が地球近傍を通過していく様子などを
紹介しました。さらに昨日の夕方にロシアに墜落した隕石についても
映像を交えながらとりあげました。

「ゲストコーナー」では「くらしを支える建設のしごと」と題して、
私たちの日々の暮らしを支えている構造物や建設工事などについて
ご紹介していただきました。東京湾岸にある構造物の名前当てクイズや、
国道16号線の地下を通る東京外郭放水路など、身近な所にある構造物を
分かりやすくご紹介していただきました。また、建設の仕事は我々の
暮らしを自然災害などから守る取り組みや、壊れてしまった街を復旧、
復興させる取り組みについてもご紹介いただきました。

少しずつ春の気配を感じる季節になりました。ぜひお散歩に北の丸
公園にお越しいただき、科学技術館にも足を運んでいただきたいと
思っております。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月16日

2013年02月09日

2月9日@科学技術館

本日のライブショーは東京理科大学、亀谷和久の案内役でお送りしました。

「太陽系の姿」のコーナーでは、3D映像で見る太陽系のダイナミックな
光景を楽しんでいただきました。また、すばる望遠鏡により、さそり座の
恒星の周囲に、惑星の材料になる塵が集まった原始惑星系円盤が検出され
そこに惑星が作り出したと思われる「腕」のような構造が発見されたという
ニュースを紹介しました。

「ライブ天体観測」では、ヤーキス天文台のVivianさんとSkypeでビデオ
電話をし、現在のヤーキスの様子や星空についてお聞きしました。現地は
雲や雪などにより観測をするには向かない天候でした。ヤーキスからの
天体観測が実施できなかった代わりに、カリフォルニアにある望遠鏡を
遠隔操作して撮影した、M31(アンドロメダ銀河)とM33(さんかく座の
渦巻銀河)の画像を送っていただきました。地球の反対側を身近に
感じながらのプログラムとなりました。


2013-02-09snowy_yerkes.JPG
図:雪のヤーキス天文台。
m31.png
図:M31アンドロメダ銀河。Vバンド、Rバンド、Iバンドの3色合成画像。
m33irg2m20130206SEO_yerkeshs_alexduda.jpg
図:M33。Vバンド、Rバンド、Iバンドの3色合成画像。

再び宇宙へ飛び出し、太陽系も飛び出して、アンドロメダ銀河、おとめ座
銀河団とスケールを広げ、最後は宇宙の大規模構造まで見ました。
身近な地球から途方もない宇宙の果てまでを短時間で旅し、日常では
味わえないスケール感を味わうことができました。

「ゲストコーナー」では東京工業大学の片岡龍峰さんにお越しいただき、
「オーロラを3Dで見よう!」を上演しました。通常は禁止されている
シンラドーム内の写真撮影ですが、今回は特別に3分間だけドーム内に
投影されたオーロラの撮影会を行いました。皆さん携帯やデジカメを手に、
ドームの全体を見渡しながらの写真撮影に挑戦していました。2010年から
2012年の3年間に撮りためたオーロラのコマ送り動画のダイジェスト
ムービーを見せていただきました。
オーロラの高さを2択形式のクイズで出題し、来場者の皆さんに答えて
いただきました。オーロラは国際宇宙ステーションが飛ぶのと同じぐらいの
高さに現れるそうです。最後には私たちの目が立体視できる仕組みを説明
した後、2地点に設置されたカメラによるオーロラの映像を用いて、
オーロラを3Dで体感できるか、という世界初の大科学実験を来場者の
皆さんと行いました。オーロラが実際に飛び出して見えた、という方が
たくさんいらっしゃったようです。今後もさらに多くのデータが加わって
いくオーロラ3D映像に期待が膨らみますね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月 9日

2013年02月02日

2月2日@科学技術館

恵方巻きにチョコレートとおいしそうなもので賑わう2月2日。
本日の「ユニバース」は、伊藤哲也(国立天文台)が案内役を
務め、成田憲保さん(国立天文台太陽系外惑星探査プロジェクト
室)をゲストにお招きして、「すばるが見つけた逆回りの系外
惑星の秘密」というタイトルでお話をうかがいました。

私たちが住む太陽系の惑星は、太陽(恒星)の自転と同じ方向に
公転しています。しかし、広い宇宙の中には恒星の自転とは逆の
方向に公転する惑星があるということが2009年にわかりました。
この発見によって新たな疑問が生まれます。それは、「なぜ、逆
方向に回るのか・・・?」。その後の調査で、この逆回りの惑星の
外側に別の大きな惑星があることと、そのさらに外側にもう一つの
恒星(伴星)があることがわかりました。理論的な研究により
この伴星と巨大惑星の影響で、最初に見つかった惑星が逆回りに
なったのではないかということもわかりました。詳しくは
国立天文台のウェブページ
もご覧下さい。

ヤーキス天文台(アメリカ)とインターネットで結ぶ「ライブ
天体観測」
もありました。現地は天気が悪く、代わりに別の場所に
ある望遠鏡を使って送っていただいたのはブルースノーボール
星雲。青白く輝くこの星雲は恒星が最期を迎えている姿です。また、
散開星団M35の写真も送っていただきました。こちらは新しい星が
生まれているところです。このように印象的な天体写真を送って
いただきました。


ngc7662bluesnowball-20121223-irv60sy41.jpg
図:ブルースノーボール星雲
M35.png
図:M35散開星団

さらに、案内役から太陽と惑星の大きさと距離のクイズをしました。
太陽を野球ボールとすると、地球はどのくらいの大きさになるの
でしょうか?野球ボールサイズの太陽をシンラドームに置くと、
地球はどのくらいの位置になるのでしょうか?はたまた他の惑星は
どの位置に?気になる方は、ぜひ、ユニバースにお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月 2日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..