Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2013年08月31日

8月31日@科学技術館

本日の科学ライブショーは、案内役を野本知理(千葉大学)で
お送りしました。

はじめに「分子の世界」と題して、いろいろな分子モデルの
シミュレーションをご覧いただました。調味料やビタミンの
分子、食塩を構成するイオンは動いているとご存じでしたか?

続いて「太陽系の姿」をお送りしました。地球の公転の速度を
速くしたり
、太陽を消したり増やしたりすると、太陽系の様子は
どうなってしまうでしょうか。みなさんも想像してみてくださいね。

そして、夜空に光る星に飛んでいくことができる、「恒星間飛行」
コーナーでは、太陽系から一番近い星から見る星座の様子や、地球
から遥か遠い星に光の速さに近い速度で飛んでいくときの景色を
お楽しみいただきました。

最後にお送りしたのは、「ゲストコーナー」です。田村陽一さん
(東京大学大学院理学系研究科付属天文学教育研究センター)を
お迎えして「サブミリ波がかくされた銀河の誕生をあばく」と
題してお話していただきました。

田村さんが研究しているのは、「モンスター銀河」という初期
宇宙に存在する銀河だそうです。初期宇宙では、ガスが重力で
引き合い、星や星団が形成されていき、小さな銀河同士が
ぶつかり合って銀河が誕生します。この銀河では私たちの
天の川銀河の1000倍もの速さで次々と星が生まれている
ため、モンスター銀河というそうです。モンスター銀河は、目で
見える可視光で観測することができません。しかし、可視光
よりも波長が長いサブミリ波という電磁波では観測することが
できます。田村さんはチリのアタカマ砂漠にあるASTE望遠鏡で
観測しているそうです。みなさんは、チリのアタカマ砂漠が
どんなところかご存じですか?アタカマ砂漠は標高が5000mを
超える、人間には苛酷な環境です。しかし、空気がとても澄んで
いるので、天体観測には最も適した場所であるといえます。
今見せてていただいた、ASTE望遠鏡で観測されたモンスター
銀河の画像では、1億光年四方の大きなスケールの中にたくさんの
モンスター銀河が写っていて、初期宇宙にはモンスター銀河が
普遍的に存在しているということがわかりました。更に精細に
観測するために、同じチリのアタカマ高原にあるアルマ望遠鏡での
観測も行われ始めているそうです。これから、初期宇宙の銀河の
誕生について次々と新しい成果が出てくるのが楽しみですね。

残暑が厳しい日々が続いていますが、夏休みが終わっても
ユニバースでは新しい科学の話題をどんどん提供していきます。
皆様のお越しをお待ちしております。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月31日

2013年08月24日

8月24日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、矢治健太郎(国立天文台)を
案内役にお送りしました。

まずは太陽系内の天体について紹介していきました。本日は、特に木星を
クローズアップしました。木星は太陽系最大の惑星で、直径は地球の11倍ほどあります。
自転周期は約10時間と短く、60個以上の衛星が現在のところ見つかっています。
また、木星大気によって形成された大赤斑という非常に大きい渦があることでも有名です。

本日の「ライブ天体観測」の目玉はM57(環状星雲)です。なんと先日発見された
ばかりの超新星SN2013evも一緒に写っていました!M57は太陽と同じくらいの質量の
星のなれの果てで、天の川銀河の中にあります。対して、SN2013evは太陽の8倍以上の
質量の恒星が爆発したもので、系外銀河のIC1296の中にあります。対照的な2つの
天体が一緒に写っていて、印象的でした。新発見の天体に負けじと、M57の星雲の
元となった星と、この星の放出によってできたガスの環状構造がとてもきれいに写って
いました。


M57.png
M57_IC1296_SN2013ev.png

「ゲストコーナー」は、葛原昌幸さん(東京工業大学地球惑星科学専攻)に、
「すばる望遠鏡、太陽系"外"惑星の写真撮影に挑戦」というタイトルで
太陽系外惑星の直接撮像についてお話していただきました。

太陽系外惑星とは、太陽以外の恒星を中心として公転している惑星のことです。
系外惑星は、現在まで、1000個程度見つかっています。代表的なものとしては、
中心星の非常に近くを公転してアツアツになっている木星型惑星「ホットジュピター」や、
地球と海王星の中間の質量と大きさを持つ新しいタイプの系外惑星「スーパーアース」が
あります。これらの系外惑星は、これまで間接的な方法で観測されてきました。
その方法のひとつがトランジット法という方法です。トランジット法は、 惑星による
中心星の食の際に、中心星の光の減光を利用した観測方法です。これに対して
直接撮像では、直接、系外惑星からの光を観測します。惑星自身は赤外線で
光っています。 葛原さんたちのグループは、すばる望遠鏡を用いて、GJ504bという
惑星の直接 撮像に成功しました。GJ504bは、GJ504を中心星とする木星サイズの
系外惑星で、中心星から44天文単位ほど、太陽‐海王星間の距離よりも遠いところを
公転してます。GJ504bは太陽系の木星の4倍の質量があり、表面温度は240℃で、
私たちの眼には赤紫色に見えると予想されているそうです。中心星のGJ504は、
おとめ座の左下にある肉眼でも見える星(5等星)で、私たちの住む太陽系から
60光年離れたところにあります。おとめ座を見る機会がありましたら、ぜひ探して
みてください!今回、葛原さんたちのグループによって発見されたGJ504bは、
これまでに見つかった太陽に似た恒星を中心星とする木星型惑星の中で最も
軽くて低温だそうです。今後は、第二の”木星”から第二の”地球”の直接撮像に
期待ですね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月24日

2013年08月17日

8月17日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は国立天文台の伊藤哲也を
案内役としてお送りしました。

まだまだ暑いですが、夏至を過ぎて暦の上では秋。空にも秋の
大四辺形
が見えています。夏だ、秋だと言っていますが、おとめ座
などの春の星座も時間によっては見えますね。

先日12日から13日にかけてペルセウス座流星群を見ることができました。
これは彗星の残した砂粒、いわば、彗星の置き土産が地球に落ちてくる
際に、大気との摩擦で燃えたものです。今ではコンパクトデジタルカメラでも
星空の撮影ができるものがあります。本日はすばる望遠鏡があるハワイの
マウナケア山の山麓で国立天文台の同僚がコンパクトデジタルカメラで
ペルセウス流星群を撮影した写真もお見せしました。

本日の「ゲストコーナー」は国立極地研究所の片岡龍峰さんです。
「オーロラは高さ何キロメートルか?〜オーロラ3D映像から求める〜」
というタイトルでお話していただきました。

片岡さんは、遠く8キロメートルも離れた2台のカメラを用いて、人間の
目でははるか遠くにあるために立体的に見えないオーロラを立体的に
見えるようにしました。立体的に見えるということは、距離感がわかる
ということ。つまり、観測からオーロラが光っている高さがわかりました。
その研究の様子をみなさんにも見ていただきました。さて、オーロラは
地上から何キロメートルで光っていたでしょうか?立体映像の作成や
オーロラの光っている高さなどについては、Aurora 3Dにも
あります。なるほど、流れ星よりも高いところで光っているのですね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月17日

2013年08月10日

8月10日@科学技術館

"暑い"のか"熱い"のか分からないほどの残暑の中、本日の科学ライブショー
「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)の案内でお送りいたしました。

今日の目玉は、今月12日から13日にかけて最もよく観ることができる
ペルセウス座流星群。流星群の正体は、かつて彗星が地球の公転軌道に
残していった塵などが地球大気に衝突した光です。流星群の中心となる
ペルセウス座は、深夜3時ごろに天頂に来ます。里帰りして綺麗な星空が
見えるような場所に行かれる方は、たまにはお子さんにも夜更かしさせて
あげてはいかがでしょうか?そういえば、ちょうど今月13日は旧暦の
七夕でもありますね。

続いて「ライブ天体観測」では、ヤーキス天文台で撮影したM13、M17、
M27の写真を紹介しました。ヤーキス天文台のあるシカゴは、気温20℃
という猛暑の東京からすればうらやましい涼しさですが、あいにくの
曇り空でした。事前に撮影してくださったM13は球状星団で古い恒星の
集まりです。M17は白鳥星雲ともいわれる、星たちの誕生の場です。
今日いらっしゃったみなさんは、白鳥のように見えたでしょうか??
M27は惑星状星雲で、太陽は50億年後にこのような姿になるかもしれません。


M13.png
M13
M17.png
M17
M27.png
M27

「ゲストコーナー」では、相馬央令子さん(JAXA/ISAS)に「宇宙ヨット
IKAROSの挑戦」と題してお話いただきました。
IKAROSは、2010年5月に打ち上げられた小型ソーラー電力セイル実証機です。
世界初の燃料を必要としない宇宙船で、髪の毛の1/10ほどの薄さの帆をもち、
太陽からの光を推進力にして好きな方向に進むことができます。
現在、IKAROSをキャラクターにした「イカロス君のうた」というCD/DVDが
発売中です。福島で製作されたIKAROS。この売り上げは全て震災の復興
支援のためにつかわれるそうです。

そして太陽系を俯瞰しながら、天の川銀河を超えて、様々な銀河が眺め
られるような彼方まで行き、最後に地球へと戻ってきました。

本日はお暑い中、科学ライブショー「ユニバース」まで足を運んでくださった
方々、ありがとうございました。みなさん、晴天の下、流星が見られますように!

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月10日

2013年08月03日

8月3日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は亀谷和久(東京理科大学)が案内役を務め、
ゲストに黒ラブ教授さん(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)をお迎えして
お送りしました。

夏休みということもあり、本日は満員のお客さんをお迎えしての上演となりました。
北斗七星やカシオペヤ座、夏の大三角など夏に楽しむことの出来る星空や、8月13日の
午前3時ごろに極大を迎えるペルセウス座流星群を紹介しました。今度は地球を飛び出し、
太陽系の中を飛行しながら紹介しました。お客さんといっしょに惑星の名前を挙げて
いった後、海王星の外には何がある?との質問には準惑星の冥王星やエリスなども
飛び出し、にぎやかに進んでいきました。

さらに太陽系を飛び出して、私たちのいる天の川銀河、銀河が集まってできた銀河団、
そして現在わかっている宇宙の最果ての世界までを紹介しました。地球に戻る際には、
目の前を過ぎゆく沢山の星々の美しさに大きな歓声が上がる場面もありました。

地球に戻ってからは、地球の公転速度を速くしたり遅くしたりしたら、太陽を1周する
のにかかる時間はどうなるか、太陽がある日突然いなくなったり、幾つも増えたら、
太陽系の惑星はどうなってしまうか、などお客さんにクイズ形式で答えていただきました。

「ゲストコーナー」では黒ラブ教授さんに 「よしもと芸人黒ラブ教授の理科お笑い
ドームライブ 科学技術館にやってきたぁ〜 。・゜・。・ヽ(*´∀`)ノシンラドームニ」
と題してお話していただきました。

「理系人間チェックテスト」では、理系ならではの視点に関するチェックテストを出題し、
会場が一体となって、終始笑いが絶えませんでした。続いて、「理系知的知った
かぶり学」では、スーパーカミオカンデやレプトセファレス、ヒッグス粒子などの
専門的な用語を日常会話でうまく使って知ったかぶりしてしまおう、という、
ついついお腹を抱えて笑ってしまう楽しい授業のようなネタが飛び出しました。
ジェスチャーを交えたテンポの良い語り口で、会場は大きな笑いに包まれました。
黒ラブ教授さんは、「ルミネtheよしもと」や各地の科学館などでも理系ネタを
披露していらっしゃるそうです。笑いを通して科学の魅力が多くの人に伝わると
いいですね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週異なる案内役、ゲストの方と共に様々な
科学の話を紹介しています。 この夏は、科学の世界をより身近に感じることの出来る
シンラドームへどうぞお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月 3日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..