Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2013年11月30日

11月30日@科学技術館

11月最後の「ユニバース」は、伊藤哲也(国立天文台)が案内役を務め、
お送りしました。

だんだんと冬の訪れを感じる季節となりましたが、今日の夜空にはどの
ような星が輝いているのでしょうか。西の空にはまだ夏の星座が昇って
います。はくちょう座はクリスマスの時期にちょうど十字架が立った姿に
見えるので、西洋では北十字と呼ばれているそうです。南の空には秋の
星座であるペガススの四辺形、東の空のには冬の星座であるオリオン座や
おうし座やふたご座などが昇っています。

今度は宇宙に飛び出して地球の姿をご覧いただきました。地球には青い
海が広がり、白い雲が渦巻いています。本日の「ゲストコーナー」は東京
大学大気海洋研究所の柳瀬亘さんに「天気を決める色々なうずまき」と
題してお話していただきました。

みなさんは今週の月曜日、11月25日の東京の天気がどんな天気だったか
覚えていらっしゃいますか?この日の気温は昼間の3時に約16度、夜の9時に
約19度と夜のほうが暖かかったんです。北風は冷たく南風は暖かいとよく
言われますが、この日の夜は強い南風が吹いていたので昼間よりも暖かく
なるという現象が起こりました。11月の地球全体の雲の動きを見てみると、
熱帯で台風が起こったり、日本付近で雲が渦を巻いたりしながら動いている
様子が分かります。では、日本付近のうずまきはどのようにして起こるの
でしょうか。地球全体の気温を見てみましょう。地球の気温は赤道付近が
暖かく、北極や南極では冷たくなっています。日本があるのはその中間
ぐらいのところで、北と南で気温差が大きい場所です。柳瀬さんはコン
ピュータシミュレーションを使って雲のうずまきの研究をされています。
柳瀬さんに見せていただいたシミュレーションでは、北に冷たい大気、南に
暖かい大気があるところに小さなうずまきが起こると、渦巻きが大きく発達
していく様子がわかります。気温差がない大気では、渦巻きは発達せず、
むしろ弱くなるというシミュレーションも見せていただきました。気温差の
中で発達した渦は、冷たい空気と暖かい空気をかき混ぜるため、地球の
気候を調整する役割もあるそうです。最後に、双子の台風の映像を見せて
いただきました。赤道付近で発生した2つの対になった台風がそれぞれ
反対向きに渦を巻きながら発達していく様子は圧巻でした。

再び、宇宙から太陽系の姿をながめました。皆さんは彗星をご覧になった
ことがありますか?今日は池谷・関彗星、マックノート彗星、ラブジョイ
彗星の画像を紹介しました。彗星から伸びる尾は様々な姿をしており、
とても幻想的な画像でした。最近、太陽に近付いているアイソン彗星は
太陽系に最接近する前に、うっすらとのびる尾が綺麗に観測されていました。
最接近後に明るく見えるだろうと期待されたアイソン彗星は、残念ながら、
太陽に近付いたときに核の部分が崩壊してしまい、最接近する前よりも
ずいぶん暗くなってしまいました。ですが、街明かりの無い暗い場所では
明け方にアイソン彗星の尾がうっすらと見られるかもしれません。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月30日

2013年11月23日

11月23日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)が案内役を務め、
お送りしました。

最初に「太陽系の姿」を眺め、最近、太陽の活動が活発になってきていることを紹介
しました。11月17日はここ数年で一番太陽の黒点が多く見られました。 日食
グラスなどを使って太陽を観察すると肉眼でも見えるような大きな黒点も出て
いるので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

「ライブ天体観測」ではヤーキス天文台のビビアンさんにNGC 253、オリオン星雲、
そして話題のアイソン彗星を紹介していただきました。アイソン彗星は太陽に近い
ため撮像が難しいそうです。


orion_nebula.png
オリオン星雲
ngc253.png
NGC253

そんなアイソン彗星について、「アイソン彗星、太陽に急接近!」と題して埼玉県立
春日部女子高校の鈴木文二さんをゲストにお招きしてお話しいただきました。

彗星は「核」と呼ばれる中心の塊と、その周辺に広がって見える「コマ」、そして
特徴的な「尾」の部分からなります。 核は10kmぐらいの大きさで、コマは地球の
直径の10倍、尾の長さは月と地球の距離の10倍(数百万km)以上にもなります。
ところが、アイソン彗星の核は一般的なものよりも小さい1km程度と予想されて
いて、彗星の中でも小ぶりなもののようです。では、なぜこれほどにまで騒がれる
のでしょうか?それは太陽すれすれのところを通過し、明るく輝くと期待されて
いるからです。本日11月23日の朝に鈴木さんが撮影したアイソン彗星の写真を
紹介していただきました。撮影場所は埼玉県の三郷市で、水星や土星も一緒に
写っていました。アイソン彗星を見たいときは東の空が開けている場所に行って、
低倍率の双眼鏡を使うのがお勧めだそうです。また、写真を撮りたいときは
三脚などを使って露光時間を1秒以上にするとよいようです。高級なカメラなどを
使わなくても、スマートフォンやコンパクトデジタルカメラでも写るかもしれません。
太陽が昇る1時間半前から待ち構えましょう!土日になる12月7、8日が狙い目か
もしれません。

明るく輝くのが楽しみですね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月23日

2013年11月16日

11月16日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、大朝由美子(埼玉大学)が
案内役を務め、お送りしました。

肌寒い日々が続いていますが、本日は綺麗な青空が広がる秋晴れです。
今日のような晴れた日には、星を見るのに最適です。今夜はどのような
星空が広がるのでしょうか。秋も深まり、夜空にはオリオン座や冬の
大三角など冬の星座も登場してきました。また、夜遅くまでおきていると、
ひときわ輝く木星を見ることができます。時間を進めて、18日未明の
夜空を見てみると、流れ星が見えます。毎年、この時期に極大期を
迎えるしし座流星群です。みなさん、流れ星にお願い事をしてみては
いかがでしょうか。

流れ星は、かつて地球の軌道近くを通り過ぎていった彗星が残して
いった塵です。最近では、明け方に東の空に見える、「アイソン
彗星」が接近しています。アイソン彗星は、11月29日に太陽に最も
近づき、11月下旬や12月上旬に肉眼でも見えると期待されています。
早起きしてみてみたいですね。

「ゲストコーナー」は、地球の海の中に広がる世界のお話です。
本日のゲストは、横浜国立大学の菊池知彦さんに「海の中の宇宙」と
題してお話していただきました。

私たちが住む地球、その表面の70パーセントは海に覆われています。
広大な海、私たちはそのほんの一部である浅海の波打ち際しか知りません。
菊池さんにご紹介いただいたのは、深海に潜む、多種多様な生物です。
沖合いに出て、海に潜り始めると最初の遭遇するのは細菌やウイルスです。
細菌やウイルスというと良くないイメージをもつ方も多いと思いますが、海
にある様々な物質の分解やエネルギーの循環にとって重要な役割を果たして
います。これを染料で染めて顕微鏡で診ると、まるで宇宙の星々が輝いてい
るような、幻想的な姿をしています。海の表層には、光合成をする植物プラ
ンクトンや微小な動物プランクトンの仲間などがたくさん生息していて、そ
の中には透明な姿や、プリズムのような作用できらきら輝く生物がたくさん
います。もっと深いところ、深海の世界に潜ってゆくと、表層の生き物とは
うって変わり、真っ赤なエビや真っ黒な魚など、色が濃い生物が多く、様々
な形をしています。ぎょろっとした目が上を向いている深海魚や、クジラよ
りも長い、全長45メートルもある管クラゲなど、ユニークな生物も多数生活
していることがわかりました。また、深海底にある熱水噴出孔では、そこに
しかいない様々な生物が繁栄しており、深海のオアシスと呼ばれていること
や、新たなタイプの熱水噴出口の話もして頂きました。
まだまだ未知の世界が広がる深海、新たな発見が楽しみですね。

今度は、地球の外の宇宙を見ていきましょう。
私たちの太陽系には、地球のように水や酸素がある天体があるの
でしょうか。水金地火木土天海(冥)、太陽系の惑星とその仲間は
実にバラエティが豊かです。その中でも、火星にはかつて液体の
水があったという証拠が見つかっており、生命がかつて存在して
いた可能性が示唆されています。さらに、木星の周りを回る衛星
エウロパにも表面の氷の下には、液体の水が海のように存在して
いると考えられています。エウロパの海の中には、もしかしたら
地球の深海のような生態系が存在するかもしれません。

ユニバースでは、まだまだ神秘の世界が広がる宇宙の魅力、科学の
魅力をこれからも伝えていきます!

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月16日

2013年11月09日

11月9日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(千葉大学)を
案内役にお送りしました。

太陽系の惑星は、太陽を中心として円を描いてまわっています。
このとき、太陽からの引力と惑星自身の運動による遠心力は
つりあっています。では、ある日突然、太陽がパッと消滅して
しまったら、あるいは、太陽系に太陽が2つ、3つと増えたら
惑星たちの動きはどうなるのでしょうか?ぜひ、みなさんも
想像してみてくださいね。

現在、私たちが知っている星座の起源は、はるか昔の古代ギリシャに
さかのぼります。古代ギリシャまで時を戻しても、私たちが見ている
星座とほとんど変わりません。では、さらに恐竜たちの時代まで時を
戻してみましょう。どうも私たちとは少し違う星空を恐竜たちは見て
いたようです。

本日の「ゲストコーナー」は、山下南海子さん(株式会社オンチップ・
バイオテクノロジーズ)をお招きして、「免疫だけじゃない!科学に
役立つ抗体の世界」というタイトルでお話いただきました。

免疫とは、ウイルスなど私たちの体の中に入ってきて悪さをしようと
するものを攻撃して、私たちの体を守ってくれる機能のことです。
白血球やリンパ球のほかに抗体と呼ばれるたんぱく質の一種がこの
役割を担っています。抗体は白血球やリンパ球などが攻撃の目印に
したり、抗体と他のたんぱく質(補体)が連携して攻撃を行ったり
します。ところで、予防接種でインフルエンザやおたふくかぜ、
はしかなどいろいろなワクチンを注射しますよね。これは、抗体は
種類ごとに攻撃する相手が決まっているため、いろいろなワクチンを
注射しているのです。

実は抗体はウイルスや病原菌だけではなく、細胞内の特定の場所に
くっつけることもできます。抗体を増やして色をつけて光らせることで、
がんやウイルス、そのほか様々な細胞に対する目印として使うことが
できるようになるのです。さらに、フローサイトメーターという装置を
使うと何万分の1しか含まれていない僅かな数の細胞を見分けて
分け取ったり、病気の診断に使ったりすることができるのだそうです。

なるほど。免疫だけじゃない!

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月 9日

2013年11月02日

11月2日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、亀谷和久(東京理科大学)が
案内役を務め、お送りしました。

11月に入り、だいぶ寒くなってきましたが、今の時期はいったいどんな
夜空
が見えるのでしょうか。夕方には明るい一番星の金星がきれいに
見えますが、秋の星座は暗いものも多く、今の時期はあまり星を見ない
かもなんて方もいらっしゃるかもしれません。実はこの時期というのは
秋の星座はもちろん早い時間帯には夏の星座を見ることができ、少し
夜更かしをすれば冬の星座も見ることができる、もりだくさんの季節です。
時間帯によって変わる星空の季節をみなさんもぜひ楽しんでみてください。

地球から飛び出して宇宙空間から太陽系を見てみましょう。もしも私たちの
住む地球の公転の速さが速くなったらどうなるの?もしも太陽系にもし太陽が
増えたら?そんな宇宙の「もしも」を「ユニバース」では見ることができます。
ぜひ「ユニバース」にお越しになって自分の目で確認してみてくださいね。

11月といえば、アイソン彗星が近付いてくる時期でもあります。太陽に最接近
する11月29日には、太陽(sun)の表面の非常に近いところをかすめるように
通過(graze)します。そのことからサングレーザー(sungrazer)とも呼ばれます。
太陽の熱により表面から蒸発したガスやちりが長い尾として成長し、明るく
立派な彗星として私たちを楽しませてくれるかもしれません。太陽に非常に
近づく11月29日前後を除き、11月下旬から12月まで明け方の東の空に
見ることができるようですので、探してみるのも良いかもしれませんね。

最後に宇宙の果てまで宇宙旅行を体験しました。地球からは同じ距離のように
見えている星たちも、同じ星座の中でも距離がばらばらな様子を楽しんで
いただきました。

科学ライブショー「ユニバース」では、毎週違った案内役と内容でお送り
しています。以前お越しいただいた方も、まだお越しいただいていない方も
科学技術館4階シンラドームまでぜひお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月 2日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..