Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2013年12月21日

12月21日@科学技術館

本日のユニバースは片岡龍峰(国立極地研究所)の案内の下、オーロラ
づくしでお送りしました。

アラスカで撮られた華々しいオーロラから始まり、昭和基地で撮影された
とてもゆっくり動く珍しいオーロラも紹介しました。とてもゆっくりなのは
オーロラが地球の自転と同じくらいの速さで動いているためです。そして、
オーロラ最大の謎と言われているオーロラ爆発も紹介しました。オーロラが
一気に全天に広がる様子は圧巻でした。オーロラ爆発のあとには、脈打つ
不思議なオーロラが現れます。これも謎の一つです。

さて、オーロラはどこでどうやって光っているかご存じですか。オーロラには
地球の磁気と大気、さらに太陽からの風が必要で、地上から100kmから
400km程度のほとんど宇宙空間といえるところで光っています。シンラ
ドームでは手でつかめそうなほどオーロラが浮かびあがって見える立体
映像を楽しんでいただきました。きれいな立体映像が撮れるということは、
宇宙の影響がどれくらいまで地球に届いているかを調べることができる
ということにつながります。

本日の「ゲストコーナー」は細川敬祐さん(電気通信大学)にお越し
いただき、「地球のてっぺんに現れるオーロラを撮る!」というタイトルで
お話いただきました。

宇宙からオーロラをみると、北極点や南極点のまわりに環状に光っている
ように見えます。これはオーロラリングと呼ばれます。では、オーロラリングの
中では何も光っていないのでしょうか?細川さんはオーロラリングよりも内側
かつ最北の地域に行って、わずかな光でもとらえることができるカメラを
使って観測を行なっています。観測から、実はオーロラリングの中でも
オーロラが光っていることがわかりました。写真などでは緑色のオーロラを
よく見かけますが、オーロラリングの中では赤色がよく光っていて、また、
筋状の細くのびたものが見えるそうです。木星でも同じようにオーロラ
リングが見え、リングの中に筋状のオーロラがあるようです。まだまだよく
わからないことが多いので、解明されるのが楽しみですね。

オーロラ写真家の八重樫あゆみさんにも登場していただき、撮影したトナカイ、
オーロラ、氷河の写真を紹介していただきました。とてもきれいな写真で、
私たちもぜひとも行ってみたいですね。今年の締めは迫力ある立体オーロラの
撮影会です。みなさんパシャパシャしていました。

今年のライブショー「ユニバース」も無事に終了することができました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。ぜひ、科学技術館4Fシンラドームへ
お越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月21日

2013年12月14日

12月14日@科学技術館

もうすぐ冬至となり、夜の時間が長くなりましたね。本日の科学ライブショー
「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、お送りしました。

「昼間に星を見るにはどうすればいい?」という問いかけから本日の「ユニバース」が
始まりました。答えの一つとして昼間の太陽を見るということが挙げられます。
最近の太陽は黒点がいくつも見られ、やや活発な様子。その他の答えは・・・
実際に来て確かめてみてください!

次に今晩の星空を紹介しました。オリオン座や木星が見頃となっています。
また、今晩はふたご座流星群のピークです。明け方にはラブジョイ彗星も
輝いています!

「ライブ天体観測」ではヤーキス天文台のビビアンさんに木星やその衛星、
オリオン星雲を紹介していただきました。シカゴは氷点下で雪が降って
いたそうです。


jupiter.png
図:木星とガリレオ衛星
m42.png
図:オリオン星雲

そして「ゲストコーナー」では、 西合一矢さん(国立天文台チリ観測所)を
お招きして、「ALMA望遠鏡で見え始めた星誕生の瞬間」というテーマで
最新の研究についてお話いただきました。ALMA望遠鏡はチリにある世界
最大のサブミリ波望遠鏡で、東京から富士山にある大きさ5cmのものを
見分けることができます。この望遠鏡を使用して、星の誕生の瞬間に一番
近いと考えられる天体を観測しました。この天体は二つの天体が隣り合って
いて、 それぞれ赤ちゃん星と生まれる前の星のたまごと考えられています。
このように星が誕生の際に分裂して、ふたごとして誕生する姿は、コンピュータ
シミュレーションでも予測され、今回の観測はその予測と見事に合う結果でした。
ALMAは現在も性能調整中で、今後は東京から福岡にある大きさ5cmの
ものを見分ける視力を持つことになります。完成後の観測結果も楽しみですね。

最後に太陽系を出て天の川銀河、さまざまな銀河、銀河団、 宇宙の大規模
構造を見て、地球に戻りました。

夜が長く、星見には最適な季節ですが、 外がちょっと寒いなという方はぜひ
ユニバースにお越し下さい!

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月14日

2013年12月07日

12月7日@科学技術館

12月に入り、街はすっかりクリスマスムードとなっていますね。本日は冬にぴったりの
幻想的な宇宙について、東京理科大学の亀谷和久がご案内いたしました。

まず今夜(12/7)の夜空を眺め、冬の星座などを紹介していきました。その後地上から
飛びたち、わたしたちが住む太陽系の惑星にふれていきました。また、先日話題となった
アイソン彗星の軌道を見たり、惑星だけではなく他天体についても見たりしていきました。

アイソン彗星はとても明るく光ると期待されていましたが、残念ながら太陽付近を通過した
際に蒸発してしまいましたね。今日はそのアイソン彗星について都留文科大学/国立天文台の
古荘玲子さんにお話しいただきました

そもそも彗星とはどんなものなのでしょう?実は、彗星の正体は
水などが凍った氷と、鉄やマグネシウムを含む塵のかたまりなのです。
彗星が太陽に近づくと、コマと尾が現れます。コマとは太陽に
よって熱せられたために出てきたガスや塵が彗星の本体の周囲を
覆ったもので、それが長く引くと尾になります。また、太陽風に
よってできたイオンによる尾もあります。

彗星は周期、つまり太陽に近づいて次に近づくまでの時間によって
2種類にわけられます。周期が200年以上のものを長周期彗星、200年
以下のものを短周期彗星と呼びます。今回のアイソン彗星は放物線
軌道といって周期は無限に長く太陽を通過したらそのまま戻って来ず、
長周期彗星に含まれます。長周期彗星は「オールトの雲」と呼ばれる
冥王星よりももっと遠いところから来ているのだろうと言われています。
しかし、まだオールトの雲は観測されてはいません。長周期彗星は
いつ、どんなものが来るか予想が難しいとされています。短周期彗星は
太陽系外縁天体(カイパーベルト)と呼ばれるところからやってきます。
こちらはだいたい冥王星と同じ程度の遠さからやってきて、到来
時期を予想しやすいと言われています。

何故太陽系には彗星のような氷と塵の塊があるのか?その謎は太陽系が
誕生した時まで遡ります。宇宙空間でガスが集まり太陽の卵ができた
とき、太陽の周りには円盤状に塵やガスがありました。それらが
集まって今の惑星になりますが、太陽よりも遠い寒いところでできて、
惑星の大きさにまでなれなかったもの、それが彗星の正体なのです。
彗星は尾の形などからいつ出てきたガスや塵なのかがわかります。
今回のアイソン彗星は太陽を通過する少し前に既にガスが出なくなり、
無くなってしまったようです。しかしその尾の引き方も単純モデル
では合わない部分があったようで、アイソン彗星のかけらなどを
使ってこれからさらに研究がされていくそうです。

最後は太陽系から飛び出て遠い遠い宇宙の果てまで皆さんと旅をして
いきました。実際には行けない遥か遠くの銀河などをみなさんに
お楽しみいただきました。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月 7日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..