Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2014年03月29日

3月29日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は伊藤哲也(国立天文台)が案内役を
務め、上演しました。

まず、夜8時ごろの空を眺めてみると、しし座、かに座、おとめ座など春の星座が
よく見えるようになりました。火星や木星といった惑星も見えています。火星は
2年2ヶ月に1回地球に接近し、4月14日に小接近をします。今、火星が見やすい
時期なので、夜空で赤く輝く火星をぜひ探してみてください。

「ゲストコーナー」では、上野遥さん(埼玉大学)をお招きして「ガンマ線
バースト〜宇宙最大規模の爆発現象〜」というタイトルでお話しいただきました。
ガンマ線は電磁波の一種ですが、地上から見ることができないので、人工衛星を
打ち上げて観測をします。宇宙には色々な爆発があります。オーロラの原因となる
太陽フレア、太陽より数倍重い恒星の最期に起きる超新星爆発、宇宙の始まりに
起きた大爆発ビッグバンなどがありますが、その中でもガンマ線バーストは
数十秒で太陽が100億年かけて発生させるエネルギーを発するほど、非常に
大きな爆発です。ガンマ線バーストは、重力崩壊でブラックホールができる
ときに出てくるジェットが、地球の方向をむいたときに観測されるのではないかと
考えられています。100億光年以上先で起こるガンマ線バーストですが、2013年には
これまでの観測史上、もっとも近い38億年先で起きたガンマ線バーストが観測されました。

ガンマ線バーストは非常に遠い宇宙に明るく輝く「灯台」で、過去の宇宙が
わかる可能性があります。屋久杉の年輪の組成研究から、過去に地球がガンマ線
バーストにさらされた可能性がみつかりました。まだまだ謎が多い現象で、
これからの発見にも注目ですね。

最後に、宇宙の果てまで行ってから地球に戻り、国際宇宙ステーション(ISS)を
ご覧いただきました。3月9日には若田宇宙飛行士が国際宇宙ステーションの船長に
なりましたね。

毎週様々な科学の話題をお送りしている科学ライブショー「ユニバース」へ
ぜひお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 3月29日

2014年03月22日

3月22日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
上演いたしました。

最初のコーナーでは今夜の東京から見える星空を眺めました。まだ冬の寒さが
残りますが、夜がふけるともう夏の星座が上がってきています。下弦の月を
拡大して凸凹な様子を見たり、火星探査機のオポチュニティから送られてきた
写真とハワイのマウナケア山の写真を見比べたりしました。とてもよく似ていて
驚きました!

「ゲストコーナー」では、束田和弘さん(名古屋大学博物館)をお招きして
「近くて遠くて不思議な国 モンゴル」というタイトルでお話していただきました。

前半はモンゴルがどのような国なのかという説明をしていただきました。草原が
広がるイメージが強いモンゴルですが、首都ウランバートルでは中国の3倍という
大気汚染問題を抱えているそうです。南部の砂漠は恐竜化石の産地として有名で、
恐竜の骨の欠片を踏みながら歩いたりするそうです。また、遊牧民が暮らすゲルの
ほとんどにパラボラアンテナとソーラーパネルが備え付けられ、テレビや冷蔵庫
など、意外と多くの電気製品もあるようです。

後半は、モンゴルの環境問題についてお話していただきました。モンゴルには
15の大規模な鉱山があり世界第1位の経済成長率を誇る一方、環境問題が深刻に
なっています。「モンゴリアン忍者」と呼ばれる川底の砂金を集める人たちは
砂に紛れた細かい金を水銀を使って取り出します。その際、水銀が蒸気になったり、
余った水銀を捨ててしまったりするため、周辺の環境を汚染しているとか。
調査の結果、土壌の水銀量は少し高いことがわかりました。科学を正しく知る
ことの大切さが分かりますね!

最後には太陽系から銀河系を越えて、宇宙の果てまで宇宙旅行をしました。
大迫力の映像で、お客様には宇宙の広がりを知っていただけたと思います。

ユニバースでは毎週土曜日に様々な科学の話題をお送りしています。
ぜひお越し下さい!

投稿者 ライブショーアシスタント : 3月22日

2014年03月15日

3月15日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は案内役を矢治健太郎(国立天文台)が務め、
上演いたしました。

最初のコーナーでは、太陽系を飛び回り惑星を1つずつ見ていきました。木星の自転
周期が意外と短いことを知ったお客さんが多かったようです。最近活発な太陽の様子も
紹介しました。特に2月は今回の太陽活動期の中で、一番黒点が多かった月となりました。
地上からは春の星座を中心に紹介しました。

「ゲストコーナー」では、藤原英明さん(国立天文台ハワイ観測所)をお招きして
「ハワイ・すばる望遠鏡バーチャルツアー」というタイトルでお話していただきました。

富士山より高いマウナケア山山頂にあるハワイ観測所の様子を上下左右、360度
まるごと撮影していただき、お客さんの頭上に広がるドームいっぱいに投影しました。
その中で、藤原さんの案内のもとバーチャルツアーを行いました。研究室や望遠鏡の
置かれているドームの中、観測室など、さまざまな場所を撮影した写真を見ました。
観測室の壁にはたくさんのてるてるぼうずがかけてあります。曇ると観測できない
ので、自分が観測する日が晴れるように祈っているようです。シンラドームにいながら、
ハワイ観測所に行ったような気分になれましたね。最近話題になったアイソン彗星の
観測結果も紹介していただきました。アイソン彗星に含まれる氷はマイナス260度
ほどの環境で生まれたかもしれないようです。彗星は「太陽系のタイムカプセル」と
呼ばれ、彗星を観測することで太陽系の歴史に迫れるそうです。今後もすばる
望遠鏡の観測結果から目が離せませんね!

最後は太陽系を離れ宇宙の果てまで旅行しました。3D映像で宇宙の壮大さを来場者の
皆さんに体感していただくことができました。

ユニバースでは毎週土曜日に天文学を始め、様々な科学の話題をお送りしています。
ぜひお越しください!!

投稿者 ライブショーアシスタント : 3月15日

2014年03月08日

3月8日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(千葉大学)が
案内役を務め、上演いたしました。

最初のコーナーでは私たちが普段口にする水や調味料が
どんな分子から作られているのか、どんな動きをしているのか、
みなさんと一緒に考えながら見ていきました。
分子の形は大きさ も形もばらばら。なかなか見ることのできない小さな世界を
私たちと一緒にのぞいてみませんか?

「ライブ天体観測」のコーナーでは、シカゴのヤーキス天文台のビビアンさん
とインターネットをつないでお話しました。シカゴはあいにくの雪でしたが、
遠隔操作の望遠鏡を使って様々な銀河や星雲の写真を送っていただきました。
中でも、星の誕生する場所と言われているオリオン大星雲の写真に興味を
持たれた方も多かったのではないでしょうか。


m42.png
図:オリオン大星雲
m104.png
図:ソンブレロ銀河

続いてのコーナー「重力の不思議」では、太陽を消したり、 増やしたり…
実際には起こりえない太陽系の動きを見ていきました。
太陽が大きな役割を果たしていることがわかりますよ!

最後の「ゲストコーナー」では今田大皓さん(筑波大学)をお招きし、
「南極から宇宙を見よう!」と題してお話しいただきました。
筑波大学では南極ドームふじに望遠鏡を持っていって、サブミリ波や
テラヘルツ波を観測することを計画しています。口径30cmの望遠鏡が
完成間近で、スイスのアルプスやチリのアタカマで試験観測も行なった
そうです。口径10mの望遠鏡も計画中で、目で見ることのできない
暗黒星雲や銀河の観測を目指しているそうです。うまくいけば2020年に
望遠鏡を設置できるとのこと・・・。私たちの知らなかった宇宙が
これからさらに見えてくると思うとわくわくしますね!

ユニバースでは毎週さまざまな科学に関する内容を紹介していきます!
ぜひ友達やご家族と一緒に科学技術館4Fシンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 3月 8日

2014年03月01日

3月1日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、亀谷和久(東京理科大学)を案内役に
お送りしました。

今日から3月。立春からは間もなく1か月がたち、また、半月後には春分を迎えます。
日が長くなっていくのも実感するようになってきました。

そんな中、星空は冬の星座や1等星たちがまだまだ主役です。日本から見える1等星は
年間で15個。そのうち約半数の8個は冬に見ることができます。オリオン座のリゲル、
ベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、ふたご座のポルックス、
ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバランは見つけやすい一等星です。最後の
1個はカノープス。本州からは空の低い位置に見えるので、見ることが難しい1等星です。
見ることができれば長生きできるという言い伝えが中国にあったりします。

地上から冬の星空を見た後は、宇宙に飛び出して太陽系の惑星や天の川銀河、アンドロメダ
銀河などを見ていきました。ところで、銀河には様々な形があることをご存じでしょうか?
銀河といえばうずまきのイメージが多いと思いますが、うずを巻かない銀河や子持ちの
銀河など様々な形があります。また、銀河は集まる性質があり、密集しているところと
していないところがあり、泡のような構造があるように見えます。3Dを通して体感して
いただきました。

本日の「ゲストコーナー」は、東京大学の秋本祐希さんに「10分でわかった気になる
ヒッグス粒子」と題してお話いただきました。2013年のノーベル物理学賞の対象となって
有名になったヒッグス粒子。「物質に質量を与える素粒子」のように報じられることが
多いこの素粒子は、実際どのようなものなのでしょうか?
答えは「質量というものに『運動の変化のしにくさ』を持たせるもの」です。
まずは宇宙の始まりと考えられているビッグバンが起きた時間に行ってみましょう。
ビッグバンが起きたとき、ヒッグス粒子も含め、さまざまな素粒子が生まれました。
このとき、宇宙はとてつもなく熱かったのですが、ビッグバン発生から宇宙が大きく
なるにつれてどんどん温度が下がっていきます。そして、ビッグバン発生から1兆分の
1秒後の冷めた宇宙(といっても1000兆度!)で相転移と呼ばれる現象が発生します。
相転移とは氷が0度で水になり、水が100度で水蒸気になる現象と同じです。「自発的
対称性の破れ」と呼ばれる宇宙の相転移では、なんとヒッグス粒子の振る舞いが
変わります。相転移前の宇宙では「他の粒子には全く興味がない」という振る舞い
だったのに、相転移後の宇宙では他の粒子にまとわりつくようになります。ヒッグス
粒子は質量の大きな粒子に惹かれ、まとわりつかれる粒子は動きづらくなります。
ヒッグス粒子は「質量というものに『運動の変化のしにくさ』を持たせるもの」
ということになります。

重いものほどヒッグス粒子がまとわりついている。だから、止まっている物は動かし
にくいし、動き出したら止めにくい、ということですね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 3月 1日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..