Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2014年04月26日

4月26日@科学技術館

本日の案内役は亀谷和久が担当してライブショーを上演しました。
今日はユニバースが19年目に突入する節目の日でした。

そろそろ日の入りが六時を過ぎるような季節になりましたね。オリオン座や
おうし座など星座の紹介をしていき、今、西の空にはまだ冬の星座がある
ことを伝えました。

日本の14時過ぎは昼間ですが、地球の反対側にあるアメリカは夜です。
アメリカにあるヤーキス天文台のビビアンさんと、インターネットごしに
リアルタイムで出演していただきました。ビビアンさんからは今日撮った土星、
子持ち銀河、球状星団の三つの写真を見せていただきました。土星は
丸く輪っかのついた姿が綺麗に見えました。いくつかの衛星や、近くの
星も光り輝いてはっきりと見えました。子持ち銀河(M51)は大きな銀河の
となりに小さな銀河がくっついているのが見えました。星が球状に百万個
ぐらい集まった球状星団(M13)が見えました。これは春の星座、ヘルクレス
座にあります。


saturn.png
図:土星
m13.png
図:球状星団(M13)
m51.png
図:子持ち銀河(M51)

今度は宇宙に飛び出し、太陽系を眺めました。最近、火星と地球が接近して
いたことをご存じでしたか。さらに遠くへ飛んでいき、たくさんの星たちを
見ました。星座を作り出す星たちは、地球からそれぞれ異なる距離にいる
ことがよくわかります。さらに遠くにはなれ、たくさんの銀河、銀河団を
見て、最後に銀河が網目状に集まっていることがわかりました。

本日の「ゲストコーナー」は東京大学の川越至桜(かわごえしおう)さんに
「超新星爆発のフシギ」というタイトルでお話しいただきました。
太陽や星座の星のような恒星も生まれたり死んだりしています。その寿命は
星の重さによって決まります。重い星は死ぬ時に大爆発を起こし、これを
超新星爆発と呼びます。そのときにニュートリノや重力波も出します。星は
寿命が近づいて自分の重さに耐えられなくなると、自分自身の重さでつぶれて
いきます。どんどんつぶれて限界まで達すると、星の中心ではつぶれる力が
外へ反発するようになり、衝撃波が起きます。それが中心から外へ伝わって
最終的に星が爆発すると言われていました。しかし、このシナリオはまだコンピュータシミュレーションではうまく再現できず、
星の中で衝撃波が止まってしまいます。
先週発表された国立天文台のシミュレーションによると、ニュートリノが星の内部を温めることによって、星の中で止まってしまった衝撃波を復活させることができるということが分かったそうです。
このニュートリノについて川越さんはシミュレーションによる確認を行っています。
爆発というマクロな情報と、ニュートリノというミクロな情報を組み合わせると、
超新星爆発のナゾに迫ることができ、さらには爆発によってまき散らされたガスや塵でできた
私たち人間のルーツにも迫ることができるかもしれないということを教えていただきました。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月26日

2014年04月19日

4月19日@科学技術館

本日は野本知理(千葉大学)が案内役を務め、上演いたしました。

「分子の世界」のコーナーでは調味料やビタミンの分子の姿を紹介しました。
分子はいろいろな振動をしていて、体の中で酢やビタミンCの分子が動いて
いるのかと思うと、不思議な気分になりますね。調味料の一つ、食塩を加熱
するとどうなるかもシミュレーションしてみました。水が蒸気になるのと
同じように、食塩も気体になって自由に飛び回るようになります。蒸発する
というのはこういうことだったのかと納得しました。

宇宙のお話もしました。ケンタウルス座アルファ星からみた星空や、人類が
誕生したころの大昔の地球からみた星空を紹介しました。星座の形は私たちの
知るものとまったく違うことがわかります。いま見ることのできる星座は、
いま、この場所からしか見ることができない、ということがよくわかりました。

「ゲストコーナー」では福井大学の古石貴裕さんをお招きし、
「シミュレーションで見つける分子のヒミツ」というタイトルで話して
いただきました。

古石さんはライブショー前半で使っていたシミュレーションソフトの開発者でも
あります。ライブショーでは使っていない別のシミュレーションソフトを使って、
気体分子が飛び回っている様子を見せていただきました。分子の飛び回る
軌跡をみると、複雑な動きをしていることがわかります。気体の温度を下げると、
前半の食塩の蒸発とは逆のことが起こります。分子がだんだんと集まってきて、
気体の状態から液体の状態になる様子がよくわかりました。古石さんの開発した
ソフトはこちらからダウンロードできます。ご家庭の
パソコンで簡単に動かすことができるので、ぜひお試しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月19日

2014年04月12日

4月12日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は伊藤哲也(国立天文台)が案内役を
務め、上演いたしました。

はじめに科学技術館の本日20時の夜空をご覧いただきました。西の空には
冬の星座のオリオン座、おうし座、ふたご座が、南東の空には春の星座の
しし座やおとめ座が見え、夜空の星座たちも着々と春へと移り変わっています。
早足に桜の季節は過ぎてしまいましたが、ぜひ夜は外へ出て夜空を見上げて
みてくださいね。

4月14日には火星が地球に接近します。太陽により近い地球のほうが公転
速度が速いため、およそ2年2か月ごとに接近します。この時期、火星は
おとめ座の近くに見えますので、おとめ座を目印に火星を見つけてみましょう。

「ライブ天体観測」のコーナーではヤーキス天文のケビンさんにインター
ネットでつないでお話ししていただきました。ヤーキスはあいにく曇りと
いうことで、週の始めに撮影した月面と球状星団の写真を送っていただき
ました。月面の写真にはクレーターと呼ばれるくぼみや日本ではウサギの
ように見えることで知られている「月の海」がよく見えました。実は日本
以外の国でもこの「月の海」は動物や人に例えられています。


moon.png
図:月
ngc4833.png
図:球状星団NGC4833

「ゲストコーナー」には平松正顕さん(国立天文台 チリ観測所)をお迎えし、
「アルマ望遠鏡で見る冷たい宇宙」というタイトルでお話していただきました。
アルマ望遠鏡とは、日本、台湾、北米、欧州が協力して建設した高性能の
電波望遠鏡で、南米チリにあるアタカマ砂漠の標高5000メートルに66台の
パラボラアンテナで構成されています。あのすばる望遠鏡の10倍も視力が
いいとか!今回は全天球撮影カメラという特殊なカメラで撮影したパラボラ
アンテナが並んでいる様子をシンラドームに映し出してもらいました。砂漠の
広さとアンテナの大きさを実感するがことができ、圧倒された方も多かった
ようです。

このアルマ望遠鏡により銀河や惑星系がどのように生まれたのか、そして私
たち生命はどこから来たのかを解明できるのではないかと期待されています。
地球のような惑星が見つかるのもそう遠くはないかもしれませんね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎回さまざまな科学の話題をお届けして
います。みなさんとシンラドームでまたお会いできるのを楽しみにしております。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月12日

2014年04月05日

4月5日@科学技術館

本日の科学ライブ「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)が案内役を務め、
上演いたしました。天気もよく、春らしい陽気のなか、満員のお客様をお迎えしての
上演となりました。

「太陽系の姿」のコーナーでは太陽系を構成する惑星などについて、間違い探しや
クイズを通してその特徴をみなさんと一緒に探っていきました。太陽系の真ん中に
いる太陽の様子も紹介しました。今日の黒点の様子やここ数年の黒点の数のグラフを
見ました。三鷹の国立天文台に設置されている望遠鏡で太陽を観測していたことを
ご存じでしたか?

「ゲストコーナー」では坂井南美さん(東京大学大学院理学系研究科)に「生まれつつ
ある原始惑星系円盤で劇的な化学変化:かつて太陽系も経験したか?」というタイトルで
生まれたばかりの星についてお話いただきました。

生まれたばかりの赤ちゃん星である原始星は回転する円盤状の濃い塵(ちり)やガスを
まとっていて、私たちの目に見える可視光では円盤の中の方や原始星そのものを見る
ことはできません。そこで坂井さんはおうし座にあるL1527と呼ばれる分子雲を電波で

観測しました。南米チリにあるALMA(アルマ)望遠鏡を使ったそうです。電波で観測
することで、原始星の周りの塵の化学組成の変化を研究しているそうです。これまでは
円盤の外側のガスや塵は原始星の周りを回転しながら、とどまることなく原始星に落ち、
化学組成が円盤のなかで急激に変化しないと考えられていましたが、L1527ではガスが
落ちる途中、原始星から100天文単位のあたりで劇的な化学変化が起きていることが
わかったそうです。これは遠心力でガスがとどまって原始星に落ちにくくなっている
ことが原因と考えられています。100天文単位は太陽系とほぼ同じ大きさであり、
このような劇的な化学変化は私たちの太陽系も経験した可能性があります。太陽系
形成の歴史も解き明かすことができるかも知れません。

春休み中ということもあり、本日は多くの小中学生がいらっしゃいました。
今回のライブショーでより天文学や宇宙に興味を持たれた方も多いのでは??
もしかしたら将来研究者になる人もいるのかも...。

科学ライブショー「ユニバース」は毎週様々な案内役、ゲストを迎えて科学に関する
話題を紹介しています。シンドラームへどうぞお越し下さい!

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月 5日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..