Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2014年05月31日

5月31日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)が
案内役を務め、ゲストに長谷川雅也さん(高エネルギー加速器研究機構)を
迎えお送りしました。

まず、はじめは今日の星空を紹介しました。星座絵と共に本日の星空を
楽しみました。星座の由来となるギリシャ神話の解説とともに眺める
星空は一味違って見えて素敵でした。また、実際に現在の星空は、火星、
木星、金星が共演していてとてもきれいです。みなさんも、夜空を見上げて
惑星の共演を楽しんでみてはいかがでしょうか?

星空を楽しんだ後は宇宙の世界へ。「太陽系の姿」のコーナーです。人工
衛星ひのでから見るコロナ、国立天文台から観測する黒点など様々な画像を
ご覧いただき、より太陽が身近に感じられました。太陽系の惑星を間近に眺め、
さらに遠い世界へ。天の川銀河を飛び出していきます。銀河の世界のお話です。
迫りくる星々や銀河の世界は幻想的で、宇宙旅行をしている気分になりますね。
迫力満点の銀河や宇宙の映像は、3D上演の醍醐味です。ご覧になりたい方は
シンラドームまで足を運んでみてくださいね。

最後に、「ゲストコーナー」です。長谷川雅也さん(高エネルギー加速器
研究機構)に「宇宙最古の光でビックバン以前の宇宙を探る!」という
テーマでお話しいただきました。宇宙の背景放射というものをご存知ですか?
近年まで宇宙は、ビックバンにより生まれたと言われていました。そんな
宇宙が誕生したと言われる138億光年前の光、つまり、私たち人間の観測
できる地球から最も遠い場所から届く光が宇宙マイクロ波背景放射です。さて、
「言われていた」と過去形で書きましたが、ビッグバンの前にインフレーションが
起こった、という仮説が立っています。これが本日のテーマです。
インフレーションとは、宇宙が一瞬にしてアメーバ位の大きさから銀河の大きさに
まで加速膨張する現象のことを言います。2014年3月、BICEP2(注1)がBモード
偏光(注2, 3)の観測に成功しました。

さて、光が振動する方向は一般に様々です。インフレーションが起こらなかった
場合の宇宙最古の光は様々な方向に振動する光の重ね合せなので、偏光がないと
予想されます。それに対し、インフレーションが生じるとある一定の方向に振動
する光のみが残り、他の様々な方向に振動する光は消えてしまいます。つまり、
「偏光」が生じるのです。具体的には、宇宙マイクロ波背景放射を観測すると
Bモードと呼ばれる渦巻き模様が観測できるのだそうです。BICEP2がBモード
偏光の観測に成功したことにより、インフレーションの存在が仮説として
成り立ちました。しかし、まだまだ検証が必要な段階です。本日のゲストの
長谷川さんが所属するPOLARBEARグループ(注4)も、チリのアタカマ高地の電波
望遠鏡からこの観測を行っています。とても性能のいい望遠鏡を用いることで、
現時点でインフレーション以外に起因するBモード偏光の観測に成功している
そうです。いつか近い将来、インフレーション由来のBモード偏光の観測に
成功する日が楽しみです。宇宙誕生の秘密が解明される日が近いと思うと
わくわくしますね。今後に乞う御期待です!

科学ライブショー「ユニバース」では毎週さまざまなゲストを迎え、科学の
話題をお送りしています。ぜひお越し下さい。

(注1)
BICEP2は宇宙マイクロ波背景放射を観測する専用の望遠鏡。南極点に設置
されている。
(注2)
光は進行方向に垂直な方向に振動する波である。この振動する方向がそろって
いる光を偏光という。
(注3)
光の振動する向きがある点を中心に渦巻き上に分布している状態をBモードという。
(注4)
POLARBEARグループは日本の高エネルギー加速器研究機構をはじめとする、
様々な国の研究所が参加して、宇宙背景放射の偏光観測し、宇宙論の研究を
行なっている。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月31日

2014年05月24日

5月24日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、亀谷和久(東京理科大学)を
案内役にお送りしました。

まず「太陽系の姿」と題して、専用メガネをかけていただき、迫力満点の
3Dシミュレーション映像で宇宙の様子をご覧いただきました。科学技術館
からの星空を再現し、北斗七星やうしかい座、おとめ座やさそり座など、
夏の星座も見ることができました。さらに太陽系を飛び出し、宇宙旅行
気分を楽しんでいただきました。

次に「ライブ天体観測」のコーナーでは、アメリカにあるヤーキス天文台の
ビビアンさんに、インターネットを介してリアルタイムでご出演いただき
ました。ライブショーをおこなう日本の14時過ぎは昼間ですが、地球の
反対側にあるアメリカは夜で天体観測ができる環境です。時差を利用し、
本日はきりん座流星群のもとになる彗星や、M51、M13など、撮影したての
最新画像を見ながら、解説していただきました。


linear.gif
図:きりん座流星群のもとになるリニア彗星
m13.png
図:M13 球状星団
m51.png
図:M51 子持ち銀河

最後に「ゲストコーナー」では、潮田知彦さん(宇宙航空研究開発機構(JAXA)/
beyond) をお迎えし、「宇宙×芸術」をテーマにお話いただきました。
「宇宙」と「芸術」と聞くと意外な組み合わせに思われるかもしれませんが、
その歴史は長く、スプートニク1号が打ち上げられた1957年にも構想されて
いた芸術家の方がいたそうです。「重力が地球の100万分の1」「外が真空
状態」「宇宙放射線があり」「広大な規模を誇る」などの特徴を活かし、様々な
アーティストによって多くの作品が生み出されているとのことでした。本日の
講演では、「お地球見」「Spiral Top」「飛天」などの作品を紹介して
いただきました。より詳しい展示は、6月7日から8月31日の期間に東京都現代
美術館にて開催される「ミッション〔宇宙×芸術〕」にて見られるそうです。
興味のある方は、ぜひ美術館に足を運び見に行っていただければと思います。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週さまざまなゲストを迎え、旬の科学
トピックスなどをテーマにお送りしています。ぜひお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月24日

2014年05月17日

5月17日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
上演いたしました。

本日はまず、ミクロな「分子の世界」を体感しました。私たちの体にたくさん含まれる
「水」の分子は酸素のボディーに水素の腕が2本ついた格好をしていることをみんなで
確認しました。また、大人しか飲めない「アルコール」は犬みたいな分子構造を
しているんですね。とても可愛いです。調味料シリーズ、ビタミンシリーズの分子構造は
みんなでクイズをしながら一つずつ追っていきました。砂糖やお酢などが炭素や酸素の
原子がたくさん連なった複雑な構造をしているのに対して、塩はナトリウムと塩素が
交互に規則的に配列した様な結晶構造をしているのですね。塩の結晶を構成する原子は、
普段室温ではふらふらとゆれた状態でいますが、これが800度やそれ以上の温度になった
ときにどうなっていくのか、という日常生活ではなかなかお目にかかれない体験も
しました。

この塩を構成しているナトリウムと塩素は、引き合ったり反発したりしているんですね。
でも世の中には引き合っているだけの関係で成り立っているものもあるんです。
それは太陽系です。この太陽系は太陽と惑星の間に働く引力で成り立っていますが、
それぞれある一定の速さで太陽の周りを回っている惑星たちは、速さを変えると
どうなるのでしょうか。シミュレーションを使って確認すると、地球が太陽の周りを
回転する速さが速いほど、遠回りするようになり、実は一年は長くなってしまいます。
不思議ですね。でも物理学的にみれば、これは自然なんだそうです。
太陽系に太陽が二つ以上存在したらどうなるか?について、実際に太陽をいくつか
追加して実験してみました。太陽の周りを回っていた惑星たちが新しく出来た太陽に
ひきつけられたり弾き飛ばされたりしている様子が見られました。そんなことが
起こった日には太陽の光が適切に地球に届かなくなり、人類は滅亡してしまいますね。

次に、地球から見える星座と、地球から一番近い恒星であるαケンタウルス座から
見える星座をみんなで見比べてみました。地球からみると星たちは全部同じような
位置に存在していると思いがちですが、実は一つの星座を形成してる星たちは
地球からの距離が全然違っているのですね。

科学ライブショー「ユニバース」ではゲストを呼んで、科学の話題のお送り
することもあります。ぜひお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月17日

2014年05月10日

5月10日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
上演いたしました。

最初のコーナーでは本日の星空を眺めました。19時半ごろの空は西の空に木星と
冬の星座が、南には火星と月、そして土星が輝いています。春の星座である
おとめ座のスピカや、日本では麦星と呼ばれるうしかい座のアルクトゥールスとの
色の対比が綺麗ですね。夜半すぎには、夏の大三角もあがってきます。そろそろ
夏です。残念ながら、東京の夜空では星があまり見えません。そこで、天文学者
たちは、海を越えて高い山の上に天文台を作っています。

本日の「ゲストコーナー」では、日本の誇るすばる望遠鏡とALMA望遠鏡の観測所、
シンラドームを結ぶ3元生中継でお送りしました。まず、藤原英明さん
(国立天文台ハワイ観測所)に「すばる望遠鏡観測室からアロハ!」という
タイトルで、標高4200mのハワイ・マウナケア山頂からお話していただき
ました。すばる望遠鏡は口径8.2mの鏡を持った、世界最大級の望遠鏡です。
日本から来た研究者たちが観測している様子を映像で写しながらご紹介
いただきました。

中西康一郎さん(国立天文台/合同アルマ観測所)には「アルマ望遠鏡 アタカマ
砂漠の観測室から」というタイトルでお話ししていただきました。アルマ観測所には
60台を越すパラボラアンテナがあり、これらをあわせて一つの大きな電波望遠鏡と
して使います。国際色豊かな研究所の観測風景や、研究の内容についてお話して
いただきました。中西さんはスターバースト銀河と呼ばれる、天の川銀河に比べて
10〜1000倍ほどの星を作る銀河を研究されているそうです。成果が発表される
日が楽しみですね。

その後、地球からはなれ、太陽系の惑星や小惑星帯を近くまで見に行きました。
太陽系から離れ、銀河系や、様々な形の銀河、宇宙の果てまでの宇宙旅行をした後、
地球の東京まで帰ってきました。土星の環をくぐり、太陽系外縁天体の群れを
通過すると客席からは歓声があがっていました。

ユニバースでは毎週土曜日に天文学を始め、様々な科学の話題をお送りしています。
ぜひ3Dで飛び出す宇宙の世界をお楽しみください!!

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月10日

2014年05月03日

5月3日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は片岡龍峰(国立極地研究所)が
案内役を務め、上演しました。オーロラ特番ということもあり、満員のお客様を
お迎えしての上演となりました。

オーロラ特番ではまず、全天のオーロラの映像をご覧いただきました。その後、
オーロラの仕組みやオーロラを作るのに必要なもの、オーロラはどこで光っているか
などについてクイズを通して説明しました。オーロラを作るには、太陽風・地磁気・
大気の三つが必要だそうです。最後に、オーロラの立体映像をご覧いただきました。

「ゲストコーナー」はダブルゲストでお送りしました。一人目のゲストは福田陽子さん
(東京大学大学院理学系研究科、第54次南極地域観測隊越冬隊)をお招きし、「南極・
昭和基地ってどんなところ?」というタイトルでお話いただきました。

秒速34.5mのブリザードの映像に驚いているお客様もいらっしゃいました。その後、
昭和基地までの行き方や観測隊のお仕事、昭和基地のバーチャルツアー、基地での食事、
昭和基地で見られる動物について映像を流しながらお話いただきました。福田さんは
オーロラの観測のために滞在していたそうですが、気象や地震の観測、通信士、大工、
設備の修理をする方など他にもたくさんの仕事があります。昭和基地のバーチャル
ツアーでは、昭和基地内の様子が実際にそこにいるようによく分かりました。

二人目のゲストは柴山拓也さん(名古屋大学)をお招きし、「母なる太陽のちょっと
こわい話」というタイトルでオーロラが起きる原因でもある太陽フレアについて最新の
研究をお話いただきました。

大きなフレアが起こると衛星が大気圏に落ちてしまったり、変電所の変圧器が大破して
しまったりすることもあるそうです。フレアの規模とどのくらいの頻度で起こるかを
表したグラフと、太陽に似た星の明るさの変化(40日間)を表したグラフを見ながら
説明していただきました。太陽に似た星を八万個観測して、研究したそうです。その
結果1000年に一回程度、通常の100倍のフレアが起こるとわかったそうです。そう
いったフレアがもし太陽で起こったらどうなるのか、今も研究を進めているそうです。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週さまざまなゲストを迎え、科学の話題をお送り
しています。ぜひお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月 3日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..