Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2014年06月28日

6月28日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)が
案内役を務め、お送りしました。

最初は「太陽系の姿」のコーナーです。大迫力の3D映像で、宇宙から見た
太陽系の姿を紹介しました。国立天文台で観測した太陽の写真をみると、
表面の画像に黒いしみのような点が見えます。これは、黒点といって、
太陽活動が活発な証拠なんですよ。

続いて、地上から見た星空をご覧いただきましょう。北の夜空を見上げると、
そこには北斗七星があります。ひしゃくに見立てたときの柄の部分をのばして
いくと見つかる明るい星、アークトゥルス、スピカ。それにデネボラを加えて
結んでできる三角形が春の大三角です。南の空には夏の星座が見えています。
赤い星アンタレスがあるさそり座や、こと座のベガ、わし座のアルタイル、
はくちょう座のデネブを結んでできる夏の大三角も見ることができます。

「ライブ天体観測」のコーナーでは、ヤーキス天文台のケビンさんとつないで
お送りしました。日本では、梅雨の季節でなかなか星空を見ることはできませんが、
ヤーキス天文台では、空はきれいに晴れていました。M57という環状星雲、M51
という子持ち銀河、土星とその衛星たちの画像です。M51は、きれいな渦巻きを
した銀河の下に小さい銀河が写っていて、とても美しい写真でした。


our-view-of-sky.png
図:ヤーキス天文台からみた夜空
m57.png
図:M57 環状星雲
m51.png
図:M51 子持ち銀河
saturn.png
図:土星とその衛星。緑の円の中に衛星が写っている。

最後のコーナーは「ゲストコーナー」です。本日のゲストは、国立天文台の
石川真之介さんです。「ロケットで太陽観測」というタイトルでお話いただきました。
石川さんはロケットにX線や紫外線を観測できる望遠鏡を載せて宇宙へ打ち上げ、
太陽表面での爆発現象である太陽フレアの研究をされています。X線や紫外線は
大気に吸収されて地上には届かないため、宇宙空間で観測するそうです。石川さんの
研究チームでは観測装置や解析ソフトも自分たちで作っています。石川さんの
チームが行なったFOXSI(The Focusing Optics X-ray Solar Imeger)
ロケット実験では、NASAのホワイトサンズミサイル実験場からロケットが打ち
上げられました。その結果、これまでの観測衛星と比べて非常にきれいな画像を
撮ることができました。さらに、来年打ち上げ予定のロケットを組み立てている
ところです。これから太陽フレアの謎が解明されていくのが楽しみですね。

本日は雨にもかかわらず、満員のお客さんにお越しいただきました。科学ライブ
ショー「ユニバース」では、雨にも負けず、満天の星空や科学の魅力をお届け
しています。皆様も、星空を見上げに「ユニバース」へお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 6月28日

2014年06月21日

6月21日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
上演いたしました。

はじめにアラスカのオーロラの映像を立体で見ていただきました。このシンラドームで
見る立体オーロラは実際のオーロラを特殊な方法で撮影し、とてもきれいなものです。
ぜひ一度見に来て下さい。オーロラの緑色に光っている正体は大気中の酸素です。

次のコーナー「分子の世界」ではこの窒素などの原子から構成される身の回りの分子に
ついてみなさんで見ていきました。みなさんがよく耳にするビタミンも種類によって
つくりが違うことが分かりましたね。色々な分子を見ていくとどれもゆらゆらと動いて
いました。これは温度が関係しています。氷は温度を上げると溶けて水になり、さらに
温度を上げると気体になりますが、食塩の場合はどうなるのでしょうか?

次のコーナーでは小さな世界から変わって大きな世界、太陽系を見ました。もしも
突然、太陽がなくなってしまったら惑星たちはどうなってしまうんでしょうか。実際は
起こりえないですが、みなさんと予想しながらさまざまな実験ができました。

「ゲストコーナー」では国立天文台チリ観測所の廿日出文洋(はつかでぶんよう)さんに
「塵の向こうの巨大爆発−アルマ望遠鏡で探るガンマ線バーストの発生環境」という
タイトルでお話いただきました。廿日出さんはチリ観測所で望遠鏡の建設や運用に
携わっており、ガンマ線バーストの研究をされているそうです。皆さんが夜見る星にも
一生があります。宇宙に漂うちりやガスが集まり、太陽のように自ら輝く星が誕生します。
太陽よりも重い星は超新星爆発という爆発を起こし、その一生を終えます。ガンマ線
バーストとはこれよりもさらに重たい星が一生を終えるときの大爆発で宇宙最大級の
爆発現象です。その多くは光の速さでも数十億年かかってしまうほど遠くで起きて
いるそうです。今回は43億光年離れたガンマ線バーストを再現した映像を見せて
いただきました。ガンマ線バーストの周りにはちりや分子ガスが漂っている様子が
わかりました。廿日出さんはおよそ10年にわたって長野、チリ、フランスなどの干渉計や
望遠鏡で、ガンマ線バーストが発生した銀河での分子ガスの観測を行ってきた
そうですが、分子ガスの信号をなかなか検出することができず、世界最高性能の
望遠鏡であるアルマ望遠鏡ができて初めて検出できるようになったそうです。
ALMAで観測されたガンマ線バーストが起きた銀河の分子ガスの信号や写真も
見せていただきました。数十億光年も遠くで起きている爆発が様々な望遠鏡を
使うと見ることができるということは驚きです。ガンマ線バーストの正体に迫って
いくことで星の一生の謎が解明されていくかもしれませんね。

本日6月21日は一年で最も昼が長い夏至でした。これから本格的な暑さを迎え
ますが、お近くにお立寄りの際は少し涼みに、そして科学の魅力を感じにぜひ
科学ライブショー「ユニバース」にお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 6月21日

2014年06月14日

6月14日@科学技術館

本日のユニバースは伊藤哲也(国立天文台)が案内役を務め、上演いたしました。

まずは今日の星空を眺めました。今の季節は昼の時間が長いため、夜8時ごろに
ならないと星が見えません。しかし、最近は惑星がたくさん見える時期でもあります。
西の空低くにふたご座と木星、南の空にはおとめ座と火星、てんびん座と土星が
輝いています。東の空には夏の星座の代表であるさそり座を見ることができます。
科学的根拠はありませんが、昔の人は星座を形作る恒星の間を動いていく惑星の
動きを不思議に思い、これを地上に起きることと結びつけて星占いを作りました。

「ライブ天体観測」のコーナーでは、ヤーキス天文台のケビンさんとインターネットを
繋ぎ、お話をしました。土星やその衛星の様子、子持ち銀河、球状星団、またペリカン
星雲といった天体の写真を見ることができました。


saturn.png
図:土星とその衛星。緑の丸の中に衛星が写っている。
m51.png
図:M51 子持ち銀河
m5.png
図:M5 球状星団
pelican.png
図:ペリカン星雲


地上から宇宙へ飛び立ち、太陽を離れ天の川銀河までたどり着いたところで「ゲスト
コーナー」
へ移りました。本日は藤井通子さん(国立天文台理論研究部)に「重力が
作り出す銀河のうず巻き」というテーマでお話をしていただきました。私たちの住む地球の
ある天の川銀河はとても大きく、その中の太陽系は秒速200kmという非常に速いスピードで
銀河中心の周りを回転しています。それにもかかわらず、銀河を1周するのに2億年もの
時間がかかります。天の川銀河のような大きな天体の形を知るときには、星の距離を測る
方法と、コンピューターを使ってシミュレーションするという方法があります。今回は、
3千万個の星とそれぞれに働く重力を計算した結果の映像を見せていただきました。

はじめに、円盤状に集まった銀河中心の周りを回転するたくさんの星があります。星と
星のあいだに重力がはたらくことで、この円盤にうずまきの模様があらわれ、しばらく
すると銀の腕の部分が作られました。その腕はちぎれたり繋がったりを繰り返しながら
回転しています。20年ほど前のシミュレーションでは、計算できる星の数は3万個ほどで、
腕の形が崩れていくという結果になってしまいました。しかし、コンピューターの進化に
よって、より多くの星の運動を計算することができるようになり、腕は100億年経っても
消えずに存在できるという結果を得ることができました。もっとコンピューターが進化
すれば、実際の銀河のように1000億個の星で計算したり、地球のような惑星も含めた
シミュレーションもできるようになるかも知れませんね。

最後に銀河からもっと離れ、銀河団、宇宙の大規模構造、そして宇宙背景放射を見に行
きました。宇宙背景放射はビッグバン説の証拠となる光で、どこでもほぼ均一ですが、
10万分の一程度の非常に小さなムラがあります。先日、このムラにインフレーション
理論を裏付ける証拠があるかもしれないという発表があったそうです。インフレーション
理論とは日本人の佐藤勝彦さんが考えた理論で、ビッグバンの前、一瞬のうちに宇宙が
とてつもない勢いで広がっただろうという説です。まだ観測が不十分だそうですが、
確定すれば佐藤さんにはノーベル賞が出るかも知れません。観測結果が楽しみですね。

ユニバースでは毎週さまざまな科学に関する内容を紹介していきます!
ぜひ友達やご家族と一緒にシンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 6月14日

2014年06月07日

6月7日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
上演いたしました。

まず最初に本日の星空を眺めました。大雨に見舞われている今日この頃ですが、
もし晴れていたら、夏の大三角やさそり座を見つけることが出来ます。星座に
含まれない星もあります。それは地球と同じく太陽の周りをまわる惑星です。
22時ごろには、南の空に土星と火星を見ることが出来ます。土星は衛星を60個
以上持っており、そのなかでもエンケラドスは表面が氷で覆われていますが、
地下には海があるのではないかと考えられています。また火星探査機は、地球の
マウナケアによく似た火星の姿や、火星から見た地球を含む星空の写真を撮って
います。

こういった惑星たちはどのように作られるのでしょうか。本日の「ゲストコーナー」
では兵庫県立大学西はりま天文台の伊藤洋一さんから「惑星誕生」というテーマで
お話いただきました。
太陽系は何歳でしょうか?またどのようにして誕生したのでしょうか?伊藤さんは
太陽系以外の星、おうし座の方向にある赤ちゃん星をすばる望遠鏡を使って、惑星
誕生の仕組みを探っています。おうし座GG星は、太陽と同じくらいの大きさの
双子星から成り、その周りにはドーナツ状の円盤があります。この円盤から惑星が
生まれるのではないかと考えられています。おうし座DH星の近くには、暗い星が
見つかっています。この星は重さが木星の11倍から40倍と考えられており、産まれた
ばかりの惑星である可能性があります。これらの星は100万年ほどの年齢をもつそう
です。100万年と聞くと歳をとった星であるような気がしますが、太陽に比べると
非常に若く、人間に例えると産まれてからわずか3日しか経っていないそうです。
伊藤さんはおうし座を見つめ続けて20年だそうです!惑星誕生の謎が解き明かされる
のが楽しみですね。

最後に、天の川銀河を出て、様々な銀河を眺めつつ宇宙の果てまで宇宙旅行をして、
地球に帰ってきました。今日のライブショーはクイズに答える子供たちの声がとても
賑やかでした。みなさんが大きくなるころには地球のように生命のある惑星が
見つかるかもしれませんね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストを呼んで、科学の話題を
お送りしています。ぜひお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 6月 7日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..