Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2014年07月26日

7月26日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を
務め、上演いたしました。

まず最初にここ数日の暑さの源である太陽に着目しました。梅雨が明けて
からの一週間、埼玉大学にある望遠鏡では特殊な装置を取り付けて、太陽を
毎日観測しました。写真から太陽の黒点や白斑が移動していることが観察でき、
太陽が自転していることがわかりました。今晩晴れたら一列に並んで見える
土星、火星、スピカを眺めました。

アメリカのヤーキス天文台とインターネット中継し「ライブ天体観測」をお送り
しました。ヤーキス天文台で観測した土星やM57という星の死後の姿(環状星
雲)、M31(アンドロメダ銀河)の写真を見せていただきました。


saturn.png
図:土星とその衛星
m57.png
図:M57
m31.png
図:M31

「ゲストコーナー」では、秋田谷洋さん(広島大学宇宙科学センター)に「日本の
大学望遠鏡の連携プレーで探る爆発天体」というタイトルでお話をしていただき
ました。

現在世界では、すばる望遠鏡のように、10mほどの鏡を持つ大きな望遠鏡が
活躍していますが、日本の0.5〜2m程の小さな望遠鏡たちは協力・連携して
観測を進めています。科学技術が進歩してもお天気にはかなわないので、雨や
曇りで観測できないときには、小さな望遠鏡たちはお互いに連携を取って、
晴れている観測所で観測します。そうして、いつでもどこかで天体をとらえられる
ようにしているそうです。その特色を活かして、超新星爆発やガンマ線バースト
など急に明るさが変わる天体などの観測を行なっているそうです。さらに、この
ような小さな望遠鏡を持つ大学(広島大学、埼玉大学など)では、星空観望会も
行なっています。是非みなさんの目でも天体を眺めてくださいね。

最後には、惑星を一つ一つ見ながら太陽系を飛び出し、宇宙旅行をしました。
広い宇宙の中で生命があるとわかっている惑星は地球だけです。近い将来、
生命がある第2の地球が見つかるかもしれませんね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週さまざまなゲストを迎え、科学の
話題をお送りしています。せひお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月26日

2014年07月19日

7月19日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)が案内役を
務め、お送りしました。

最初は「太陽系の姿」のコーナーです。3D映像で、宇宙空間から太陽系を眺め、
間違え探しやクイズをまじえながら太陽系の惑星を順に見ていきました。
その後、国立天文台で観測した太陽の写真を見ました。最近は太陽の活動が
活発で、黒点と呼ばれる黒いしみが7月8日の画像ではたくさん見られ、
大きな黒点も出現しました。一方、7月17日の太陽の画像では黒点が全く
見られませんでした。活発な時期に黒点が野現れないのは珍しいそうです。
次に「ひので」という衛星から観測した太陽の画像を見ました。明るく見える
部分は黒点のある部分です。続いて、宇宙空間から地球に降りて今日の星空を
見ました。火星に似た赤い星アンタレスを含むS字の星座、さそり座、その
さそり座を弓矢で狙っているかのように見えるいて座などが見られます。
こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブを結んだ夏の
大三角は東京でも見ることができるので、ぜひ探してみてください。

次のコーナーは「ゲストコーナー」です。本日のゲストは宮崎聡さん(国立天文台
先端技術センター・ハワイ観測所HSCプロジェクト室)です。「すばる望遠鏡の
新カメラHyper Sprime Cam」というタイトルでお話いただきました。暗い
天体を見るため、目で望遠鏡をのぞくことはせず、カメラで撮影して観測します。
一度に広い範囲を撮影するため、高さ3メートル重さ3トンの大きなカメラ
Hyper Sprime Camを使っています。望遠鏡に取り付けるのに半日ほどもかかる
そうです。そのカメラで撮影したアンドロメダ銀河の画像を見ていただきました。
視力1の人が分解できる最小の角度を1分角として、宇宙空間には1分角四方あたり
40から50以上の銀河があるそうです。最後にそのカメラで撮影した画像をつなぎ
合わせて作った宇宙空間の一部の画像を見ました。拡大すると、銀河がたくさん
写っているのが分かりました。

最後に地球を飛び出して、銀河系から宇宙の果てまで行って地球に帰ってきました。
いつかこんな宇宙旅行が実現すると良いですね。科学ライブショーユニバースでは
毎週様々なゲストを招いて、科学に関する内容を紹介しています。ぜひシンラ
ドームに足をお運び下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月19日

2014年07月12日

7月12日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、伊藤哲也(国立天文台)が案内役を務め、
お送りしました。

はじめに本日の星空をご覧いただきました。西の空を見上げると、しし座やおとめ座が
見えます。おとめ座の近くには火星、少し南を向くと、てんびん座があり、そばには
土星が見えます。また、今年の七夕は東京では天気が悪く見えませんでしたが、南の
空には織姫星と彦星にあたる、はくちょう座のベガとわし座のアルタイルが見えます。
この間に天の川もあります。みなさんも、夏の夜空を見上げてみてくださいね。

続いて「ライブ天体観測」のコーナーです。アメリカのヤーキス天文台のビビアンさんと
つなぎました。ヤーキス天文台は曇りでしたが、ビビアンさんは他の場所にある望遠鏡を
遠隔操作をして天体写真を撮ってくださいました。1枚目の画像はオーストラリアの
望遠鏡で撮っていただいた月の画像です。月のクレーターがとても美しい写真でした。
2枚目の画像は天王星とその周りを回る月です。天王星は一番大きなティタニアという
月をはじめとして、たくさんの月を持っています。3枚目の画像は小惑星
ジェーンシックです。この小惑星は火星のすぐ近くの軌道を通っていて、いつか火星に
衝突するかもしれないそうです。そのほかにも、カリフォルニアにある望遠鏡を遠隔
操作して撮影していただいた月の写真や、環まで見える土星の写真も見せて
いただきました。


moon.png
図:月
uranus.png
図:天王星とその月
janesick.gif
図:小惑星ジェーンシック

最後は、「ゲストコーナー」です。本日はアメリカのコロラド州にあるデンバー
自然科学博物館からカ・チュン・ユさんにお越しいただきました。カ・チュン・
ユさんに「ドームで見る動物たちの大移動」というタイトルでお話していただき
ました。みなさんは、くじらが季節ごとに海を渡って旅をしているのをご存知
でしょうか。くじらは、冬はハワイなどの暖かい海域にいますが、夏になると
北上し、オホーツク海などの北の海にやってきます。では、どうしてくじらは
旅をするのでしょうか。その理由は植物性プランクトンの分布が季節によって
変わるからです。人工衛星によって観測された植物性プランクトンの分布を
見てみると、冬は植物性プランクトンが全体的に少なく、分布がハワイ周辺
等の南に偏っており、夏になると光合成が盛んになり、植物性プランクトンは
増えながら北上します。その植物性プランクトンを動物性プランクトンが食べ、
動物性プランクトンをクジラが食べます。そのため、植物性プランクトンが
増えると、くじらはそれを追って旅をするというわけです。

海ガメも旅をします。南米のメキシコで飼われていた海ガメを海に放すときに、
GPSと無線機を載せて放しました。すると、海ガメは1年もかけて太平洋を
横断し、私たちの住む日本まで旅をしたことがわかりました。海ガメが旅した
距離は、1万キロメートルもの道のりです。こんなに遠くまで海ガメが旅を
することが証明されたのは初めてのことだそうです。とても驚きですね。

ユニバースでは、プランクトンから宇宙の果てまで、ドームでの美しい映像を
使って紹介していきます。みなさんも、ぜひ足を運んでみてくださいね。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月12日

2014年07月05日

7月5日@科学技術館

本日は亀谷和久(東京理科大学)の案内のもと上演いたしました。

もうすぐ七夕ですね。天気がよければ、東京でも20時ごろ東の空に織姫星(ベガ)と
彦星(アルタイル)が見えます。もう一つ、デネブも加えれば夏の大三角の完成です。
近くにはいるか座、南の空にはさそり座なども見ることができます。

宇宙へ飛び出して、地球をどんどん離れると地上から見える星座の形が崩れていきます。
いろいろな距離にある星を結んでいたのですね。

そのまま天の川銀河を飛び出すと、銀河の世界が広がります。銀河は密集している
ところと、そうでないところがあります。みなさん、手を伸ばして銀河をわしづかみ
しようとしていました。

「ゲストコーナー」は日下部展彦さん(国立天文台)に「七夕とアジアの星物語」と
題してお話していただきました。

七夕といえば、短冊に願いごとを書いて笹にくくりつける風景を思い浮かべる
かもしれません。笹を飾るのは江戸時代のころからあったようです。七夕のお話の
起源は奈良時代にさかのぼります。中国の伝説と日本の羽衣伝説が融合して
できたと言われています。旧暦の7月7日は乞巧奠(きっこうでん)と呼ばれる
祭事が行なわれ、裁縫などの上達を願ったそうです。

中国以外にもアジアの各地域に様々な伝説があることも紹介していただきました。
各地の伝説は「アジアの星物語」という本で紹介され、13カ国、68のお話が
まとめられています。おもしろそうですね!

今年の8月2, 3日には「伝統的七夕ライトダウンキャンペーン」があります。
この機会にぜひ夜空を見上げてみてくださいね!

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月 5日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..