Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2014年08月30日

8月30日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は案内役を片岡龍蜂(国立極地研究所)が務め、北極特別番組を上演しました。

本日の「ゲストコーナー」は関川清広さん(玉川大学農学部・教授)をお招きし「ムシの目線になってみよう!〜北極圏(ツンドラ)と日本(温帯)の陸上生態系と植物たち〜」と題してお話していただきました。

スピッツベルゲン島にあるニー・オールスンという、人が住んでいる最北の町の周辺に見られる陸上生態系を紹介していただきました。ニー・オールスンでは、2014年は例年になく夏が来るのが遅く、7月でも雪が残り、日本の真冬の服装でも寒かったそうです。植物は大きくても5cm以下のコケ類や小型の種子植物等が生育していて、森林や草原はありません。他の地域に比べて小型のトナカイや、絶滅危惧種のホッキョクグマなど様々な珍しい動物も生息しています。次に、長野県の菅平高原の草原に設置してある「虫の目カメラ」で撮影された映像を使って、小人の目線になって、草原の1年の変化を楽しみました。

最後に3Dのオーロラ映像を見ながら、オーロラはどこで光っているのか、オーロラはなぜ光るのかを紹介しました。地球で見るオーロラは緑色が中心ですが、木星や土星で見るとピンク色に見えるそうです。これは地球に存在する植物が光合成によって作っている酸素が原因です。地球では酸素が光っているため緑色に見えて、木星や土星では水素が光っているためピンク色に見えます。

さらに、最新の研究結果でオーロラは全体を大きくみるとゆっくり動いていますが、細かく見るととても速く動いているということも紹介しました。

3Dのオーロラ映像が見られるのは世界中で「ユニバース」だけです。オーロラを見たいけど海外まで行くのが難しいという方はぜひシンラドームにお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月30日

2014年08月23日

8月23日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
上演いたしました。

はじめにオーロラを3D映像で見ていただきました。このオーロラは2台のカメラを
用いて特殊な方法で撮影したものです。室内で3Dのオーロラが見れるのはユニバース
だけかも知れません。来週のユニバースではオーロラ特番を上演いたします!ぜひ
見に来て下さい!

「分子の世界」のコーナーでは、どこの家庭にもある調味料や、さまざまなビタミンを
分子レベルの小ささで見ました。また、食塩を原子レベルの小ささで見て温度により
どのような動きをするかということも確認しました。

「ライブ天体観測」のコーナーでは、アメリカにあるヤーキス天文台で撮影された
様々な写真を見せていただきました。彗星やわし星雲、小惑星など望遠鏡を使って
撮影された写真のほかに、カメラで撮影されたヤーキス天文台の写真も見せていただき
ました。北極星を中心に星が回っている様子がとてもきれいでした。


c2014e2.png
図:彗星(Jacques)
2001_RZ11.gif
図:小惑星(2001 RZ11)
YerkesPerseids8-12-14.jpg
図:ヤーキス天文台からみた夜空と流星

次のコーナーでは、「もし突然太陽が無くなったら・・・」や「もし突然太陽が3つに
なったら・・・」など現実ではありえない状況をコンピュータでシミュレーションして
確かめました。

最後の「ゲストコーナー」では、木本圭子さん(アーチスト)に「リズムの発生」という
タイトルでお話していただきました。カエルやホタルは1匹1匹が自分のペースで
鳴いたり光ったりしているのに、なぜか他のカエルやホタルとそろってしまう。
ライブ会場では指揮者がいないのになぜかアンコールの拍手がそろうなどといった、
不思議な同期現象のお話をLEDホタルを使った実験の映像を見せながら紹介して
いただきました。また、人間が心地よいと感じるものには必ず「リズム」がある
そうです。木本さんはこの「リズム」を利用して芸術作品を制作しているそうです。

ユニバースでは毎週さまざまな科学に関する内容を紹介しています。ぜひ友達や
ご家族と一緒にシンラドームへお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月23日

2014年08月16日

8月16日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は伊藤哲也(国立天文台)が案内役を
務めお送りしました。夏休みも中盤にさしかかり、2回とも満員のお客様を
お迎えしての上演となりました。

まずは本日20時の星空をみなさんと見ていきました。今週は天文現象が目白押し
だったのですが、台風11号の影響や雲でなかなかきれいな夜空を見ることが
できませんでした。しかしこのシンラドームなら科学技術館から見える雲のない
夜空をいつでも見ることができます。西の空にはまだ春の大曲線を形作る星たち、
そして火星が見えました。その左隣に土星、さらに隣には火星によく似た赤い星、
さそり座のアンタレスが見えます。東にはみなさんご存知の夏の大三角が見えて
います。

次は地球から飛び出し、太陽系を見ていきました。8月12日はスーパームーンと
呼ばれる現象が起きていました。スーパームーンとは月と地球が最も近づき、
普段より大きく見える満月を指します。ではなぜ月の大きさが変わるのでしょう?
それは月の軌道に秘密がありました。月は地球の衛星として地球の周りを回って
いますが、その軌道は実は楕円を描いているのです。そのため、月と地球の距離は
日々変化し、見える大きさも変わるのですね。さらに8月12〜14日にはペルセウス座
流星群の極大を迎えました。流星群が毎年同じ時期に見られるのは彗星と地球の
軌道に関係があります。彗星が残した砂粒が地球に落ちてくることで、流星として
見えます。シンラドームでも流れ星を見ることができました。

さて、次は太陽系を離れ銀河宇宙の世界へ。太陽系のある天の川銀河はつぶれた
どらやきのような形をしており、横から見るとなにやら黒い筋が見えました。
これは地球から見る天の川にも同じように見られますが、実はガスや塵によって
光がさえぎられたために黒く見えてしまうのです。このガスや塵は星が形成される
材料であると考えられています。天の川銀河のほかにも宇宙には様々な形や大きさの
多くの銀河が広がっています。このような銀河を包み込む宇宙はどのような構造を
しているのでしょうか、宇宙の果ての謎に迫りたい方はぜひ確かめにお越しください。

本日の「ゲストコーナー」は久保田晃弘(くぼた あきひろ)さん(多摩美術大学・
ARTSAT)をお招きして「宇宙×芸術:芸術衛星から深宇宙彫刻へ」と題して
お話ししていただきました。今年の2月28日、多摩美術大学と東京大学によって
作られた芸術衛星INVADERが種子島から打ち上げられました。この衛星はキューブ
サットと呼ばれる大きさ10cm角、重さ1.8圓両さな衛星でH-IIAロケットで
打ち上げられる気象の観測衛星に相乗りしたものです。このINVADERは合成音声を
送信する機能や小さなカメラが搭載されており、本日は実際に宇宙から最初に
発信された信号“First Voice”の録音を聞かせていただきました。これは衛星が
きちんと機能しているかどうか確認する緊張の瞬間だったのだそうです。2回目の
上演ではちょうど日本の上空にINVADERが通過するということで、ライブで実際の
信号を聞くこともできました。久保田さんたちはこの衛星を使って、衛星に関連した
芸術作品を制作しています。さらに今年12月には、2つ目の芸術衛星としてDESPATCHが
はやぶさ2に相乗りし打ち上げられる予定です。こちらはINVADERとは異なり、大きさ
50cm角でうずまき状の形をしています。正面から見るとまるで花のよう。彫刻作品を
宇宙に打ち上げる世界初の試みです。世界中で協力し、電波を受信する予定なのだ
そうです。楽しみですね。久保田さんが所属しているARTSAT:衛星芸術プロジェクトも
参加している展覧会『ミッション[宇宙×芸術] コスモロジーを超えて』が東京都
現代美術館で8月31日まで行われています。この機会にぜひご覧になってはいかが
でしょうか。

最後は国際宇宙ステーションISSの話題をお届けしました。日本人宇宙飛行士である
若田光一さんは昨年11月から約6か月間ISSに滞在し、今年の5月無事帰還しました。
そして日本人で初めてISSの船長に就任し、全国各地でその報告会が開催されています。
シンラドームではISSの様子を3D CGで見ることができますが、実際に空を通過する
ISSは時間を調べて肉眼で観察することができます。詳しくは「きぼうを見よう」を
ご覧ください。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストをお呼びして科学の話題を
お送りしています。ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月16日

2014年08月09日

8月9日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、案内役2人での特別編成でお送りしました。
1, 2回めのライブショーは大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務めお送りしました。
3回目のライブショーは戎崎俊一(理化学研究所)がお送りしました。「ユニバース」の
創始者の戎崎俊一さんが久しぶりの案内役登板です。

まずは「本日の星空」から。昼下がりの青空。こんな時、星空を眺めるにはどうすればいい
でしょうか?みなさんにその方法をシンラドームで紹介しました。まずは一つめ、昼間の
空で太陽をご覧いただきました。望遠鏡で見た太陽の画像には黒点がたくさん見えます。
この頃の太陽はちょっぴり元気ですね。そして二つめ。時間を進めて東京の星空の
楽しんでいただきました。街明かりの多い東京。どれほどの星が肉眼で見えるのかな…
東京でも、織姫や彦星たちが見える夏の夜空に思いを馳せます。さて、8/12が何の
日かご存知ですか?シンラドームでは少し時間を進め、この日の深夜の星空を先取りしました。夜空を見上げると何やら流れるものが・・・!そう、8/12は流れ星が沢山見えます。
3大流星群の1つ、ペルセウス座流星群ですね。幻想的な映像に会場はどよめきました。
みなさんは流れ星に何をお願いしますか?

さて、そんな幻想的な夜空を見上げた後は昼間に星空を眺める3つ目の方法へ。
地球の夜の世界へと移動です。シカゴにあるヤーキス天文台のKevinさんに登場して
いただきました。「ライブ天体観測」のコーナーです。天文台で撮影された土星、
球状星団のM13、子持ち銀河M51の写真を解説していただきました。海を越えての
セッションはシンラドームならではですね。


saturn.png
図:土星
M13.png
図:M13
M51.png
図:M51

地上からの星空を満喫し、今度は視点を変えてみます。宇宙旅行の始まりです。
太陽系を内側から順に眺めていきました。木星の衛星イオの火山を紹介し、
科学ライブショー「ユニバース」だけで楽しめる土星の環くぐりをしました。
太陽系つながりで、宇宙シミュレーションのコーナーに突入です。もし、地球の
速度が遅くなったら、そしてもし太陽が突然消滅してしまったら、太陽系は
どうなってしまうのでしょうか?その結果はシンラドームで要チェックです。

どんどん遠くの宇宙へ行きます。太陽系の世界を越え、天の川銀河を眺めつつ、
さらに外へ。多彩な色と形をもつ銀河が数多く存在する世界を宇宙の果てまで
遊泳しました。迫りくる星、そして様々な銀河の姿、銀河が群れているために
できる泡状構造の世界を楽しんでいただけたようです。3D眼鏡をかけたみなさん、
手を伸ばして星々や銀河を掴もうとしていました。臨場感あふれる宇宙旅行が
みなさんの一夏の想い出となりますように。

シンラドームでは毎週異なるコンテンツをお届けしています。皆様とお会い
できる日を楽しみにしています。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月 9日

2014年08月02日

8月2日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は亀谷和久(東京理科大学)が案内役を務め、
お送りしました。8月に入り、本格的に暑さが増してきましたね。本日は太陽が強く
照りつけ青空の広がる科学技術館前の写真からスタートしました。そこから時間を
進めて今夜8時の星空を見ていきました。西の空にはまだ春の星座の星である
スピカやアークトゥルスが見えています。スピカの近くには火星や土星、月が並んで
います。真上には七夕の星であるベガとアルタイル、そしてその間に横たわるきれいな
天の川が広がっています。

実は本日8月2日は伝統的七夕であることをご存知でしたか?伝統的七夕とは
太陰太陽暦にもとづく七夕のことをいいます。この伝統的七夕の夜空を楽しもうと、
全国では様々なイベントが行われているようです。みなさんも今夜は不要な
明かりを消して夏の夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。

地上から星を見上げた後は宇宙から私たちの住む太陽系を眺めました。
太陽系の惑星はみんな個性的な大きさや見た目をしていました。そして太陽系
からどんどん離れていくと、私たちが普段見ている星座たちは姿を変え、恒星が
集まったきれいな円盤“銀河”が見えてきます。この銀河は織姫や彦星のいる
天の川の正体で天の川銀河と呼ばれています。天の川銀河のほかの銀河も
見てみると集まっているところやすかすかなところ、いろんな特徴が見られます。
さらに宇宙の果てまで行くと宇宙はどのように見えるのでしょうか。
ぜひ科学ライブショーで体感してください。

宇宙の果てまで見たところでもう一度太陽系へ戻って今度は私たちのよく知る
惑星たちの動きについてみていきました。惑星たちは太陽の重力の影響を
受けてそれぞれ回っています。では、もしそこへ太陽が2つ、3つ・・・と現れたら
どうなるのでしょう。実際には起こりえない、ユニバースならではの実験がご覧に
なれます。

そして本日の「ゲストコーナー」では吉川真(よしかわまこと) さん(JAXA)を
お招きして「『はやぶさ2』打ち上げに向けて最終準備中」というタイトルで詳しく
お話ししていただきました。

小惑星イトカワを探査し、劇的な帰還を遂げた「はやぶさ」。その経験を活かしより
レベルアップした小惑星探査機「はやぶさ2」が今年2014年の冬に打ち上げ、まだ
名前の無い小惑星1999 JU3を探査します。この小惑星はお団子のような形を
しており、直径は870m、イトカワの直径535mに比べると大きいくらいです。2018年
6月には小惑星に到着し「はやぶさ」と同じようにまずはサンプルを採集します。
そしてここからが新しい挑戦。衝突装置を上空で爆発させ、小惑星に人工クレーターを
つくり、着陸をして地下の物質を採集する予定です。表面と地下から物質を採集
するという世界初の試み、たいへん楽しみですね。このミッションのテーマは約46億
年前の宇宙(太陽系)を調べること、そして地球に落ちてきている隕石と小惑星の
関係を調べることなのだそうです。そこから私たち生命の原材料、太陽系の誕生と
進化を調べる具体的な資料になるのではないかと期待されています。2020年の
12月、東京オリンピックが終わるころに帰還する予定だそうです。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週さまざまなゲストを迎え、科学の話題を
お送りしています。夏休みも本格的に始まりました。ぜひ自由研究のテーマを
探しに科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月 2日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..