Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2014年09月27日

9月27日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
上演いたしました。

まず、今日の東京の夜空を見ました。夜の19時頃には夏の大三角が見えます。
南の方角にはさそり座の心臓部にある星アンタレス、その近くには火星、土星が
見えます。時間を進めて夜中の3時頃にすると冬の大三角や木星が見えて
きました。今度は日にちを進めて10月8日の夜空を見てみましょう。10月8日の
月を見てみると月が欠けたり、赤く見えたりします。これは部分月食、皆既月食と
呼ばれる天文現象です。月、地球、太陽が一直線に並び、地球が月に届く太陽の
光の一部を遮ることで起こる現象です。10月8日にもし空が晴れていたら、ぜひ
月を見て下さい。

アメリカのシカゴにあるヤーキース天文台とインターネット中継をする「ライブ天体
観測」
のコーナー。ヤーキス天文台の時間は夜の12時ごろで晴れていて星もよく
見えるそうです。オリオン座とアンドロメダ銀河とM57の写真を紹介しました。

「ゲストコーナー」では、山中大学(まなぶ)さん(独立行政法人海洋研究開発機構
(JAMSTEC)大気海洋相互作用分野)に「地球の観測におけるアジア」という
タイトルでお話していただきました。水があり、陸があるような星は今のところ地球
しか見つかっていません。陸があることによって、地球に暖かい部分ができ、雲が
生じます。熱帯に位置する国インドネシアでは毎晩起こる夕立が地面を冷やし、
打ち水効果となるので熱帯夜(気温が25度以上の夜)がありません。つまり、
熱帯の国インドネシアに熱帯夜はないことになります。一方、その周囲の大洋上
では、雲の発生する位置が変わったり、気温が変わったりするのは海水温の
変動によるものです。これら海陸両方の観測をアジアの国々が一緒になって
行なっていくことが、地球全体の気候の予測のためにも、今後大切になって
くるとのことです。

最後は地球を飛び出して、惑星を一つ一つ見ながら太陽系を飛び出して
宇宙旅行に出ました。土星の環をくぐったり、天王星の写真も眺めたり・・・
いつかこんな宇宙旅行が実際にできると良いですね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストをお招きして、
楽しい科学の世界を紹介しています。ぜひシンラドームに足をお運び下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 9月27日

2014年09月20日

9月20日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)が案内役を
務め、お送りしました。

最初のコーナーは「太陽系の姿」です。間違い探しや惑星の名前当てゲームをしながら
太陽系の惑星たちを眺めながら3D映像の中で宇宙旅行をしました。途中、小惑星の群れ
の中を通過するときには歓声が上がっていました。その後太陽の近くまで来て、実際
に観測した太陽の画像を見ました。太陽の活動が活発になると、黒点が増えたり、
フレアという爆発が起きたりします。このとき大量の高エネルギー粒子が地球に届くため、
今月フレアが起こったときはGPSへの影響や通信障害などが心配されていました。
幸いそこまで大きな爆発ではなかったため障害は起こらず、北極や南極ではきれいな
オーロラを観測することができたそうです。日本でも起こるかもしれないという予想も
あったそうですが、残念ながら見ることはできませんでした。

ここで一度地球に戻り、今日の星空を眺めました。20時ごろだと秋の星座を見ることが
できます。W字型の星座はカシオペヤ座といって、この星座からは北極星を見つける
ことができます。またカシオペヤ座のすぐ東には秋の四辺形と呼ばれる長方形の星の
並びがあり、ペガスス座の一部となっています。その付近にはカシオペヤの娘である
アンドロメダ座や夫のケフェウス座、そして神話の中でアンドロメダを化けくじらから
救った、ペルセウス座を見つけることができます。
ここでまた宇宙へ飛び立ち、天の川銀河を見渡せるあたりまでやってきました。銀河の
大きさはおよそ10万光年ですが、地球から見える、星座を成している星は地球から
大体1000〜2000光年くらいの距離にあります。このくらいの距離の星でないと暗すぎて
地球から観測できないのですね。

続いて「ゲストコーナー」では、小谷太郎さん(東京家政大学)をゲストにお呼びして
「理系あるある〜天文・宇宙物理篇〜」というタイトルでお話しいただきました。
天文学者と聞くと、どんな人を思い浮かべるでしょうか?天文台にいて、ひげを生やし、
夜になると天体望遠鏡をのぞいて・・・童話や絵本などでそういうイメージを持つ人が
多いと思います。では実際はどうなのでしょうか。

小谷さんは普段、天体をX線で観測し研究しているそうです。X線は地球の大気に吸収
されてしまうため、人工衛星や宇宙ステーションに取り付けた望遠鏡で観測します。
これらを打ち上げたり作ったりするのも天文学者の仕事です。
また研究するときには、望遠鏡を打ち上げた組織に、こんな星を観測したいという
提案を出して審査を受ける必要があります。これに合格すれば観測され、そのデータを
もらって研究することができます。データはただの数字の並びなので、これを解析する
必要があり、このときはコンピュータを使用します。つまり天文学者といっても
望遠鏡を覗くのはごく一部であり、その望遠鏡も宇宙空間を飛んでいるなら、昼間でも
観測することは可能です。


また、理論や計算といった研究を主にしている天文学者たちは、望遠鏡すら使わず、
コンピュータのシミュレーションだけで研究をするそうです。そういった人の中には
「私たちの住む宇宙では起こらない種類の衝突を計算で見つけた!」といったことを
言う人もいるそうです。イメージとずいぶん違っておもしろいですね。

最後に銀河系から宇宙の大規模構造まで飛んで行った後、一気に地球まで帰って
きたところでショーは終わりました。科学ライブショー「ユニバース」では、毎週
様々なゲストを招いて、科学に関する内容を紹介しています。ぜひシンラドームに
足をお運び下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 9月20日

2014年09月13日

9月13日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
上演いたしました。

まず、分子のミクロな世界を紹介しました。一番身近な分子である水分子は、
酸素原子に2つの水素原子がつながってできているんですね。その後も
アルコールや調味料などの身近なものが、ミクロにみるとどんな形をしているのか
見ていきました。お砂糖やお酢などは、炭素や水素などの原子がたくさん
つながってできているのですね。それに対して塩は、2種類の原子が交互に
規則的に並んだような構造をしていることがわかります。それぞれナトリウム、
塩素と呼ばれる2種類の原子たちが、温度を上げていったときにどのような
振る舞いをするか、シミュレーションで実験しました。シミュレーションでは
4000度まで塩の温度を上げてみました。

続いて、宇宙の話では、もしも太陽系から太陽が消えたらどうなるのか、
太陽系に太陽が2つ以上存在したら、地球や火星などの惑星はどうなるのか
見てみました。太陽系に太陽がいくつもあると、太陽同士がくるくる回ったりと、
通常の太陽系の動きからは想像できない、とても奇妙な動きをすることが
分かります。気になる方はぜひお越し下さい。

次に、アメリカのヤーキス天文台と中継をつなぎ、「ライブ天体観測」を行ない
ました。マイクさん、アマンダさんから、ヤーキス天文台で観測した写真を送って
いただき、それぞれについて説明していただきました。星が爆発したときに
ガスや塵などが空に舞っている様子や、きれいな光の粒がたくさん集まった
散開星団、天王星の月、それからプレアデス星団(すばる)などの写真を
皆さんと一緒に楽しむことができました。リアルタイムの中継に、お客様も
とても盛り上がっていました。


uranus.png
図:天王星とその惑星
ngc6910.png
図:散開星団
pleades_over_41_inch_dome.jpg
図:ヤーキス天文台とすばる

最後に、「ゲストコーナー」では東京工業大学地球惑星科学専攻の田畑美幸
(たはたみゆき)さんに「動物誕生の地球」というタイトルで、動物が誕生した
ときに地球がどのように変化したかについてお話いただきました。地球は
46億年前に誕生しましたが、実は生物が誕生したのはかなり最近の話で、
その中でも我々人間が誕生したのはもっと最近になります。では、一番最初に
生物が誕生したときに、地球ではどのようなことが起こっていたのでしょうか。
田畑さんは岩石の中の成分を解析することで、生物が誕生したときの地球を
調べているそうです。岩石の中には軽い炭素と重い炭素がありますが、この
軽い炭素と重い炭素の比(同位体比)を調べると昔の地球の状態について
様々な情報が得られるそうです。大昔、海にはたくさんの小さな有機物が
分散されたヘドロのような状態にありましたが、動物が誕生することによって、
それら小さな有機物は大きな有機物となって海の下に沈み、その結果、海が
今のような透き通る綺麗な状態になったそうです。石にはたくさんの地球の
歴史が刻み込まれているのですね。

本日も、たくさんのお子様にお越しいただき、とても楽しいショーを送ることが
できました。皆様もぜひ、科学の楽しさを実感しに「ユニバース」にお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 9月13日

2014年09月06日

9月6日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、亀谷和久(東京理科大学)が案内役を
務め、お送りしました。

まず、はじめに本日の星空をご覧いただきました。9月に入り、気温も下がって
きて段々と秋めいて来ましたが、今日の夜8時ごろには、さそり座や夏の大三角
など夏の星座が見られます。また、西の低い空には、土星と火星も見られるので、
惑星を探しに夜空を見上げてみてくださいね。

続いては地球を飛び出し、太陽系の惑星たちを順番に紹介しました。現在、
太陽系を探査するためにいくつか人工衛星が打ち上げられています。来年、
ニューホライズンズという探査機が初めて冥王星に到着する予定です。
冥王星がどんな姿をしているのか、今から楽しみですね。そして、太陽系から
どんどん離れて、天の川銀河を眺め、宇宙の果てへ。一つ一つの銀河には
数千億個の星があると思うと、宇宙の広大さを感じますね。

さて、次のコーナーは「重力の不思議」のコーナーです。地球が太陽を周る
速さが変わったら?太陽系から、ある日突然太陽が無くなったら?など、
コンピュータだからこそできる実験をしました。みなさんも、その答えを
たしかめに、ユニバースに来てくださいね。

そして、最後は「ゲストコーナー」です。本日は、ハワイにいる藤原英明さん
(国立天文台ハワイ観測所)とインターネットで中継して「すばる望遠鏡 季節の
話題」と題して、お話ししていただきました。ハワイは、日本から6400kmも
離れていて、時差は19時間もあります。すばる望遠鏡はハワイ島のマウナケア
という4200mもある山の上にあります。マウナケアの山頂は天文学の観測に
適した環境で、観測天文学の聖地と呼ばれることもあります。すばる望遠鏡は
鏡の直径が8.2mもある巨大で精密な望遠鏡です。本日は、マウナケアの山頂の
景色やすばる望遠鏡の中などを全周天画像を交えながら藤原さんに紹介して
いただきました。最近のすばる望遠鏡の成果として、くじら座の方向にある
天体についてお話していただきました。すばる望遠鏡では宇宙が生まれてから
最初にできた星の痕跡を残す、いわば「宇宙の二番星」の観測に成功したそうです。
このような星を観測することで、宇宙の初期の姿を明らかにすることにつながります。
これからも、すばる望遠鏡の最新成果にご期待下さい!

ユニバースでは、臨場感あふれる画像をつかって、宇宙の最先端の話題を紹介
しています。ぜひ、科学技術館にお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 9月 6日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..