Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2014年12月27日

12月27日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)が案内役を 務め、
上演しました。

まずはじめに「太陽系の姿」を上演しました。本日はたくさんの小学生のお子さんに
太陽系の惑星を「水星!火星!・・・」と元気よく答えていただきました。楽しんで
もらえたようです。

国立天文台で観測した最近の太陽活動も見ていきました。国立天文台の太陽観測所では
毎日太陽の観測をしています。また、本日の太陽の画像や、地球の何十倍の大きさの
黒点がある日の画像、そして、太陽観測衛星「ひので」で観測した太陽フレアやコロナの
画像を紹介しました。太陽フレアは太陽で起こる爆発現象で、オーロラや電波障害を
引き起こすこともあります。

太陽に続いて、本日の星空を見ていきました。オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座の
シリウス、こいぬ座のプロキオンを結んだ「冬の大三角」を目印に、多くの一等星を
都会でも眺めてみてください。

「ライブ天体観測」のコーナーでは、アメリカのヤーキス天文台で今週撮影した
球状星団M53、渦巻銀河M109、子持ち銀河M51をマイクさんに紹介していただきました。


m53.png
図:M53
m109.png
図:M109
m51.png
図:M51

「ゲストコーナー」では「はやぶさが見たもの、持ち帰ったもの、はやぶさ2が
目指すもの」というタイトルで、あのはやぶさのカプセルの回収も行なった、
安部正真さん(独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所)にお話
いただきました。

はやぶさは3億kmも離れた小惑星イトカワを調べに行きました。その結果、イトカワの
表面がごつごつしており、内部の40%が空洞で、がれきの集まりのような構造を
していることがわかりました。また、イトカワで採取し、持ち帰ったすごく小さな
かけらを見ていくことにより、どのようにして、イトカワができたかがわかりました。
2014年12月3日に打ち上げられた、はやぶさ2はイトカワよりさらに離れた場所で
生まれた小惑星1999 JU3に向かっています。人工的なクレーターをつくり内部の
物質を持って帰ってくることで、水や有機物などを調べることができます。生命の
起源の解明へつながっていくミッションです。帰還を楽しみにしていましょう。

最後に宇宙の果てまでいき、今までに観測されている宇宙を紹介しました。
ユニバースでは様々な科学に関する話題を紹介しています。ぜひ、シンラドームに
お越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月27日

2014年12月20日

12月20日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は片岡龍峰(国立極地研究所)が案内役を務め、
「オーロラ特番」をお送りしました。

まず「立体のオーロラ映像」を見ました。宇宙から撮られたオーロラの映像を交えながら、
オーロラのしくみを紹介しました。

「ゲストコーナー」では株式会社リコーの吉川博美さんにお越しいただき、「360度カメラで
世界を見る」というタイトルでお話しいただきました。1ヶ月前にオーロラを撮影しに
アラスカへ行ったときの話でした。360度撮影できる特殊なカメラを持って行き、まるで
現場にいるかのような大迫力の写真や動画を見せていただきました。オーロラを撮影する
設備の様子やアラスカ大学内にある博物館の3mくらいある巨大な熊のはく製、
トナカイのステーキを食べている様子など、日本ではなかなか見られない風景でした。
カメラの周りにパンをまいて鳩がパンを食べている様子を、まるで小人になったような
感覚で見られるおもしろい映像もありました。360度カメラならではの映像ですね。
今後、吉川さんはカメラの性能を上げ、星空やオーロラも綺麗に撮影できるようにして
いくそうです。

最後には、地球から離れ宇宙旅行をしました。地球から見える星座の星たちは
広い宇宙の中のとても近い位置にある星であることがわかりました。数ある
星の中でもクリスマスカラーである緑と赤のオーロラが見えるとわかっているのは
今のところ地球だけだそうです。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストをお招きして、
楽しい科学の世界を紹介しています。ぜひお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月20日

2014年12月13日

12月13日@科学技術館

本日のライブショーは亀谷和久(東京理科大学)の案内でお送りしました。

科学技術館前で撮られた全天周画像から始まった今日のユニバース。
今日は天気がいいですね。日の入りが一年で一番早い時期になりました。
シンラドームでは一足先に時間を進めて、星空の解説が始まります。冬は
一等星がたくさん見え、星空も華やかです。夜空を見上げてみてくださいね。

「ライブ天体観測」も行ないました。アメリカ・ヤーキス天文台からビビアン
さんに出演していただきました。ヤーキス天文台の今日の天気はよくなかった
ようですが、前日までにたくさん天体写真を撮ってもらいました。天王星と
その衛星や小惑星、ステファンの5つ子と呼ばれる銀河を紹介しました。


tntmanuranus_1045177_R_000.jpeg
図:天王星とその衛星
asteroid.gif
図:小惑星2001HH31
stefan.png
図:ステファンの5つ子

「ゲストコーナー」には国立天文台の新田冬夢(とむ)さんを招き、「電波で
宇宙を探る〜電波カメラの開発〜」というタイトルでお話をしていただき
ました。宇宙には光で見えるものばかりではなく、電波で見えるものも
あります。例えば、非常に遠くにある銀河はその一例です。新田さんは電波で
見ることができる遠方の銀河をたくさん観測するために、電波カメラを
開発しています。特に、電波カメラの中の検出器の開発をしています。私たちが
よく目にするデジタルカメラでいえば、CCDに相当する部分です。この電波
カメラは、デジタルカメラと全く違って、人の身長ほどの高さがある大きな
ものです。検出器部分を-272℃以下に冷やすために、大きくなってしまうそう
です。-272℃まで冷やすと、検出器に使われている金属が超伝導状態になり、
超伝導を利用して電波を検出します。新田さんが開発している電波カメラは
筑波大などが南極に計画している10mテラヘルツ望遠鏡に搭載して、遠方の
銀河をたくさん観測する予定です。完成が楽しみですね。

毎週楽しい話題を用意してシンラドームでお待ちしております。
ぜひ「ユニバース」へお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月13日

2014年12月06日

12月6日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
上演いたしました。

本日のユニバースは「ゲストコーナー」からスタートしました。いつもは夜空や
宇宙空間を映し出すシンラドームが一変し、まるで海の中にいるような幻想的な映像!
これは本日のゲスト、佐藤宏(さとうひろし)さん(アクアジオグラフイック株式会社)が
制作し、国際科学映像祭ショートプログラムコンテストで最優秀賞を受賞した作品です。
佐藤さんには「全天周ドーム映像 水中撮影」というタイトルで、撮影に用いたカメラや
撮影現場についてお話していただきました。特殊な水中カメラを用いてハイスピードで
撮影し、スローモーションで再生することで、ドームに鮮明な映像を映すことができる
そうです。フィリピンやバハマ、石垣島の海の中はとても澄んできれいでした。そんな
エメラルドグリーンの海を優雅に泳ぐウミガメやマンタ、イルカたち。シンラドームで
見ると、その美しさや迫力にお客さんは息をのんで見入っていました。

さて、次は宇宙のホットな話題をお届けしました。先日、12月3日に「はやぶさ2」が
打ち上げられました。小惑星イトカワを探査したはやぶさと違って、こちらは人工的な
クレーターを作る予定です。数年後、大きな成果に期待しましょう。12月5日にはNASAの
次世代宇宙船「Orion(オリオン)」」も打ち上げられました。この無人試験機による
宇宙飛行は2030年代に目指す火星有人探査に向けたものだそうで、火星の地に人間が
踏み入れる日がまた一歩近づきましたね。

続いて、すっかり沈むのが早くなった太陽のお話。埼玉大学では日々変化している太陽の
観測を行なっています。12月3日には、大きな黒点が確認できました。これは太陽が活発な
ことを表しています。時間を進めて太陽が沈むと星空が顔を出します。東京ではいくつの
星が見えるでしょうか。冬の大三角をはじめ、代表的な冬の星たちを見ていきました。
来週にはふたご座流星群のピークが控えています。

地球を飛び出し、土星の環をくぐったり、小惑星たちの間を遊泳しながら、太陽系の
天体をみなさんと眺めていきました。さらに太陽系の外へ行くと私たちのよく知る
天の川の正体が見えてきました。私たちの住む太陽系や銀河系は、どんな形をして
いるのでしょうか。さらにその先には多彩な銀河たちがいっぱい!

科学ライブショー「ユニバース」では毎回ゲストをお迎えして科学や宇宙など様々な
分野の楽しい話題をお届けしています。12月に入り、本格的に寒くなりましたが、
ぜひお友達やご家族と一緒にシンラドームへお越し下さい

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月 6日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..