Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2015年02月28日

2月28日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は案内役を大朝由美子(埼玉大学)が務め、
ゲストに加用一者さん(東京工科大学)を迎えお送りしました。

科学技術館から見える青空。冬晴れの今日は太陽が輝いています。太陽は特殊な
望遠鏡を通してみるとどのように見えるのでしょうか?昨日埼玉大学で撮影された
画像を紹介しました。また、太陽観測衛星SOHOで観測された動画では、なんと
太陽に近づいても生き残った彗星も映っていました。太陽と彗星を一気に楽しめる
なんて夢がありますよね。

さて、青空では星は見えません。でも、せっかくだから星が観たい!・・・という
わけで、いま夜の場所、地球の裏側にあるシカゴへと飛び出しました。ここからは
「ライブ天体観測」のコーナーです。気温−18度というシカゴのヤーキス天文台と
生中継のセッションを行いました。シカゴで撮影された土星とM81そしてチリで
撮影された月の画像をビビアンさんの解説と共に楽しみました。


moon.png
図:月
saturn.png
図:土星
m81.png
図:M81

地上から撮影された星空を眺めたところで、今度は実際に星空の世界へ。舞台は
宇宙です。立体的に見える惑星や銀河たちはまさに迫力満点。土星の環をくぐったり、
密集する銀河たちの間を通り抜けたり。このような幻想的な体験はシンラドーム
ならでは。お客さんは歓声を上げていらっしゃいました。気になる方は実際に
体験してみてくださいね。

最後に「ゲストコーナー」です。本日は加用一者さん(東京工科大学)に「干し草の
山に重力レンズを探す」と題してお話いただきました。水を張ったコップの後ろに
マスコットを置いて正面から眺めてみてください。何が起こると思いますか?実は、
マスコットが大きく広がって見えます!これは水により光が曲げられるために
起こる現象。実はこの現象、宇宙でも起きています。それが本日の鍵となる
「重力レンズ」です。遠い遠い宇宙には、星のように点状に見える銀河があります。
これをクエーサーと呼び、現在数十万個のクエーサーが見つかっています。クエーサーの
前にたまたま別の銀河があると、その銀河はコップの役割を果たし、クエーサーが
マスコットとなって重力レンズが起こります。このような現象は30年間でたったの
百数十個しか発見されていません。満天の星空が広がるハワイに設置されたUH88
望遠鏡やすばる望遠鏡を使って、加用さんたちはこの探索を行なっています。
加用さんたちは5万個から選んだ500個の候補を15年かけて一つ一つ観測し、
そのうち50個が実際に重力レンズであることを突き止めました。現在知られている
百数十個のうちの1/3を占めることになります。5万個から50個を見つける、
まさにこれは、干草の中から針を探すという言葉を具現化していますね。またごく
最近導入された新しい観測装置により、さらに多くの重力レンズが発見される
かも・・楽しみですね。

そんな宇宙の不思議に想いを馳せたところで、遠い銀河の世界から地球へと戻り、
科学技術館に着陸したところで本日の上演はお開きとなりました。

科学ライブショー「ユニバース」では、毎週様々なゲストをお招きし、楽しい
科学の世界を紹介しています。ぜひシンラドームに足をお運び下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月28日

2015年02月21日

2月21日@科学技術館

ライブショー「ユニバース」は国立天文台の伊藤哲也の案内で
お送りしました。

まずはじめに、今晩の星空を紹介しました。
夕方から日没後すぐに西の空へ目を向けると、火星や金星、
さらに三日月よりも細い月が接近しています。とても明るい星たちが
近くに集まって見えているので、都会の夜空でも華やかに見えそうですね。
まだまだ冬の季節の星座がよく見えていますが、東の空を見ると
しし座などの春の星座も顔を覗かせてきました。

「ゲストコーナー」は筑波大学の今田大皓さんをお招きして、
「ムシの眼と望遠鏡」というタイトルでお話いただきました。今回の主役は
蛾(ガ)。蛾は夜に活動をするので、眼の表面で光を反射させずに、暗い
場所でも効率よく光を集められるような眼を持っています。蛾の眼を
拡大していくと、複眼が見えてきます。その複眼の表面をさらに拡大すると、
つるつるではなく、柱状のでこぼこがあります。これを望遠鏡のレンズに応用
したのだそうです!でこぼこと言っても、でこぼこの形によって光を反射したり
しなかったりするそうですが、どのような形が光をよりたくさんの光を集めるのに
適しているのでしょうか?クイズ形式で解説していただきました。
円錐を例に調べたそうですが、円錐といっても様々あります。特に優れた円錐は
できるだけ背が高く、側面はまっすぐなもののようです。ちなみに円錐の先が少し
欠けて平らになっていても問題ないそうですよ。ムシの眼をヒントに作られたレンズは、
東大がチリに建設中のTAO望遠鏡に設置される予定とのことです。

最後にISS(国際宇宙ステーション)を紹介しました。
昨年11月には若田宇宙飛行士がISSから帰還しましたが、6月には
油井宇宙飛行士がISSに滞在する予定になっています。ISSは事前に
通過する時刻を調べることができるので、ぜひISSが通過する際には
滞在中の宇宙飛行士たちに手を振ってみてはいかがでしょうか?

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々な科学の話題を
お伝えしています。
土曜日は是非科学技術館のシンラドームへお越し下さい!

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月21日

2015年02月14日

2月14日@科学技術館

今日の科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)の案内のもと、
上演しました。

宇宙空間から太陽系の姿を立体で眺めたあと、地球に着陸して東京の今日の星空を
みました。案内役が1月にタイに行ってきたということで、今日はタイの星空と
東京の星空も見比べました。タイではオリオン座があんなに高く見えるのですね!
東京ではほとんど見ることができないカノープスもタイではよく見えるようです。

「ライブ天体観測」ではヤーキス天文台のマイケルさんにインターネットごしに
登場していただきました。今日はかに星雲、子持ち銀河、447ヴァレンティーネと
呼ばれる小惑星の写真を紹介してもらいました。ヴァレンタインデーということで、
この名前の小惑星を送ってくださいました。

「ゲストコーナー」は大辻賢一さん(国立天文台太陽観測所)をお招きし、「宇宙と
地球から観た太陽」と題してお話いただきました。太陽は地球からもっとも近い
恒星とあって、昔からよく観察されてきました。古代中国では、肉眼で太陽の黒点を
見つけており、そこにはカラスが住んでいるとされていました。日本では太陽の
化身として、八咫烏(やたがらす)と呼ばれており、サッカー日本代表のシンボルに
なっています。太陽黒点といえば、ガリレオ・ガリレイが観測したことで知られていますが、
実はトマス・ハリオットの方が最初に観測したとも言われており、当時のスケッチも残って
います。最近では太陽を観測する望遠鏡がたくさんあります。東京・三鷹の国立天文台を
はじめ、日本国内外にいくつもあり、中には直径1mを超える大きさの望遠鏡もあります。
地上のみにとどまらず、宇宙にも「ひので」や「SDO衛星」といった太陽観測衛星が
あります。SDO衛星がとらえた、太陽がまるでくしゃみをしているかのような噴出現象の
動画を見せていただきました。地上望遠鏡は長期間の観測などを得意とし、宇宙望遠鏡は
地球大気に影響されないので高精度な観測を得意としています。地上望遠鏡と宇宙望遠鏡で
役割分担をしているということでした。まだまだ解明されていない問題があり、
これらの望遠鏡はこれからも活躍しそうです。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週楽しい科学の話題をお送りしています。
ぜひ科学技術館4階のシンラドームへお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月14日

2015年02月07日

2月7日@科学技術館

本日のライブショーは亀谷和久(東京理科大学)が案内役を務め、お送りしました。

本日のユニバースは科学技術館の入口で撮った全天周画像から始まりました。今日の空は曇りでした。その後、シンラドームでは時間を進め、ひと足早く、本日の星空を見ていきました。冬の星座たちには明るい星が多く、とても華やかです。また、午後8時頃には東の空にひときわ輝く木星を見つけることができるかと思います。都心でも、晴れていれば三等星くらいまでみることができるので、ぜひ夜空を見上げてみてください。

本日の星空がわかったところで地球を飛び出し、「太陽系の姿」を見ていきました。元気よく惑星の名前を答えてくれるお子さんが多かったです。その後、太陽系も飛び出し、そこに広がる宇宙をみていきました。また、太陽系の外の惑星のお話もありました。太陽系外惑星は今までに1800個以上見つかっていますが、その名前はまだ決まっていません。現在、国際天文学連合の太陽系外惑星に名前を付けるプロジェクトが行なわれています。あなたが考えた名前が太陽系外惑星につくかもしれないチャンスです。

「重力の不思議」のコーナーでは、太陽系で突然太陽がなくなったり、3つ増えたりするとどうなるかのシミュレーションを行いました。実際には起こり得ないことですが、なかなか予想できない太陽や惑星の動きもシミュレーションでみるとわかりやすく、たのしいですね。

最後に「ゲストコーナー」には、サファイアの藤原謙さんを招き、「成層圏クルーズ計画」というタイトルでお話をしていただきました。夢だと思っていた、宇宙旅行。今ある宇宙旅行はロケットを使う周回軌道飛行(上空400 km)とロケットと飛行機を組み合わせた弾道飛行(上空100 km)がありますが、どちらもキャビンが狭かったり、時間が短かったりと欠点もあり、気軽に行けるものではなさそうです。そこで、今、計画しているのが専用の飛行機をつかった「成層圏クルーズ」。成層圏(上空25km)と他のものに比べると低いところを飛行するものかもしれませんが、東京で上空25kmまで昇ると四国の手前あたりまで見えるそうです。また、飛行機に乗って3時間半で行って帰ってくることができ、30分ほど青みがかった地球や光り輝く星、鋭い光の太陽を見ることができるそうです。今回、シンラドームではそんな上空25kmのところに、気象観測用の気球にカメラを搭載して撮影した動画を流しました。動画を流しながら、藤原さんにお客さんからの質問にたくさん答えてもらいました。まだなかなか行くことのできない宇宙旅行ですが、本当に近い将来気軽に行けるかもしれません。楽しみですね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週楽しい科学の話題をお送りしています。
ぜひ科学技術館4階のシンラドームへお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 2月 7日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..