Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2015年04月25日

4月25日@科学技術館

本日20年目に突入した科学ライブショー「ユニバース」は、大朝由美子
(埼玉大学)が案内役を務め、チーム埼大で上演しました。

まず、本日の星空を見ていきました。オリオン座やしし座、星座の形から
外れた木星や土星などを見つけることができました。現在の東京では、
多くの星を見ることが難しくなってしまいましたが、100年前は東京でも
満天の星空が楽しめたようです。

続いて、宇宙に飛び出して太陽系の惑星を順番に見ていきました。ハワイの
マウナケア山とそっくりな火星や、メタンの大気によって真っ青に見える
海王星などそれぞれ色々な特徴を持っていました。

そして、恒星や惑星系が誕生する様子を映像で見てから「ゲストコーナー」へ。
本日の「ゲストコーナー」では、国立天文台ハワイ観測所の工藤智幸さんを
お招きし、「すばる望遠鏡で探る惑星誕生の謎」というタイトルでお話をして
いただきました。工藤さんは、ハワイにあるすばる8.2m望遠鏡を使って、惑星の
誕生を探る研究をしているそうです。すばる望遠鏡は、東京から富士山の山頂の
テニスボールを見分けることができるほどの視力を持っています。このすばる
望遠鏡に最先端の近赤外カメラと地球の大気で起こる星の瞬きを補正する装置を
取り付けて、観測を実施します。惑星は生まれたての恒星の周りで、材料となる
ガスや塵から誕生します。すばる望遠鏡によって、この塵が渦を巻く姿や塵の中に
ある空洞、そして若い惑星を見事に捉えることに成功しました!今後はさらに
新しい装置を使って、惑星誕生や生命惑星の秘密を探るそうです。
このまま研究が進めば50年後くらいには私たちの住む地球と同じように生命を持つ
惑星が見つかっているかもしれませんね。

最後に天の川銀河を離れ、彩り豊かな銀河を遊泳しながら、地球まで戻りました。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週楽しい科学の話題をお送りしています。
ぜひ科学技術館4階のシンラドームへお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月25日

2015年04月18日

4月18日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は伊藤哲也(国立天文台)が
案内役を務め、上演しました。

本日のユニバースは今夜の星空紹介からスタートしました。西の空、
地平線近くには金星が輝き、おうし座やオリオン座、おおいぬ座など冬の
星座がまだ賑わいを見せています。さらに南の空にはふたご座、かに座が
見えています。23時まで時間を進めると、東の空にはようやく春の星座で
あるおとめ座やうしかい座などが現れました。晴れた日にはぜひ季節の
星座の移り変わりに注目してみて下さい。

次は地球を飛び出して「太陽系の姿」を見ていきました。シンラドームならではの
3Dによる宇宙旅行、みなさんお楽しみいただけたでしょうか。太陽系の惑星
たちについてより詳しく知ることができました。

「ゲストコーナー」では永井洋さん(国立天文台チリ観測所)にお越しいただき、
「アンデスから宇宙を見つめる視力6000の瞳」と題してお話して頂きました。
チリにあるアルマ望遠鏡とはパラボラアンテナを組み合わせた巨大な電波望遠鏡
です。複数の電波望遠鏡を組み合わせることによって、東京から大阪にある一円玉が
見えるほどの解像度まで上げることができるそうです。そのアルマ望遠鏡によって
赤ちゃん恒星や赤ちゃん惑星ができつつある現場を、これまでにない解像度で
撮像することに成功したという成果について紹介していただきました。
現在のアルマ望遠鏡の解像度は人間の視力でいう2000に相当するそうですが、
3年後には6000になる予定とのこと。今後のアルマ望遠鏡の進化に期待ですね!

そして宇宙旅行に戻り、最後にISS(国際宇宙ステーション)をみなさんと見て
いきました。
このISSには今年の5月から油井亀美也さんが滞在する予定です。
日本人も活躍しているISS、実は肉眼で私たちも見ることが出来ます。飛行機と
よく間違えられやすいですが見分け方は簡単。飛行機は点滅しているのに対し、
ISSは点滅していないのが特徴です。「きぼうを見よう」というJAXAのサイト
通過予想日時を見ることができるので、ぜひみなさんも見てみましょう。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストをお呼びして最新の科学の
話題をお送りしています。ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月18日

2015年04月11日

4月11日@科学技術館

本日のライブショーは亀谷和久(東京理科大学)が案内役をつとめ、
お送りしました。今日の天気はあいにくの曇りでしたが、ドームの中では
いつでも満点の星空を見ることが出来ます。20時頃西の空を見上げれば、
オリオン座やふたご座など、賑やかな冬の星空を見ることが出来ます。

続いて「ライブ天体観測」のコーナーでは、ヤーキス天文台とつなぎました。
今日はあいにくシカゴでも天気が優れなかったため、数日前に天文台で
撮った写真を見せていただきました。かに星雲、子持ち銀河、そして
マイクさんが一番好きな惑星だという土星の写真を、解説していただきました。


crab.png
図:かに星雲
m51.png
図:子持ち銀河
saturn.png
図:土星とその衛星

次に地球から離れ、「太陽系の姿」を見に行きました。惑星の名前あて
クイズでは、なんとエリスやセドナといった太陽系外縁天体の名前も
客席から聞こえてきました。

太陽系からずっと離れ、次は銀河の世界へ行きます。銀河団と呼ばれる
銀河の集団は、その巨大な重力により光の進む方向が曲げられるという
現象を起こします。これを重力レンズ効果といい、銀河団の向こう側に
別の銀河があると光が曲がってリングのような形で観測されます。この
現象を予測した人物の名前から、アインシュタインリングと呼びます。

チリのアルマ天文台では、世界で初めてきれいなアインシュタインリングを
観測しました。なんとこのニュースは4日前のニュースだそうです。最先端の
科学の話題をすぐ入手できるのも、現役の研究者が案内役であるライブ
ショーならではですね。

宇宙の果てから一気に地球まで戻ってきて、最後の 「ゲストコーナー」では
柳瀬亘さん(東京大学大気海洋研究所)から「大気の渦巻きをみてみよう」
というタイトルでお話いただきました。地球全体の雲の様子を動画で見て
みると、日本の周辺では雲が西から東へ、動いています。また、赤道付近では
台風が発生しています。台風といえば9月ごろのイメージがありますが、実は
4月にも台風は発生しています。ただ、海の温度の関係で、9月ほど台風は
発生せず、また発生したとしても日本まで辿り着くことはほとんどないそうです。

また、気象衛星の撮影した台風の眼は、完全な丸というわけではなく、
歪んでいることもあるということが確認できました。過去には六角形や
四角形といった台風の眼も観測されており、歪んだ台風の眼は風の強さにも
影響を及ぼしているそうです。

最後に、ふたごの台風が出来る様子を動画で見せて頂きました。北半球側に
出来た台風と、南半球側にできた台風(サイクロンと呼ばれる))では、渦を
巻く向きが異なります。これは、北極から見ると地球は反時計回りに自転し、
南極から見ると時計回りに自転しているため、台風の渦巻きもこれと同じ
向きになるためだそうです。

去年打ち上げられた気象衛星ひまわり8号は、これまでよりきれいな写真を
とることができます。また、これまでは30分に1枚しか取れなかった写真を、
10分に1枚撮ることができるようになります。これによってさらに大気の動きの
仕組みがわかるようになるといいですね。

科学ライブショーユニバースでは、毎週様々なゲストを招き、最新の科学の
話題をお送りしています。ぜひ科学技術館4階のシンラドームまでお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月11日

2015年04月04日

4月4日@科学技術館

本日のユニバースは矢治健太郎(国立天文台)が案内役を務め上演
しました。新年度を向かえ、元気いっぱいの小学生がたくさん来て
くださいました。

はじめは「太陽系の姿」。クイズ形式で、来てくださった皆さんと
考えながら、とてもにぎやかな雰囲気で太陽系を見ていきました。

地球に戻り、本日、4月4日20時54分から約10分間起こる、皆既月食
についての説明がありました。皆既月食とは、地球の影に月がすっぽり
入ってしまう現象です。次にまた日本で皆既月食は見られるのは3年後の
2018年になります。今晩晴れることを願いつつ、北斗七星や春の
大三角など、本日の星空を紹介しました。その後、地球を飛び出し
銀河系まで行きました。

「ゲストコーナー」では、吉川真さん(JAXA宇宙研)に「『はやぶさ2』
の打ち上げとその後の状況」というタイトルでお話していただきました。
2014年12月に打ち上がったはやぶさ2は、はやぶさが行ったイトカワ
(約500m)より大きい1999 JU3(約900m)に向かっています。運用は順調
とのことです。はやぶさ2の打ち上げの様子や搭載している装置について
解説していただき、今後の日程をみていきました。今回のはやぶさ2の
ミッションは太陽系や生命の起源を探ることです。ぜひ、がんばって
ほしいですね!今、地球からみてオリオン座の方向にいるそうなので、
オリオン座が見えたら、はやぶさ2にエールを送ってみてください。

科学ライブショー「ユニバース」は、科学技術館4階シンラドームにて
毎週土曜に上演しています。暖かくなってきたので、ぜひお散歩がてら、
お立ち寄りください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月 4日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..