Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2015年06月27日

6月27日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
チーム埼玉大学で上演いたしました。

夏至も過ぎ、本日はあいにくの曇り空で太陽は出ていません でしたが、まずは
私たちを明るく照らしてくれる太陽の姿に迫っていきました。埼玉大学の小型望
遠鏡に特殊なフィルターを搭載して太陽を見ると、黒点、プロミネンス、フィラメント...
普段の私たちの目では見ることができない太陽の姿を見ることができました。

太陽の次は小惑星の話題です。2013年にロシアに小惑星が落下し、 大きな被害を
もたらしたのをご存知でしょうか。このような事態を防ぐためのイベントがアメリカと
イギリスを中心に進められているそうです。6月30日を「Asteroid(小惑星) Day」とし、
地球に衝突するかもしれない地球近傍小惑星の探査観測を みなさんに広く知って
いただくのが目的です。興味のある方は ぜひ調べてみてください。

さて、太陽に照らされている昼間に星を見るにはどうすれば よいでしょう。夜の国に
行けば星を見ることができますね。
シンラドームでは日本を飛び出し、アメリカのシカゴにある ヤーキス天文台へ行くことが
できるのです。シカゴの夜空には、 夏の大三角、マウイの釣り針とも呼ばれるさそり座を
はじめとした夏の星座が彩っています。そして「ライブ天体観測」のコーナーでは真夜中の
ヤーキス天文台のビビアンさんに登場していただきました。天文台で観測した小惑星や
冥王星や わし星雲の画像を見せていただきました。


messier16_20150624_1143304_Halpha_000.png

図:わし星雲

このように天体を詳しく観測するのには欠かせない望遠鏡に ついて、渡邉 和明さん
(株式会社昭和機械製作所)に「天体望遠鏡づくり職人の細かすぎるお話し」という
タイトルで、 本日の「ゲストコーナー」でお話いただきました。埼玉大学には昭和機械
製作所製の55cm望遠鏡"SaCRA"があるそうです。
まずは渡邉さんが実際に撮影した長野県の美しい星空を全天周動画でご覧いただきま
した。天体からの光を捉える ためには、天体に正しく向けられること、精密に追いかけ
られる ことが天体望遠鏡の大切な条件です。望遠鏡づくりは機械、工学、電気の3つの
技術から成り立っているそうで、それらの主要部品を紹介していただきました。例えば
エンコーダー という機器は顕微鏡で目盛りを読み取ってモーターの速度を調節し、追尾
誤差を補正しているそうです。大きな望遠鏡ですが細かな技術が駆使されていることが
わかりましたね。

最後は太陽系の惑星たちや多彩な銀河たちをみなさんと確認しつつ、宇宙遊泳を
楽しみました。

「ユニバース」では毎回さまざまなサイエンスにまつわる話題を お届けしています。一度
来ていただいた方も、ぜひまたお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 6月27日

2015年06月20日

6月20日@科学技術館

本日のライブショーは亀谷和久(東京理科大学)が案内役を務め、お送り
しました。

最初は地上から見た星空を紹介しました。西の空を見上げると、春の星座で
あるしし座やおとめ座が、東の空には夏の星座であるさそり座やこと座などが
見えました。また、今は西の空に木星と金星がとても近くに見えます。今夜は
そこに細い月も加わります。ぜひ実際の空を見上げてみてください。

次に地球を飛び出し、太陽系内を飛び回りながら、順番に惑星を見ていきました。
その後、宇宙の果てまで宇宙旅行を楽しみました。

「ゲストコーナー」では映画監督・天体写真家の上坂浩光さんに「美しい
天体写真を目指して〜すばる望遠鏡HSCで撮影されたアンドロメダ銀河〜」
というタイトルでお話いただきました。上坂さんはさまざまなドーム映像を
作っていらっしゃり、最新作の「はやぶさ2」の予告編を見せていただきました。
その後、本題であるすばる望遠鏡のHSCで撮影されたアンドロメダ銀河の画像
処理についてお話しいただきました。HSC(Hyper Suprime-Cam)は最先端の
補正光学系を備えていて、とても高い解像度で収差の少ない画像を撮影することが
できます。上坂さんは、その画像を
1.カラーバランス調整、2.デジタル現像、3.画像調整
という3つの処理をすることでとてもきれいな画像を作成しました。科学的で正確な
画像も大切ですが、見て楽しめる画像も大切にしていきたいそうです。

ユニバースでは毎週さまざまな科学に関する内容を紹介していきます!
ぜひ友達やご家族と一緒にシンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 6月20日

2015年06月13日

6月13日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)が案内役を
務め、上演いたしました。

まずはじめは「太陽系の姿」
太陽から近い順番に惑星をみていきました。実際には出来ない時間の早送りを
したり、戻したりできるのもシンラドームの良いところ。時間を早く進めて、
大赤斑を目印に木星の自転時間を測ってみました。みなさん、予想は
当たっていましたか?

そして、太陽に近づいて、最近の太陽活動をみていきました。最新の
太陽黒点画像は黒点が数個ありましたね。太陽の黒点は11年周期で
増減しますが、今はピークを越えたところです。そんな太陽活動の様子は
国立天文台太陽観測所のホームページは毎日の太陽の姿を載っているので、
これを機にチェックしてみてくださいね。

「ライブ天体観測」のコーナーではヤーキス天文台と中継でつなぎお話して
いただきました。ライブショーの直前に晴れたらしく、ついさっき撮った
ばかりの写真を紹介してくださいました。子持ち銀河を含む、いくつかの銀河の
写真やふくろうの顔が印象的なふくろう星雲の写真、また地球に近い小惑星の
数枚重ねて動画にしたものがありました。小惑星が動いていることがよく
わかりましたね。


whirlpool_galaxy_m51_20150523_yerkes41_1135194_Clear_011.jpg
図:子持ち銀河

また、「ゲストコーナー」では「宇宙嵐から宇宙飛行士を守る」という題で
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の越石英樹さんにお話しいただきました。
宇宙は地上と違い、無重力、真空、そして放射線の量が多いところです。
放射線の量が多いと、装置が故障してしまったり、人が病気になってしまったり
します。私たちの地球は 地球磁場と地球大気に守られてますが、宇宙で動作する
人工衛星や活動する宇宙飛行士たちには多くの放射線が降り注ぎます。特に
太陽フレアという、太陽表面での爆発があると放射線が多くなり、人工衛星に
あたると装置に異常が起きたり、地上では電波障害が起きたりします。
そんなときは宇宙飛行士も船外活動をせず、なるべく被曝しないようにしています。
安全で高信頼性の宇宙開発に向けて工夫をしています。いつか、惑星探査、
願わくは宇宙旅行をしてみたいですね。

それまでは毎週土曜の科学ライブショー「ユニバース」へ宇宙旅行にいらしてください。
お待ちしております!

投稿者 ライブショーアシスタント : 6月13日

2015年06月06日

6月6日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は伊藤哲也(国立天文台)が案内役を
務めお送りしました。

まずは夜の8時の星空を眺めました。夏至が近づいたことで日が沈む時間が
どんどん遅くなっています。西の空をながめると、金星の見つけることが
できます。また、黄道十二星座の仲間である、かに座、しし座、そしてその間には
木星が明るく輝いています。さらに南のほうへ視線を向けると、おとめ座や
うしかい座、また地平線近くには夏の星座の代表格であるさそり座を見つける
ことができます。さらに時間を11時ごろまで進めれば、はくちょう座やわし座
こと座といった夏の星座たちが東の空から上がってきます。

「ゲストコーナー」では早野裕さん(国立天文台ハワイ観測所)に「ピンボケを
なおしてすばる望遠鏡の視力をアップ!」というタイトルで、ハワイから生中継で
お話していただきました。視力を表す数字はどういう意味を持つのでしょうか?
例えば「視力1.0」というのは、「3mはなれたところから1mmのものを見わける
ことができる」ということです。視力が2倍になれば2倍細かいものを見分ける
ことができます。それでは、望遠鏡の視力はどのくらいなのでしょう。
すばる望遠鏡のあるハワイ島マウナケア山は、標高4200mという場所にあるため、
空気が薄く、観測に適した場所といえます。ですが、それでも望遠鏡に入る光が
通ってくる途中の大気のゆらめきのため、天体像が歪んだり動いたりしてぼけて
しまい、すばる望遠鏡の視力はおよそ100になっています。
早野さんには、大気のゆらめきの影響を取り除いて望遠鏡の視力をさらによく
することができる「補償光学」とよばれる装置を紹介していただきました。

補償光学装置は、望遠鏡に取り込まれた光のゆらぎをセンサーで検出し、それに
合わせて鏡を変形させることで像の乱れを補正することができます。この手法を
使うことによって、すばる望遠鏡の視力は1000まで上昇させることができたそうです。
これによって今まで区別できなかった2つの明るい点を見わけることができ、系外惑星
を見つけるのに役立てているそうです。
また、補償光学は望遠鏡だけでなく顕微鏡に応用され始めています。ヒメツリガネゴケ
という植物の葉っぱを千切って水につけておくと、その断面から新たな芽が出てきます。
これは、iPS細胞と同じようにに葉っぱとして出来上がっていた細胞が芽を出す細胞に
変わるのですが、その変化の仕組みはまだよくわかっていません。顕微鏡の視力をよく
すれば、水や細胞壁によってゆらいだ葉緑体の内部をより細かく見ることができます。
望遠鏡だけでなく顕微鏡にも応用できることで、さらに色々なことがわかりそうです。
今後の研究が楽しみですね。

ゲストコーナーの後は、太陽系や銀河の様子、大規模構造まで見に行ったあと、
地球まで戻り、国際宇宙ステーションの姿を見にいきました。宇宙ステーションの
姿は肉眼でも見ることができるので、是非時間を合わせて見てみてくださいね。

科学ライブショー「ユニバース」では、毎週様々なゲストをお呼びして最先端の
科学の話題をお送りしています。ぜひ科学技術館のシンラドームまでお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 6月 6日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..