Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2015年08月29日

8月29日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は片岡 龍峰(国立極地研究所)が
案内役を務め、ゲストに糸屋 覚さん((公財)日本科学技術振興財団公益施設
開発部 プレアデスグループ)にお越し頂き、「オーロラ特番」と
題して上演いたしました。

まず、2010年から3年間撮影したオーロラをシンラドームならではの全天映像で
ご覧いただきました。
年を重ねていくごとにオーロラがダイナミックになっているのがよくわかりました。
これは、2010年から現在にかけて太陽の活動が活発になっていることで
オーロラも活発になっているのだそうです。

その後、今度は3Dでのオーロラ映像をお楽しみいただきました。
オーロラを立体化することで、どの高度でオーロラが発生しているか
が逆算してわかります。

オーロラの仕組みについてみなさんと学んだところで、宇宙から地球の地磁気を
眺め、そのまま宇宙の果てまで冒険しました。

そして本日の「ゲストコーナー」へ。
ゲストの糸屋覚さんには、
「高解像度撮影による全天周オーロラ映像を見てみよう!」という
タイトルでお話しいただきました。
糸屋さんは昨年5台のカメラで全天を撮影する「ハウル」を製作。
これを使って全天周の映像を撮影し、今年2月に国立極地研究所に
「世界初高解像度(8K)のオーロラ撮影に成功」を発表しました。
この発表の後、さらに改良した「マキビシ」を製作、そして3月には
アラスカまで撮影に行き、とても活発なオーロラを、その場の大自然の
風景もまるごと高解像度で、オーロラの動きがなめらかに観察できるほど
連続的に撮影することに成功しました。
今回、ドームには地平線までの映像が映し出されました。
過去10年で最大の磁気嵐が撮影前日に発生した影響もあり、とても
ダイナミックで、これまでになく美しいオーロラ映像がドームいっぱいに
広がりました。
この全天周のオーロラ映像は以下のURLで検索すると自由に動かして
見回したり、映像ファイルをダウンロードしたりできます。

http://www.kagura-dome.jp/resource.html

迫力のあるオーロラ映像をぜひおうちでもお楽しみください!

科学ライブショー「ユニバース」では毎週土曜日に様々なゲストをお招きし、
サイエンスにまつわる話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4Fシンラドームにお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月29日

2015年08月22日

8月22日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(千葉大学)
が案内役を務め、上演しました。

本日は「分子の世界」からスタート!
皆さんは分子といえば、どのようなものを思い浮かべるでしょう
か。科学ライブショー「ユニバース」では身近な調味料やビタミン
の分子がどのような構造をしているか、3Dでみることができます。
立体的な構造から、どの調味料かを皆さんに考えてもらいながら
進行していきましたが、どの問題も正解が多かったですね!

続いて、「ライブ天体観測」
まず宇宙から地球を眺め、昼である日本の反対側、夜のアメリカ、シカゴにある
ヤーキス天文台に着陸しました。その後、シカゴに中継をつなぎ
ました。本日のシカゴの天気は快晴、きれいな星を見ることができました。
最近ではインターネットを使い、ヤーキス天文台の望遠鏡を遠隔
操作して観測を行うことができるのだそうです。本日はリング星雲のM57、
天の川のような渦巻銀河のM74、M29と呼ばれるきれいな散開星団
をみていきました。


messier 74_1154566_Halpha_g_B_yerkes-41.jpg

図:M74


続いて「重力の不思議」のコーナーでは、太陽がもし無くなったら、
もし太陽が多くなったら太陽系の惑星の運動はどうなるかを見ていきま
した。そして太陽と同じ質量をもつNEW太陽たちを3,4つ増やした
シミュレーションを行い、不思議な運動をする太陽や惑星たちを
みていきました!

本日の「ゲストコーナー」では、近藤高史さん(味の素株式会社
イノベーション研究所)にお越しいただき、「和食を支えるだし
の魅力」というタイトルでお話していただきました。和食といえば
2013年にユネスコ無形文化遺産に登録され話題になりました。海外でも
ブーム中の「おいしく健康的で見た目も美しい」和食。その和食
にはだし・うま味が欠かせません。
近藤さんは体に良いのはどのようなだしなのか、おいしさとは何かを研究され
ているそうです。マウスにだしをあげると、だしを飲んだことがある
マウスは飲んだことがないマウスよりもだしを多く飲むことがわかった
そうです。だしを繰り返し飲むことでだんだん好きになるよう
です。また健康にも良く、心を和ませる効果もあるのでは、とのお話もありました。
和食をこれからも伝えていくためには、繰り返し飲む環境づくり、
食育が大切なのですね。ぜひ、だしのある生活をつくっていきましょう!

科学技術館4Fシンラドームにて科学ライブショー「ユニバース」
は毎週土曜午後に行なっています。まだまだ暑いですが、ぜひ
シンラドームで涼みながら最新の科学の話題に耳を傾けにきてください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月22日

2015年08月15日

8月15日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は今田大皓(筑波大学)が案内役を務め、
お送りしました。

最初のコーナーは「太陽系の姿」です。立体で水星から順に名前当てクイズを
しながら、太陽系の8個の惑星たちを紹介しました。
海王星の外側にいるのは準惑星の冥王星です。冥王星は、先月ニュー
ホライズンズが接近したことで話題になりましたね。
ライブショーでもNASAが公開したカラー画像を紹介しました。

続いて、地球に着陸し、科学技術館から見える星空を紹介しました。
8月15日20時の夜空には北斗七星や夏の大三角が輝いています。
さらに、普段は都会の光でくっきりとは見えない天の川も見ることが
できました。その天の川に隔てられてしまっているのは皆さんもご存知の
七夕伝説に登場する織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)です。7月7日は過ぎて
しまいましたが、旧暦の七夕は2015年では8月20日にあたります。
8月20日には部屋の明かりを消して夜空に想いを馳せてみてはどうでしょうか?

夜空に想いを馳せた後は「ゲストコーナー」です。
今回は、平松正顕さん(国立天文台チリ観測所)にお越しいただき、
「アルマ望遠鏡で見た宇宙」についてお話をしていただきました。
アルマ望遠鏡はチリのアタカマ砂漠の標高5000mの地点にあります。
シンラドーム(直径10m)と同じくらいの直径12mと7mのパラボラ
アンテナを66台組み合わせて使えば、惑星系の誕生をはじめ、宇宙の様々な
謎に迫ることができるそうです。
今回はおうし座にある惑星の誕生現場を視力2000で捉えた画像を紹介して
いただきました。

次に「重力の不思議」のコーナーです。太陽系から太陽がもし無くなったら、
もし増えたら惑星たちがどのように運動するのかをシュミレーションしました。
お客さんに新しい太陽を置いてもらい、惑星たちの少し愉快な運動を観察しました。

今回のライブショーは夏休みということもあり2回の上演はどちらも
たくさんのお客さんでにぎわいました。
「ユニバース」では毎週土曜日に様々なサイエンスにまつわる話題を
お届けしています。
夏休みも折り返し地点を過ぎた頃ですが、今回来場された方も、
まだいらしていない方も夏休みの間にぜひ「ユニバース」にお越し下さい。
科学技術館でお待ちしてます。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月15日

2015年08月08日

8月8日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
ゲストとして産業技術総合研究所の下司信夫さんにお越し頂き、「ダイナミックな
日本の火山噴火」というタイトルで上演しました。

はじめに望遠鏡でとらえた最近の太陽の姿や爆発現象活発「フレア」について紹介
しました。

そして爆発のつながりから「ゲストコーナー」へ。地球の爆発現象「噴火」についてゲストの下司さんに
お話していただきました。
まず映し出されたのは話題の西之島。1年前には100mほどだった島が、現在は1km
ほどの大きさになっています。
次に映し出されたのは桜島。桜島は昭和火口という場所から活発に噴火を続け、
この半年で既に600回もの噴火が起こりました。
火山の噴火はマグマが原因です。マグマの中にある水蒸気が爆発すると火山が
噴火します。噴火によってマグマが砕け、火山灰などが空中に飛びだします。
この火山灰の正体は透明な色や黒い色の小さなガラスの集まりです。
ガラスの色はその中の細かい結晶の量でかわり、それはマグマが地表に上がってくる
までにかかった時間などで変化するそうです。
コーナーの最後には、下司さんに阿蘇山の噴火の様子を撮影した動画を紹介していただき
ました。阿蘇山のダイナミックな火山活動がはっきりとみられましたね!

次のコーナー「ライブ天体観測」では、アメリカのヤーキス天文台のビビアンさんと中継を
つなぎ、球状星団M15と土星の写真を見せていただきました。


m15.gif
図:M15

最後に地球を飛び出してみなさんと宇宙旅行へ。
太陽系の様々な惑星を眺めながら、木星の衛星であるイオにクローズアップ。イオは
太陽系で唯一活発な火山現象が見つかっています。さらに先月冥王星へ近づいた探査機
ニューホライズンズがとらえた画像や動画にはダイナミックな火山噴火がとらえられて
いました。

太陽系から遠ざかり、天の川銀河、そして宇宙の果てへ。

来週は「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎えます。月もなく好条件で見えるはず…
ぜひ眺めてみてください。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週異なる案内役、ゲストの方と共に様々な
科学の話を紹介しています。
この夏は、科学の世界をより身近に感じることの出来るシンラドームへどうぞお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月 8日

2015年08月01日

8月1日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、矢治健太郎(国立天文台)が案内役を務め、
上演しました。

まずは太陽をはじめとした太陽系内の天体について紹介していきました。
太陽系最大の惑星である木星は、自転周期が約10時間と地球より短いということに驚く
お客様が多くいらしゃいました。

次に本日の星空を見ていきました。夏の大三角を形作る、ベガ、アルタイル、デネブが
見えました。そしてその間に広がる美しい天の川も、ここシンラドームではくっきりと
見ることが出来ます。

「ゲストコーナー」では、布施哲治さん(情報通信研究機構 鹿島宇宙技術センター)に
お越しいただき、「ニュー・ホライズンズ探査機が解き明かす冥王星の謎」という
タイトルでお話しいただきました。
ニュー・ホライズンズ探査機とは、2006年に打ち上げられた無人探査機です。
打ち上げられたあと、木星の重力を使って加速し、約9年半もの長い年月をかけ、先月
7月14日に冥王星への最接近を成し遂げたそうです。
これまでは、あのハッブル望遠鏡ですらぼんやりとした画像しか得ることができていな
かった冥王星ですが、今回、ニュー・ホライズンズ探査機によって、地表にあるハート型
のような模様まではっきりと見える画像を得ることに成功しました。
そして得られたデータから、冥王星の正確な大きさや大気の厚さ、表面の様子など様々な
ことがわかってきました。
しかし、まだまだ地球に送られてきていないデータは多くあり、このあと約16ヶ月
かけてゆっくり送ってくれるそうです。冥王星の新たな側面についての発見が期待
できそうですね。
さらに、ニュー・ホライズンズ探査機は今後冥王星以外の太陽系外縁天体にも近づき、
データを取得するかもしれないそうです。何年後かにまたニュー・ホライズンズ探査機が
ニュースになるかもしれません!

最後に天の川銀河を離れ、様々な銀河が眺められる宇宙の果てまで宇宙旅行をしてから
地球まで戻り、本日のライブショーは終了しました。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週異なる案内役、ゲストの方と共に様々な科学の
話を紹介しています。 この夏は、科学の世界をより身近に感じることの出来るシンラ
ドームへどうぞお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月 1日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..