Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2015年09月26日

9月26日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
お送りしました。

まずは本日の星空から。
今週はお月様の話題がたくさん!中秋の名月(9/27)、スーパームーン(9/28)、
皆既月食(9/28、但し日本では午前…)について紹介を行いました。
中秋の名月といっしょに輝く惑星や恒星たちの星空をお楽しみいただきました。

続いて「ライブ天体観測」のコーナーです。
夜のシカゴ・ヤーキス天文台のビビアンさんとセッションを行いました。
本日見せていただいた天体画像は、月とアレイ星雲です。
昼と夜をつなぐユニバースならではのセッションをご覧になりたい方は
是非シンラドームへ!


moon.gif

図:月


宇宙に繰り出した私たちは、どんどん地球から遠ざかります。
水星から海王星まで、バラエティあふれた太陽系の世界を3Dで体感していただきました。
さて、太陽は恒星、その周りを回る地球は惑星です。このような惑星は
この広い宇宙にどの位あるのでしょうか?

ここから「ゲストコーナー」です。
本日は亀谷和久さん(東京理科大学)にお越しいただき、
「太陽系外惑星系に名前をつけよう!」と題してお話し頂きました。
太陽系の惑星以外の惑星を「太陽系外惑星(以下、系外惑星)」といい、
恒星とその周りをまわる系外惑星のセットを「太陽系外惑星系」といいます。

1995年のホットジュピターであるペガスス座51番星bの発見に始まり、
今日までになんと千九百個以上の系外惑星が見つかっています。
多彩な系外惑星のうち、スーパーアースの「HD 219134 b」
やハビタブルゾーンに存在する地球サイズの惑星「ケプラー452 b」などを
ご紹介いただきました。
新しく系外惑星が発見されると、このような記号が名前として付けられますが、
馴染みにくいですね。これらに新しく名前をつけて親しみやすいものにしようというのが
本コーナーのトピックです。
昨年から、国際天文学連合(IAU)によって太陽系外惑星系に名前を付ける
キャンペーンが進められ、20個の惑星系の恒星と惑星に対して
世界中から名前が提案されました。現在、一般投票を行なっています。

実は、このユニバースを運営する「ちもんず」も、うしかい座タウ星(τBoo)に対して
「Synra(シンラ)」、この恒星の周りに見つかっている惑星(τBoo b)に対して
「Chimon(チモン)」という名前を提案しています。
他にも様々な名前が提案されていますので、みなさんもぜひ投票してみてください!
10/31まで投票できます!

投票サイト
http://nameexoworlds.iau.org/
日本国内向け支援サイト
http://exoplanet.jp/

さて、惑星に想いを馳せた後は天の川銀河の外へ飛び出し、宇宙の果てまで旅して、
地球まで戻ってきました。


科学ライブショーユニバースでは、毎週様々なコンテンツを用意しております。
皆様のご来場をお待ちしております。

投稿者 ライブショーアシスタント : 9月26日

2015年09月19日

9月19日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)が
案内役を務め、上演しました。

まずは太陽系を見下ろしながら、太陽系の惑星名前当てクイズから
始まりました。海王星の次の惑星は?という問いかけに、客席からは
冥王星!という声が上がりましたが、実は冥王星の周辺には似たような
天体がたくさんあるため、2006年に準惑星に分類されました。
その冥王星に今年の7月、ニューホライズンズという探査機が接近して、
撮って送ってきた動画を見ました。太陽から非常に遠い天体なので、
表面は氷に覆われているのかと思いきや、クレーターや複雑な地形を
見ることができました。

地球に着陸し、秋の星座をみなさんと眺めた後は本日のゲストコーナー
幸村孝由さん(東京理科大学理工学部物理学科)に
「秋冷の候、宇宙が熱い!」というタイトルでお話いただきました。
秋に向けてようやく気温が下がってきましたが、今年の夏も猛暑日が
続きましたね。
地球を暑く照り付ける太陽の表面温度は6000℃と、地球に比べて
非常に高温です。そのため太陽は明るい光を発します。このような光は
温度によって色が変わり、温度があまりに高くなると、ついには目に
見えないX線という不思議な光となります。
このX線で宇宙を観測すると、普段見慣れているオリオン座も隠れて
しまうほどたくさんの星を見ることができるのだそうです。

X線観測が有効な天体の一つにブラックホールがあります。
ブラックホールは自身が光を発することはありませんが、すさまじい重力に
よって星を吸い込むとき、その周辺は100万℃以上という高温になります。
その際に発生するX線を観測するのです。

しかし地上から観測しようとすると地球の大気がX線の邪魔をします。
そこで、ロケットで宇宙に人工衛星を打ち上げて見ようとしているそうです。
年明け頃に打ち上げ予定だそうなので、皆さんで応援したいですね。

「ユニバース」では毎週土曜日に様々なゲストをお招きし、
科学にまつわる最新の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4Fシンラドームにお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 9月19日

2015年09月12日

9月12日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
上演しました。

最初に、身の回りの様々なものを形作る「分子の世界」を見ていきました。
アルコールや砂糖などの調味料、色々なビタミンの分子がどのような構造を
しているのかを、3Dで見ることができました。
食塩を形作る分子が温度によって運動の激しさを変える様子は、
非常にダイナミックで見ごたえがありましたね。

次は化学の世界から大きな宇宙の世界へ。「ライブ天体観測」のコーナーです。
まずは宇宙から地球を眺め、夜のアメリカのヤーキス天文台に着陸し、
生中継をつないでヤーキス天文台で撮れた様々な写真を見ていきました。
今日はダンベルのような形をしたアレイ状星雲や天の川銀河のような
渦巻銀河であるNGC6946、惑星状星雲であるM57などを解説していただきました。

NGC6946.gif
図:NGC6946

そして「恒星間飛行」のコーナーでは、様々な時間や場所で見える星座の違いを
体験しました。太陽の次に地球から近い恒星であるケンタウルス座α星から
見た星空は地球から見た星空とあまり変わりませんでした。しかし、オリオン座の
ベテルギウスから見た星空はずいぶんと地球の星空の様子とは違っていましたね。
星座の名前も国によって様々で、中国では私たちの知っている星座とは異なった
星座線を結んでいるところもあり、人によって星空の見方が違っていることが
うかがえました。

本日の「ゲストコーナー」では、片岡龍峰さん(国立極地研究所)と
東野珠実(笙演奏家)にお越しいただき、「Synraの星筐〜オーロラと笙の響き」
というタイトルでお話と生演奏をしていただきました。片岡さんが実際に
現地で撮影したオーロラ映像を背景に、東野さんには「天から射し込む光」という
意味を持つ楽器「笙」を用いた演奏を披露していただきました。
笙は3500年前の遺跡からも発掘されるような中国古来の歴史ある楽器です。
それが1400年前、奈良時代に日本に伝来し、今もなお雅楽として日本の文化に
溶け込んでいます。
オーロラの綺麗な3D映像に響く笙の神秘的な音色は、まさに宇宙の壮大さを
想起するような独特の空間を演出していましたね。
東野さんは「星筐プロジェクト」という宇宙と笙を融合させた新しい雅楽の推進も
行っており、今後の活動にも目が離せませんね。

星筐プロジェクトHP
www.hoshigatami.jp

「ユニバース」では毎週土曜日に様々なゲストを招き、
サイエンスにまつわる話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4Fシンラドームにお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 9月12日

2015年09月05日

9月5日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は亀谷和久(東京理科大学)が案内役を務め、
ゲストに木下大輔さん(国立天文台/國立中央大學)をお呼びしてお送りしました。

本日は科学技術館正面の全天画像から始まりました。
シミュレーションの景色に切り替えると、曇ってる本日の空も快晴に。
お昼から時間を進めると、星たちが現れ始めました。
今夜は南の空にはさそり座、真上にはには夏の大三角を見ることができます。
東の空には秋の星座の代表であるペガスス座もあります。
夏の大三角ほど明るくはないので見つけにくいかもしれませんが、ぜひチャレンジして
見つけてみてください。

地球から見える星空を楽しんだ後は宇宙へ飛び出しました。
宇宙には太陽系の惑星以外にも、とても多くの惑星が存在しています。
現在それらの惑星に名前をつけようというプロジェクトが国際天文学連合(IAU)に
よって進めれています。
ユニバースを運営する学生団体「ちもんず」でも、うしかい座τ星の惑星に名前を
提案しており、現在投票が行なわれています。
みなさんの投票をお待ちしております。

宇宙の果てまで旅行を楽しんだあとは、先ほど紹介したうしかい座のτ星に降り立ち、
そこから見える星空を眺めました。地球とは遠くはなれた場所にある恒星なので、
星たちは地球から見える位置とは全く違ったように見えます。

最後に「ゲストコーナー」
木下さんには「変わりつつある宇宙を見る 〜小惑星の研究から〜」というタイトルで
お話していただきました。
空に輝く星々は、今日見ても明日見ても、来年見ても特に大きな変化はありません。
でも、本当に宇宙は変わらないのでしょうか。
宇宙には、月のように私たちから見たときに明るさや場所、形が変わるような天体が
たくさんあります。実は惑星や彗星などにも当てはまります。
これまでは技術力が足りず、天文学者も内容が難しいために、変化する宇宙についての
研究はあまりされてきませんでした。
しかし、近年の技術の向上により、たくさんのデータを扱えるようになり、変化する
宇宙が見えるようになってきました。
表面がでこぼこした小惑星も変化する天体です。
小惑星を照らす太陽と観測する地球の位置によって、小惑星の見え方は変わります。
でこぼこした表面に当たった光を様々な角度から見ると、どのような形をした表面なのか
を知ることができます。実際に紙に光を当てて、平らな面とでこぼこの面では当てる光の
角度によって見え方がどのように変わるのか実験も行いました!このように表面の様子で
小惑星の種類を知ることができるのだそうです。
小さな小惑星の実態が明らかになることで、大きな宇宙について知ることができる
なんておもしろいですね!

ユニバースでは毎週さまざまな科学に関する内容を紹介しています。
ぜひ友達やご家族と一緒にシンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 9月 5日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..