Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2015年11月28日

11月28日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は亀谷和久(東京理科大学)が、
案内役を務めお送りしました。

今週に入って急に冷え込んで季節は冬を迎えようとしていますが、
本日20時の夜空にはまだ秋の星たちが輝いています。まずはペガスス座を
はじめとした秋の星座紹介から始まりました。
秋を代表する星たちはあまり明るくなく、東京からは見えにくいのですが
実は秋の星座には壮大な神話があります。気になった方はぜひ調べてみて
ください。

次のコーナーは「ライブ天体観測」です。アメリカのカリフォルニアにある
望遠鏡で撮影した月、銀河の横を通過するパンスターズ彗星、様々な
フィルターを通してみた亜鈴状星雲をビビアンさんと中継しながら紹介して
いただきました。


moon.png

図:月

続いて、地球を飛び出して「太陽系の姿」のコーナー。シンラドームに映し
出された迫力満点な惑星たちを順番に紹介していきました。
そして、太陽系を抜け出して宇宙の果てへ。地球から見た秋の星々の
間を通り抜け、私たちがすむ天の川銀河も飛び出しました。その先には
どんなものが見えたのでしょうか。真相は「ユニバース」で!

最後に「ゲストコーナー」では、霖尋可さん(工学院大学修了)から
「宇宙ゴミから人工衛星を守る」というタイトルでお話をしていただきました。
地球の周りをグルグルと回り続ける役目を終えた人工衛星;スペースデブリ
(宇宙ゴミ)。このスペースでブリが現役の人工衛星にぶつかると人工衛星が
壊れてしまいます。
そんな事故から人工衛星を守るために濱谷さんたちは”シールド”を考案した
そうです。シールドのアイデアと形に、みなさん驚いていました。
この研究でより多くの人工衛星が危険から守られるといいですね。

科学ライブショー「ユニバース」では、毎週楽しい科学の話題を用意して
皆様をお待ちしております。ぜひ、土曜日は「ユニバース」へお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月28日

2015年11月21日

11月21日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、案内役に矢治健太郎
(国立天文台)、ゲストには下井倉ともみさん(東京学芸大学)を
お迎えしてお送りしました。

まずは「太陽系の姿」のコーナー。シンラドームに映し出された
太陽系の間違い探しから。軌道の線が描いてあったり、惑星が
太陽より大きかったりと、実際の太陽系とは違うところがありましたね。
そして、水星、金星、地球と内側の惑星から順に迫って見ていきました。
木星では大赤斑を目印にして、自転周期を観察。
木星の自転周期は10時間、意外と短いことに驚きです。


そのあとは可視光線など3種類の波長で観測した現在の太陽の姿を
紹介しました。
さらに、11月3日にISSが太陽の前を通過した画像も紹介しました。
ISSが太陽の前を通過する時間はなんと1秒以下なのだそうです。

そして、地球に着陸して、アンドロメダ座、ペガスス座やくじら座など、
秋の星座を星座神話のお話とともにお届けしました。

「ゲストコーナー」は「星団の誕生を探る」と題して、下井倉さんに
星団や星雲がどのように生み出されるのかについてお話しいただきました。
私たちの住む天の川銀河を横から見てみると、黒い部分がありましたね。
この黒い部分は一体なんなのでしょうか?
この正体を明らかにする鍵となるのが星団や星雲が発する光です。
光には紫外線や赤外線などの人間の目には見えないものがあります。
下井倉さんは、その中でも電波と赤外線を使って謎の黒い部分の正体を
探っています。この黒い部分、名前を暗黒星雲といい、黒く見えるのは
後ろにある星の光を吸収しているからなのだそうです。
では、何が光を吸収しているのでしょうか?
野辺山の45m電波望遠鏡を用いて観測を行うと、一見何もないように
見えるその部分にはガスと塵が集まっていることがわかります。
つまり暗黒星雲を作り出しているガスや塵が光を吸収しているのです。
ガスや塵が集まると星が形成されます。実は、暗黒星雲は星が生まれる
場所というわけです。
今後、新しく星が生まれる姿が明らかになるかもしれませんよ!

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストを
お招きして、科学にまつわる最新の話題をお届けしています。ぜひ、
科学技術館F4シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月21日

2015年11月14日

11月14日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は伊藤哲也(国立天文台)が
案内役を務めお送りしました。

まずは20時の星空を眺めました。夜空には秋の星座を代表する
ペガスス座の四辺形が見えていました。西の空には実はまだ夏の大三角も
きれいに見ることができます。さらにみなさんと一緒にカシオペア座を使った
北極星探しもしました。

「ライブ天体観測」のコーナーでは、アメリカのシカゴにある
ヤーキス天文台で撮った画像を送っていただきました。M31や
かに星雲、パンスターズ彗星などどれもきれいな画像ばかりでした。


messier 31_1178692_rprime_005.jpg


図:M31

「ゲストコーナー」では秋山永治さん(国立天文台チリ観測所)に
「驚きがいっぱい、太陽系での新発見!」というタイトルで、
今年話題になった太陽系の新しい発見のうちの3つを紹介していただきました。
まずは「火星に液体の水がある」というニュースから。
多くの探査機によって調査されている火星。その火星表面で撮影された
写真を見てみると、まるで地球上のどこかにありそうな風景にも思えてきます。
そんな火星には以前から氷の状態で水があることが示唆されていましたが、
いたるところの斜面で見られる黒い筋模様を詳しく調べることで、
液体の水の存在をついに証明することができたのだそうです。

次は「土星の衛星に生命がいる可能性が高い」というニュースです。
土星の衛星のひとつであるエンケラドスでは、生物学者が提唱している
「生命体が存在する条件」を全て満たす天体であることが判明しました。
表面には間欠泉のように何かが吹き出しているところもあり、厚い氷に
囲まれた内部では、液体の水が存在しているのかもしれません。

最後は「冥王星の表面を撮像した」というニュースでした。
惑星から準惑星という分類に変更になって久しい冥王星ですが、今年の7月、
ついに探査機ニューホライズンズが冥王星に接近し、その表面を撮影する
ことに成功しました。今まで誰も知らなかった冥王星の表面は、平らな部分と
険しい山脈でつくられたでこぼこな部分をもつ、とてもユニークな天体で
あることがわかりました。冥王星の衛星であるカロンの撮影にも成功し、
こちらも多くのクレーターや山脈をもつ起伏に富んだ天体であることが
わかってきました。今もニューホライズンズは冥王星やカロンに関する膨大な
データを地球に送ってくれています。今後さらに新しい発見があるかも
しれませんね!

科学ライブショー「ユニバース」では、毎週様々なゲストをお招きして最先端の
科学の話題をお送りしています。ぜひ科学技術館のシンラドームまでお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月14日

2015年11月07日

11月7日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が
案内役を務め、お送りしました。

本日は科学技術館の昼間の空からスタート。
まずは埼玉大学で観測した昨日の太陽画像を紹介し、温度が周りより
低い黒点に注目して見ていきました。人工衛星で観測したX線や紫外線の
太陽画像から、温度が低い場所でも実はとても活発なことがわかりましたね。

次に、「季節の星空」
今晩晴れたら、科学技術館からいくつの星が見えるでしょうか。
ライブショーで答え合わせをしましたが、ぜひ実際の星空を見上げて
数えてみてください。
時刻を18:30に進めると、ぱっと目立つのは夏の大三角。
その三角を形作る星の近くで星が生まれたり(はくちょう座のS106)、
死んだり(こと座のM57)しています。

星の一生に思いをはせつつ、時間を進めて時刻は明け方4時頃。
今度は、オリオン座と冬の大三角!そして、星座になっていない天体
(月、金星、火星、木星)が並んでいるのでぜひ早起きして眺めてみましょう。

今度は地球を飛び出して、地球の裏側に位置するチリへ。

「ゲストコーナー」では、「世界最高標高の天文台とそこから観る宇宙」
という題で高橋英則さん(東京大学)にお話いただきました。
チリのアタカマ砂漠のチャナントール山(標高5640m)に、世界最高標高に
ある望遠鏡としてギネスを持つminiTAOという1mの赤外線望遠鏡があります。
miniTAOでは赤外線で、天の川銀河の中心を鮮明に捉えました。
日本の降水量が年間約1500mmであるのに対して、アタカマ砂漠では
平均約10mmと、人には厳しい環境でも、観測にはとても良い環境です。
現在、6.5m望遠鏡を建設するTAOプロジェクトが進んでおり、今後50年は
続くそうなので、次世代の子どもたちにぜひ活躍してもらいたいですね。

その後は太陽系の惑星を見ていきました。
水金地火木土天海。火星と木星の間にある小惑星帯の中には、はやぶさの
行ったイトカワとはやぶさ2が目指すリュウグウがあります。
最後に太陽系から銀河系、星が生まれる姿を眺めつつ、さらに外側の宇宙へ、
どんどん地球から遠くへいき、3Dで宇宙遊泳を楽しんでもらいました。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週異なる案内役、ゲストの方と共に
様々な科学の話をご紹介しています。
ぜひ文化の秋を楽しみに来てください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 11月 7日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..