Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2016年03月26日

3月26日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、野本知理(千葉大学)が案内役を
務め、ゲストに大朝由美子さん(埼玉大学)をお迎えしてお送りしました。

まず、スクリーンには大きく私たちの住む地球が映しだされました。
ちょうどお昼時の日本では星空を見ることはできませんが、このときアメリカは
真夜中。冬の星座が沈み、春の星座が見えるころです。本日はライブショー初の
試みで、アメリカのヤーキス天文台の望遠鏡を遠隔操作して観測を行いました。
果たして天体写真を撮ることはできたのでしょうか。

観測の結果を待ちつつ、続いて「分子の世界」のコーナーへ。3Dの分子モデルの
動きを順に見ていきました。食塩の分子モデルは温度を上げていくと規則的な
配列が崩れてしまいました。食塩は何度で融けるのでしょうか...?

続いては「重力の不思議」のコーナー。どうして太陽の周りを惑星は回って
いるのでしょう。それは重力による影響が大きく関係しています。地球の移動速度を
速くしたり、太陽を消してみたり、様々なシミュレーションを行いました。

続いて、本日の「ゲストコーナー」へ。
大朝さんには「インドネシアでとらえた黒い太陽」というタイトルで、記憶にも
新しい皆既日食のお話を伺いました。
皆既日食とは、太陽ー月ー地球が一直線に並んだときに起こる現象ですが、太陽の
周りを回る地球の公転軌道と地球の周りを回る月の公転軌道がずれているため、
そう簡単に起こるものではありません。
さて、3月9日にインドネシアでは皆既日食が見られ、日本では部分日食が
見られました。インドネシアには古くから『怪物が太陽を飲み込んでしまう』
ために日食が起こるという言い伝えがあり、30年ほどまえの皆既日食のときは多くの
人が家に閉じこもっていたのだそう。しかし今回の日食はみなで楽しんだようです。

そして皆既日食は太陽を取り巻くダスト「ダストリング」の観測をする絶好の
チャンス。通常、太陽から離れるほど明るさの度合いは小さくなりますが、
ちょうど50年前、急に明るくなる場所の存在が明らかになりました。これは
ダストリングによる影響と考えられているものの、なかなか観測に成功していません。
2009年で日本で起きた皆既日食は曇ってしまい断念。
そして今回、インドネシアでダストリングの観測に再チャレンジ。結果は・・・?
最後に太陽観測衛星「ひので」によって撮影された動画を見せていただきました。

さて、「ライブ天体観測」の結果はというと...M81の写真を撮ることに成功!
M81は星が生まれガスが吹き出す活動銀河です。
2回目の上演ではヤーキス天文台のビビアンさんと一緒にフクロウ星雲の写真を
見ました。

M81_1239473_rprime_001-rgb.jpg

図:M81

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして、
科学にまつわる最新の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 3月26日

2016年03月19日

3月19日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は
亀谷和久(東京理科大学)が案内役を務め、上演しました。
ゲストはちもんずの潮田和俊さん(埼玉大学)、
大山結和さん(慶應義塾大学)でした。

はじめに映し出されたのは科学技術館入り口前の写真。本日は
あいにくの曇り空でしたが、シミュレーションに切り替えて
時間を進めるとシンラドームには満点の星空が。
「本日の星空」のコーナーではオリオン座にある二つの一等星や
冬の大三角、さらに冬のダイアモンドとカノープスを紹介しました。
まだ冬のきれいな星々が見ることができるので、ぜひ皆さんも
空を見上げてみてください。

次は「太陽系の姿」のコーナー。
太陽系の惑星たちはみんな同じ方向に、そして内側にある惑星ほど
速く太陽の周りをまわっていました。さらに天の川銀河、宇宙の果てまで
見に行きました。
「重力の不思議」のコーナーで再び話題は太陽系へ。地球の速さが
変わったとき、太陽がなくなったとき...惑星たちはどのように動くのでしょうか。
普段見られないような太陽系の姿に興味のある方はぜひ自分の目でご確認ください!

続いては「ゲストコーナー」
一回目の上演では、潮田さんに「天体観測の装置を作ろう!」という
タイトルでお話しいただきました。天文学とは何か、というクイズに始まり、
潮田さんが開発した観測装置『MuSaSHI(むさし)』について小さなお子様にも
わかりやすく説明していただきました。
『MuSaSHI』は望遠鏡で集められた天体からの光を色ごとに分けて測る観測装置で、
3枚のフィルターのデータを同時に得ることができます。これは時間の短縮や
同じ条件下での観測という利点につながります。
ひとえに装置を作るといっても、設計から組み立て、試験など様々な過程が
必要なのだそうです。既に埼玉大学の望遠鏡には『MuSaSHI』が取り付けられ、
観測が行われているとのこと。今後の活躍に期待ですね!

二回目の上演では、大山さんに「医療と自動診断の未来」という
タイトルでお話しいただきました。最近、ドラマの影響で「病理医」の世界に注目が
集まっています。病理医とは、内科医や外科医と同じ専門医のひとつ。顕微鏡に
よる細胞や組織の観察をすることで患者さんの病気を診断する大事な職業です。
しかし日本では病理医が不足しているのが現実です。そこで大山さんは病理医の
役割を担う「コンピュータのお医者さん」のシステム開発に取り組んだそうです。
大山さんが焦点を当てたのは検診で予防可能な唯一のがんである子宮頸がん。
細胞ががん化している可能性のあるものを自動で把握するシステムについて
詳しく説明いただきました。
コンピューターのお医者さんが現れる未来も近いかもしれませんね!

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして、
科学にまつわる最新の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階シンラドームにお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 3月19日

2016年03月12日

3月12日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、矢治健太郎(国立天文台)が
案内役を務め、ゲストに菅原龍さん(立教大学理学部、元・青年海外協力隊)を
お迎えしてお送りしました。

まず、「太陽系の姿」のコーナーからスタート。3種類の波長で観測された
太陽の画像を見比べたあとは、3月9日に起こった部分日食の話題へ。
東京はあいにくの曇り空でしたが、インドネシアでは皆既日食が見られたそうで、
現地で撮影されたダイヤモンドリングと最大食の画像がドームに映し出されました。

「ライブ天体観測」ではアメリカのヤーキス天文台のビビアンさんと生中継!
子持ち銀河と呼ばれる大小2つの銀河と渦巻銀河の画像を紹介していただきました。

m51_20160311_expfilters_y41_1225433_iprime_009.jpg

図:子持ち銀河

「本日の星空」は、このあとのゲストコーナーにちなんでジャマイカに着陸。
ジャマイカは日本との時差が14時間あり、日本よりも南に位置しています。
そのため、日本ではなかなか見ることのできないカノープスが高く見えるのです。
他にも日本とジャマイカでは星の見え方が少し違っていましたね。

そしていよいよ「ゲストコーナー」。菅原さんには
「Youは何しにジャマイカに? 青年海外協力隊・環境教育奮闘レポート」
というなんだか聞き覚えのある(?)タイトルでお話しいただきました。
ジャマイカ(Jamaica)と日本(Japan)は国名がアルファベット順で隣り合っている
ため、国連前の国旗が一緒に並んでいるという意外なつながりがあるのだそう!
ジャマイカと言えばウサイン・ボルト選手をはじめとする陸上選手や、
カリブ海のコバルトブルーの綺麗な海など素敵なイメージが多いですよね。
しかし、それは観光に限った話。ジャマイカの多くの町ではごみ問題が非常に
深刻で、道端やイベント会場などではごみが平気で放置されているのだそうです。
菅原さんはそんなジャマイカのごみ問題を解決するために、現地の子どもたちに
環境教育を行う活動をしていました。
その活動の1つとして、子どもたちと一緒に再生紙を使った折り紙をしたそうで、
鶴の折り方を教えるのがとても大変だった、とおっしゃっていました。
環境面ではまだまだ課題がたくさんあるようですが、実は日本との関わりが
なかなか深い国でもあります。よく耳にするコーヒーのブランド、ブルーマウンテンは
ジャマイカでしか採れないもので、しかもその約80%が日本へと輸出されている
そうです。さらに、日本からはジャマイカへ中古車を輸出しており、日本の
自動車メーカーは現地でもとても有名だそうです。
日本のほぼ裏側にあるジャマイカ、これからはぜひ様々な視点から注目して
みてください!

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして、
科学にまつわる最新の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階・シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 3月12日

2016年03月05日

3月5日@科学技術館

本日の科学ライブショーは野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
上演しました。

まずは「ゲストコーナー」から始まりました。
本日のゲストは藤原 英明さん(国立天文台 ハワイ観測所)で、
「すばる望遠鏡が見た元気な赤ちゃん星」というタイトルで、
インターネット中継を使ってお話しして頂きました。
藤原さんはハワイ島のマウナケアにあるすばる望遠鏡という所で
研究されています。すばる望遠鏡は、面白い研究テーマを応募して
採用されれば誰でも観測できる仕組みになっています。
台湾の研究チームの提案で、生まれたばかりの星の観測が進められていました。
その結果、赤ちゃん星(と言ってもなんとおよそ100万歳!)が周囲のガスを
食べる様子を観測することに成功したそうです!
実際にガスが星に吸い込まれている様子を写真でお見せいただきました。
中には吸収したガスを周囲に撒き散らすような星もあり、藤原さんはそれを
「おなかがぺこぺこ過ぎて、ご飯を食べ散らかしている元気いっぱいの赤ちゃん星」
と表現していました。少しお行儀が悪いですね...。
でも、星の成長にとって大事なステップなのだそうです。
この元気な赤ちゃん星ははくちょう座やオリオン座付近でも見つかっている
そうです。
こういった様々な研究結果や宇宙の写真は、すばる望遠鏡のHPで見られるそうなので、
みなさん是非チェックしてみて下さい。

すばる望遠鏡
http://subarutelescope.org/j_index.html


次は「分子の世界」のコーナーです。身近な物質や調味料を分子の世界から眺めて
クイズを行いながら紹介していきました。「この物質は何でしょう?」という問いに、
ヒントを参考にしながらみなさん元気いっぱいに答えていました。

「重力の不思議」のコーナーでは、太陽系にちょっとした変化を加えると
惑星たちがどう動くかシミュレーションを紹介していきました。
「もしもある日突然太陽系にさらに太陽が現れたら?」どうなるのでしょう。
太陽を5つも加えて重力シミュレーションを行いました。

科学ライブショー「ユニバース」では、毎週様々な科学の話題をお送りしています。
是非土曜日は、科学技術館4階のシンラドームへお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 3月 5日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..