Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2016年04月23日

4月23日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は亀谷和久(国立天文台)が案内役を
務め、ゲストに上土井大助さん(宇宙航空研究開発機構)をお迎えしてお送りしました。

まずは科学技術館前の写真からスタート。写真から現在の空の様子が映し出された
シミュレーションに切り替わり、時間を進めて「本日の星空」をみなさんと
見ていきました。
季節はすっかり春となり、20時になると西の低い空にはオリオン座や冬の大三角形などが、
南にはしし座などの春の星々が見えます。しし座のすぐ下に見える明るい星は木星です。
都内の明るいところでも見ることができるのでぜひ探してみてください。

続いて地球を飛び出し宇宙へ。ライブショーが行われている時間、日本は太陽に照らされ
ているので昼ですが、日本の反対側にあるアメリカは夜ですよね。そこで、シカゴ郊外に
あるヤーキス天文台の研究員のみなさんと中継を繋いで「ライブ天体観測」のコーナー。
研究員のKoreyさんには事前に観測していただいた渦巻銀河(NGC2903)、木星と3つの
衛星、子持ち銀河(M51)の画像の解説をしていただきました。

m51.jpg


図:M51

再び宇宙空間に戻り、太陽系の惑星たちを確認したら今度は銀河の世界。
銀河団などを見つつどんどん遠くへ離れ、宇宙の果てまで行ったところで地球に
戻ってきました。

本日の「ゲストコーナー」では、上土井さんに、「宇宙に発電所を作る!」と題して
お話しいただきました。
上土井さんが研究していらっしゃるのは「宇宙太陽光発電所」という構想で、
名前の通り宇宙に太陽光発電所を作ろうというものです。
なぜ宇宙に作るのかというと、地上と違って天気に左右されない、1年間通して
ほとんど夜が来ない、広い空間を確保できるという3つの大きなメリットがあるから
なのだとか。
では、宇宙から地上までどのように電気を送るのでしょうか。宇宙から電線を
引くわけにはいかないので、電波の一種であるマイクロ波を使って送るのだそうです。
マイクロ波は携帯電話の通信や電子レンジに使われている電波の一種です。
電子レンジはこの電波を強めることで食べ物が温まる仕組みになっていますが、
宇宙から送られてくるマイクロ波は弱めて送るため、人や生き物などには影響が
出ないようになっています。
果たしてそんな仕組みで本当に電気を送ることができるのでしょうか。ここで、
上土井さんが実験で実際に見せてくださいました。板に針金を貼って、LEDを繋ぎます。
そこにトランシーバーから電波を送ると、LEDが光りました!トランシーバーに近づくと
LEDが明るくなり、遠ざかると暗くなって消えてしまいます。この仕組みを使って地上に
電気を送ります。
2km四方の太陽光発電で原子力発電所1基分の電力を発電することができるとのことですが、
そんな大きいものを打ち上げて組み立てるのはとても大変です。そこで、上土井さんは、
宇宙空間でパネルを組み立てることができる装置を開発しているのだそうです。
地上では重力がはたらいているので、実験は装置を吊り下げて無重力を模擬した状態で
行われるのですが、吊り下げワイヤの取り回しが大変なのだそうです。
宇宙太陽光発電の研究は大変ですが、地上とは違う良さがあります。
皆さんもぜひ調べてみてください!

科学ライブショー「ユニバース」は毎週土曜日に科学技術館4階のシンラドームで
行われています。
最新の科学の話題を聞きに足を運んでみてはいかがですか?

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月23日

2016年04月16日

4月16日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(千葉大学)が案内役を務め
お送りしました。

最初は「分子の世界」のコーナーです。3Dの分子をドームいっぱいに映して、
なんの分子なのかクイズをしました。水分子に始まり、料理の『さしすせそ』にも
出てくる様々な調味料の分子を紹介していきました。発想豊かな回答もあって会場は
大盛り上がりでした。

続いて、「恒星間飛行」のコーナです。地球から一番近い恒星であるαケンタウリに
飛んで行き、地球から見える星座とαケンタウリから見える星座の違いを
確かめました。さらに、もし光速の80%で飛べる宇宙船があったら...という
シュミレーションでオリオン座のベテルギウスまで星間飛行をしました。
宇宙船の旅は思わず声が出てしまうほど圧巻です!

最後は、「重力の不思議」のコーナーです。太陽系の惑星の運動シュミレーションを
用いて、もし地球の公転速度が速くなったら、太陽がなくなったら、太陽系はどうなって
しまうのかというシュミレーションを行いました。締めは太陽が10個増えたらどうなるか
というシュミレーションです。会場の皆さんの好きなところに太陽を置いて実験しました。
地球が派手に突き飛ばされたり...結果はシンラドームでのお楽しみ。

科学ライブショー「ユニバース」では、毎週土曜日に科学の話題をお送りしています。
週末のお出かけの際はぜひ科学技術館へお越しください。
4Fシンラドームでお待ちしております。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月16日

2016年04月09日

4月9日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、矢治健太郎(国立天文台)が
案内役を務め、鳥海森さん(国立天文台太陽天体プラズマ研究部 特任助教)を
ゲストにお迎えしてお送りしました。

まず初めに「太陽系の姿」のコーナーから。水星から順番に太陽系の惑星を
みなさんで見ていきました。木星では「大赤斑」を目印に木星の自転周期クイズを
行いました。

続いては最近の太陽の様子を確認。スクリーンには3種類の太陽画像が
映し出されましたが黒点は1ヶ所だけ出現していました。黒点の数はおよそ
11年周期で変化します。太陽の黒点数の年変化のグラフを見ると、
2012年前後に極大を迎えたあと黒点数は減少し、2000年頃の極大期よりも
黒点数は減少していることがわかります。

「本日の星空」では今夜20時の空を紹介。東の空にはしし座、おとめ座、
かみのけ座をはじめとする春の星座が、西の空にはまだ冬の星座も見ることができます。

「ライブ天体観測」ではヤーキス天文台のビビアンさんと中継をつないで、
現地で撮影された銀河などの画像を紹介していただきました。一部の銀河の
画像はなんと高校生が撮影したのだそう。銀河を真上や真横から撮影した画像を
見ると銀河の構造がよくわかります。


ngc5907.jpg

図:NGC5907(横から見たとき)

ngc4535.jpg

図:NGC4535

さて、いよいよ本日の「ゲストコーナー」へ。鳥海さんには
「黒点・フレア 太陽の謎に迫る!」と題して太陽観測・シミュレーションの
研究最前線についてお話しいただきました。
まず、スクリーンに大きく映しだされたのはアメリカの人工衛星「SDO」によって
撮影された太陽フレアの迫力ある映像。太陽フレアは黒点の近くで起きる太陽の
爆発現象です。
ここからはクイズを通して様々な太陽の謎に迫っていきました。
まず、なぜ黒点は暗いのか?という謎からスタート。黒点の明るさには温度が関係
しています。黒点の温度が周りよりも低くいので暗く見えるのです。それではなぜ
黒点は温度が低いのでしょう?正解は、黒点に「磁場」があるから。磁場にはガスの
運動をおさえる働きがあり、その結果、温度が低くなるのです。
続いて、その磁場はどこから来るのか?という謎へ。磁場は太陽の中から
湧き出ているのだそうです。太陽の中を直接見ることはできないので、
スーパーコンピュータで再現された太陽内部の映像を見せていただきました。
橋をかけるようにして形成される磁場の様子がわかりましたね。
実はコーナーのはじめに映しだされたインパクトある太陽フレアの発生にはこれまで
出てきた「黒点」と「磁場」が関係しています。磁場のある黒点のまわりでエネルギーが
解放されることで太陽フレアが生じるのです。
さらに太陽フレアは地球にも影響を及ぼします。地球から見えるオーロラは
太陽フレアによって生じた高エネルギーの「粒子」が地球の磁場に沿って降り注ぐことで
発生します。
まさに、太陽の活動が地球と密接につながっている!と実感できるようなお話でした。

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして、
科学にまつわる最新の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階・シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月 9日

2016年04月02日

4月2日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、大朝由美子(埼玉大学)が
案内役を務め、ゲストに寺居剛さん(国立天文台ハワイ観測所)を
お迎えしてお送りしました。

まず、インドネシアで撮影された皆既日食の全天周動画が映しだされ
ました。明るかった空が急に暗くなり、かと思えば真っ黒な太陽が!
次回はアメリカで皆既日食が見られるとのこと、楽しみですね。

「季節の星空」のコーナーでは東京の空を紹介しました。夜でも
明るい東京ではいくつくらいの星が見えるのでしょうか...?
20時の空には木星とオリオン座、冬の大三角形が見られます。
また明け方には夏の大三角形とさそり座の姿がありました。さそり座の
近くに明るく輝く火星と土星。さそり座のアンタレスは火星と同じくらい
赤い星ということで名づけられたそうです。ぜひ4月の星空を
見上げてみてください!

「太陽系の姿」のコーナーでは、惑星たちの名前をみなさんに
当ててもらいました。望遠鏡で初めて見つかったのが天王星、そして、
他の惑星の軌道から予測されて見つかったのが海王星。その外側には
冥王星のほか、氷で覆われた太陽系外縁天体たち…

そこで「ゲストコーナー」では、寺居さんに
「新惑星は存在するか?すばる望遠鏡の挑戦」というタイトルで外縁天体の
お話をしていただきました。なんとハワイと生中継!
すばる望遠鏡はハワイのマウナケア山(4205m)にあり、口径8.2mの
反射鏡を持つ世界最大級の望遠鏡です。寺居さんはこのすばる望遠鏡で先ほど
紹介した外縁天体の研究を行っているそうです。
2008年に神戸大学が、そして2016年にはアメリカのグループが、太陽系外縁部の
外側に未知の惑星が存在するのではないかという仮説をそれぞれ発表しました。
前者の新惑星は地球と大きさが比較的似ていると考えられていますが、後者は
地球の10倍の重さをもち、より遠くにあると予測されています。
現在、すばる望遠鏡と新装置HSCで新惑星の探査が進められており、さらなる
大規模な観測が早ければ半年後に開始されるとか…結果が楽しみですね。

さらに、国際協力による口径30mの新たな望遠鏡TMT(Thirty Meter Telescope)
の建設計画が今まさに進行しています。すばる望遠鏡と連携することで
より高性能な観測が期待されているとのこと!

最後に、銀河系を眺めてさまざまな形・色・大きさを持つ銀河を遊泳し、
地球まで戻ってきました。

科学ライブショー「ユニバース」では、毎週様々な科学の話題をお送りしています。
是非土曜日は、科学技術館4階のシンラドームへお越し下さい。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月 2日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..