Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2016年07月30日

7月30日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
ゲストに山田幸正さん(首都大学東京)をお迎えしてお送りしました。

まずは、「分子の世界」のコーナーから。
調味料やビタミンなど、身近なものを3Dの分子の世界から眺めて、
その正体を観客のみなさんに当ててもらいました。
本日の観客のみなさんは物知りな方が多く、難しい分子の名前も
どんどん正解していました。

次に「重力の不思議」コーナーへ。
地球の公転速度が早くなったとき、太陽がいくつも増えたとき太陽系は
どうなってしまうのか想像してもらいながらシミュレーションを行いました。
太陽系に6個もの太陽を増やしてみたところ、惑星たちがとてもユニークに動き、
会場からは笑い声があがりました。

続いて「恒星間飛行」のコーナーへ。
ここでは、現在の地球から見た星空と、別の恒星から見た星空を見比べます。
オリオン座のベテルギウスに移動する間、私たちが普段見ているは景色は
どのように移り変わってゆくのでしょうか。

最後は、「ゲストコーナー」へ。山田さんには
「ベトナム北部の伝統的キリスト教会堂の建築空間」と題して、
ベトナムにある教会のつくりや他の地域との違いについてお話しいただきました。
ベトナムには日本より50年も早くキリスト教が伝わっており、東南アジアで3番目に
キリスト教信者が多いとされています。山田さんはそのベトナム北部のハノイ近郊で
2007年から調査を進めているそうです。
ハノイにはおよそ1200もの教会があり、山田さんは実際に一軒一軒訪れて外観や
内部の写真を撮影し、現地の方に話を伺うなどの活動をなさっています。
ハノイにある教会はヨーロッパにあるものと似たような外観をしていますが、
一部にはベトナム独自の技術や装飾が用いられており、文化の融合が見られます。
また、1930年以降になってベトナム国内での建築技術が進歩してくると、
ドーム風の屋根が多く見られるようになります。
これは、神様の居場所である教会を天球、すなわち地球から見える宇宙に
見立てているのではないか、とのことです。
このような調査は今後もどんどん行なわれていくそうです。
美しい教会の写真をまたたくさん見せて頂きたいですね。

科学ライブショー「ユニバース」では、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして
最新の科学の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階のシンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月30日

2016年07月23日

7月23日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、亀谷和久(国立天文台)が案内役を務め、
ゲストに阿部新助さん(日本大学理工学部航空宇宙工学科)をお迎えしてお送りしました。

まずは「本日の星空」のコーナーから。本日の20時に合わせ、どんな星が見えるか
確認しました。北の空には、おなじみの北斗七星が。さら に、北斗七星をひしゃくに
見立てて桶の先を伸ばしていくと、北極星が見つかります。持ち手の部分を
伸ばしていくと、春の大曲線を描けます。
そして視線を南に向けると、赤く光る星が見つかります。これはさそり座の1等星、
アンタレスです。さそり座の頭の近くには、同じく赤く光る火星と、輪が特徴的な土星が
見えます。視線を上に向けてみると、明るく光る3つの星が見つかります。これが有名な
夏の大三角です。紹介したこれらの星々はとても明るく、肉眼でも見つけるこ とが
できるのでぜひ探してみてください。

続いて「ライブ天体観測」のコーナーへ。アメリカのヤーキス天文台と中継を繋ぎ、
コリーさんに天体の写真を紹介していただきました。
今回は、クレーターがはっきり見える月、超新星爆発によって生まれた、はくちょう座の
網状星雲、そして2つの銀河が寄りそい、将来合体するだろうといわれている
子持ち銀河の写真を見せてもら いました。


moon.jpeg


図:月の表面

いよいよ地球を飛び出してみなさんと宇宙旅行へ。まずは見えてきたのは太陽系
惑星たちです。それぞれ名前をみなさんと確認しました。さらに太陽系の外に出ると、
私達が暮らしている 天の川が見えてきます。どんどん離れてたくさんの銀河たちの
間をすり抜け、宇宙の大規模構造が見えるところまで行きました。この宇宙の
大規模構造は隙間だらけですが、これから研究が進めばこの隙間が埋まる日が
来るかもしれません。

最後は「ゲストコーナー」。阿部さんには「流れ星を造る」というタイトルで
お話していただきました。実は地球には、1日100〜300トンもの流れ星が 落ちています。
その数はなんと、1分間に1000個!しかし、そのほとんどは肉眼では見えない暗い
流れ星であるため、その姿を見ることはできません。史上最大の流れ星と言われて
いるのが1833年のしし座流星嵐。このときは、とても明るい流れ星が1時間に
2万〜10万個も見えたと伝えられています。阿部さんは、1999年のしし座流星群を
NASAの飛行機から観測し、まさに流星嵐というべき大量の流星に遭遇したそうです。
また、2010年の小惑星探査機はやぶさの地球帰還の際には、オーストラリアで
はやぶさが地球大気に燃え尽きる様子を目撃されたそうです。
阿部さんのご専門は、流星などが地球の大気に突入して輝く際の色(スペクトル)を
観測して、そのもとになっている物質の組成を研究すること。そのためには、どのような
物質がどのように光るかの「ものさし」になるものがあると都合が良いそうです。そこで
考えついたのが、素性の分かっている物質を人工衛星から放出して大気に突入させ、
流れ星を造ってしまおう!ということでした。流れ星を造るためのアイデアをはやぶさの
地球帰還カプセルや隕石から得て実験を重ね、今ではとても明るい流星になる材料を
作ることに成功したそうです。
さらに阿部さんは、その人工の流れ星を売って、指定した時間と場所に流してくれる
企画にも参加しているとのこと。誕生日や記念日に流れ星が流れたら、
とてもロマンチックですね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストをお呼びして科学の
話題をお送りしています。ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月23日

2016年07月16日

7月16日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は矢治健太郎(国立天文台)が案内役を務め、
ゲストに小栗順子さん(国立天文台)をお迎えしてお送りしました。

まず最初は「太陽系の姿」のコーナーから。3Dの宇宙を見ながら惑星の名前を日本語と
英語で確認し、その名前の由来を紹介。多くの子どもたちが大きな声で惑星の名前を
言ってくれました。

惑星の次は最近の太陽の様子に注目!映し出されたのは国立天文台の太陽フレア望遠鏡と
太陽観測衛星「ひので」で観測された太陽の姿。様々な波長で観測された
3つの太陽を並べてみると、同じ太陽なのにその姿は全く違って見えましたね。

太陽系から地球に戻り地上へ到着。続いて「本日の星空」のコーナーへ。
今の時期は、南の空にさそり座といて座が、そして東の空の方へ少し目線を上げると
こと座、わし座、はくちょう座があります。
ぜひ夏の代表的な星座達を探してみてください。
再び宇宙へ飛び出し、太陽系よりもさらに遠くへ。太陽系の外には、私達が暮らす
天の川銀河の他にもたくさんの銀河が存在しています。さらに銀河衝突シミュレーション
で、もしも2つの銀河が衝突したらどうなってしまうのか、みなさんで考えました。
結果はいかに...?

そしていよいよ「ゲストコーナー」
小栗さんには「『星の和名めぐり』天文・宇宙をテーマとした切り絵の世界観」という
タイトルで、日本独自の星座や星の名前、そして小栗さんの作品をご紹介いただきました。
小栗さんは国立天文台の図書館で司書をしている傍ら、独学の切り絵で多くの人を魅了
しています。細かなところまで丁寧に表現されたその美しさは、切り絵とは思えない
ほど...。しかしその切り絵作成の裏には、テーマに関連する書籍や資料を読み込み
、膨らんだ自分なりのイメージを形にするなど小栗さんなりの工夫があるのだとか。
小栗さんの作品は国立天文台の公式グッズのデザインにも使われており、
「切り絵チロルチョコ」が公式グッズ第1号で、ロングセラーだそうです。
さらに年に一度開催される三鷹・星と宇宙の日 (国立天文台特別公開)で「切り絵展」も
開催されているのだとか。他にもこれまで中野サンプラザ(東京都)をはじめ日本各地
(兵庫県、愛知県、岡山県など)で個展やギャラリートークなど幅広く活躍されています。
素敵な作品を数多く見ることができるので機会があればぜひ小栗さんの作品を見に
行ってみてください!

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして
楽しい話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階・シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月16日

2016年07月02日

7月2日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
ゲストに田村陽一さん(東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター)を
お迎えしてお送りしました。今日のキーワードは「元素」です!

まず最初は「本日の星空」のコーナー。昼現在の空が映し出されると、明るく輝く
太陽が。この太陽、水素からヘリウムに変換される反応によるエネルギーで輝いて
います。先日の太陽の写真には黒点は見られず、ずいぶんとおとなしめな様子でした。
もし、このまま晴れていたら、東京の夜空にはいくつの星が見えるでしょうか?ぜひ、
夜空を見上げてみてください。さて、東京の夜空は・・?
もうじき七夕の主役であるベガ、アルタイルとデネブを含む夏の大三角形や、
星座線に含まれていない、惑う星、惑星の姿も夜空にありました。しかし、100年前に
タイムスリップすると、ここ東京でもたくさんの星を見ることができました!現在でも
ハワイのマウナケア山では天の川が見えるほど暗く、澄んだ星空が広がっています。
これらの星々から、その一生が見えてきます。実は、星は生まれてくるときの重さで
その一生が変わります。いろんな重さを持った赤ちゃん星が同じ場所で誕生し、
その後太陽のような一人前の時期を経て、太陽程度の星は炭素や酸素を生み出し
「惑星状星雲」へ。さらに重い星は、鉄やマグネシウムなどの元素を作るとともに、
約400年前にケプラーが観測したような「超新星残骸」になって一生を終え、次の
新しい星へ命となるガスが引き継がれます。夏の夜空で星の一生や銀河の姿を
追うことができました!

次に、「太陽系の姿」のコーナーへ。窒素の多い地球から飛び立ち、太陽系の惑星を順に
追っていきました。なんと、火星には思ったより酸素が多い可能性があるようです。
火星探査機キュリオシティの最近の写真から、酸化マンガンが見つかったためです。
もしかしたら近い未来、火星に移住することがあるかも...。

天の川の外側にあるさまざまな銀河を眺めたところで、
今回の「ゲストコーナー」では、田村さんに「宇宙で最初の酸素を探して」という
タイトルでお話をしていただきました。実は、酸素は人間の構成元素の約2/3を
占めています。しかし、宇宙ができたときには水素とヘリウムしかなく、酸素は全く
ありませんでした。さて、いつ酸素はできたのでしょうか。ここでタイムマシンとして
使われるのは望遠鏡です。
天体からの光は地球に届くまでに時間がかかります。例えば太陽の場合は約8分前の姿。
つまり、遠くの銀河を見るほど、昔の銀河の姿を見ることになります。
そこで、すばる望遠鏡で数年前に発見された130億光年離れた銀河に、酸素の兆候が
ないか、チリのアルマ望遠鏡を使って観測されました。すると、130億年前の銀河に
酸素が!!この130億年で10倍に酸素が増えていることもわかりました。
酸素は星が作っているそうですが、もっと遠くにある銀河にも酸素はあるのでしょうか…?
とても楽しみですね。

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして科学に
まつわる最新の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階・シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 7月 2日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..