Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2016年08月27日

8月27日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
ゲストに大浜晶生さん(名古屋大学)をお迎えしてお送りしました。

さて、昼間に星を見るにどうすればよいでしょうか?
まずは、昼間に見える星「太陽」の紹介からスタート。埼玉大学で先日観測された
4種類の太陽の写真を見比べてみると、黒点が見えるものと見えないものなど、その姿は
様々でした。太陽が放つ光の種類によってどんな太陽が見えるのか、皆さんも調べて
みてくださいね。

続いては、シンラドームの時間を進めて夜に見える星々を紹介する「本日の星空」
東京ではおよそ何個の星が見えるのか?というクイズには、十数個や一万個といった
答えが上がりました。実際に何個見えるかは、自分の目で実際の星空を見て数えて
みましょう。今の時期は西の空に見える火星、土星、アンタレスの共演も素敵ですよ。

さらに、昼間の日本の裏側に位置する、夜中のアメリカから星を紹介。
「ライブ天体観測」のコーナーです。ヤーキス天文台にいるコリーさんと中継をつないで、
土星と二つの星雲の写真を紹介していただきました。星が誕生している現場と、
死にゆく姿を見ていきました。

「ゲストコーナー」では、同じく地球の裏側にある南米チリと中継をつなぎました。
「なんてん2望遠鏡で見る巨大な星団の誕生」と題して、チリで天体観測をされている
大浜さんにチリで見える星空や天の川の写真・動画、赤茶色の乾燥した土地にある
「NANTEN2」望遠鏡の写真を紹介していただきました。同じく赤茶色の惑星である火星の
風景にそっくりです。さらに、星の一生やガスが衝突して新しい星が誕生しつつある姿を
説明していただきました。写真の紹介が終わった後は、大浜さんへの質問会!たくさんの
子ども達が、「どうしてチリにあるの?」「北極星は見えるの?」など興味深い質問を
してくれました。

最後は、宇宙から星を見る「太陽系の姿」。太陽系の惑星の名前とその姿を確認。
そのまま太陽系を飛び出して、天の川銀河を眺めつつ、宇宙の果ての大規模構造まで
宇宙旅行、そこからたくさんの銀河や星たちの中をくぐり抜け地球へ無事着陸しました。

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして
科学にまつわる最新の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階・シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月27日

2016年08月20日

8月20日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、野本知理(国立天文台)が案内役を務め、
ゲストに平松正顕さん(国立天文台チリ観測所)をお迎えしてお送りしました。

本日は、「分子の世界」「恒星間飛行」「重力の不思議」のコーナーを
行いました。今回は夏休み中ということもあり、お子さんが多くいらっしゃっていましたが、
「分子の世界」ではお父さんお母さんからの解答も目立ち、盛り上がりました。

「ゲストコーナー」では、平松さんに「アルマ望遠鏡が見る暗黒の宇宙」と題して
お話しいただきました。そもそも、アルマ望遠鏡とはどんな望遠鏡なのでしょうか?
アルマ望遠鏡は、チリのアタカマ砂漠にある口径12mと7mの全66台のパラボラアンテナから
なる電波望遠鏡です。標高5000mに山手線の内側ほどに相当する広さにパラボラアンテナが
設置されています。そこは非常に晴天率が高く、天体の観測に適しているんだそうです。
ライブショーでは、アンテナの隙間を車で抜けていく全天周の映像を映しました。
実際に天体観測をする際はこれらのアンテナが一斉に同じ方向を向きます。その様子は
壮観なのだとか。
アルマ望遠鏡が観測するのは、実際に目で見える光ではなく目に見えない電波です。
馬頭星雲を例に比較してみると、光学望遠鏡では黒く何も写っていないように見える
部分にも、電波望遠鏡では何か物質があることがわかるんです。これらの物質は特有の
光を出しているために、宇宙のどの位置で水やアルコール、生命と起源となるアミノ酸が
生み出されているのかを調べることができます。ほかにも、視力6000の眼は様々なことを
明らかにします。
おうし座のHL星では、取り巻く塵の円盤の中にいくつかの隙間を観測でき、これは惑星が
周囲の塵を集めて誕生しようとしているまさにその場なんだそう。
さらにうみへび座TW星では、太陽と地球の距離に匹敵する軌道に塵の隙間が観測され、
地球がどのように作られたのか知ることができるのではと期待されています。
まだまだ観測が広がっていくアルマ望遠鏡、今後の研究に期待が膨らみますね。

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして科学に
まつわる最新の話題をお届けしています。ぜひ、科学技術館4階・シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月20日

2016年08月13日

8月13日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、矢治健太郎(国立天文台)が案内役を務め、
ゲストに縣秀彦さん(国立天文台天文情報センター)をお迎えしてお送りしました。

まず初めは「太陽系の姿」のコーナーから。3Dの太陽系の姿を見ながら、水星や金星
といった惑星の名前を確認していきました。そして木星の「大赤斑」を目印に自転周期を
探りました。さて、木星の1日は何時間なのでしょうか?
続いては惑星たちを照らす太陽に注目!可視光線やHα線、X線など、3種類の波長で
撮影された最近の太陽の姿を確認しました。

地上に降り立ち「本日の星空」のコーナーへ。今の時期、20時頃には南の空にさそり座が、
そしてさそり座の一等星アンタレスのそばには火星と土星が輝いています。さらに真上を
見上げると一層明るく輝く3つの星たちが。この星たちをつなぐと夏の大三角が
できあがります。都会でも肉眼で見ることができますよ。
そして8月12日にはペルセウス座流星群が極大を迎えました!放射点である
ペルセウス座は深夜、北東方向に顔を出しています。みなさん見ることができましたか...?

次は「ライブ天体観測」のコーナーへ。アメリカのヤーキス天文台にいるコリーさんと中継を
つないで、天体写真を紹介していただきました。1枚目は「パンスターズ彗星」、2枚目は
「干潟星雲」、3枚目は「らせん星雲」の写真を見ていきました。干潟星雲は星が
生まれている領域、らせん星雲は星の死に際の姿なのだそうです。同じ星雲といえども
様々な年齢や特徴のものがあることを知りました。


M8_lagoon.jpg

図:干潟星雲


ngc 7293_helix.jpg

図:らせん星雲

「ゲストコーナー」では縣秀彦さんに「夏の夜、ペルセウス座流星群を数えよう」という
タイトルでお話しいただきました。
実は縣さん、かつてこのライブショーの案内役だったのです!今回はゲスト出演という
ことで、彗星の写真や彗星の構造について解説していただきました。
彗星は流星群のお母さんである母天体です。主に氷で出来ており、太陽に近づくに
つれてその氷は溶けていってしまいます。そして氷が溶けると同時に大量のダストを
まき散らし、そのダストの中を地球が通過することで流星群が見られるのだそう。
これからも流星群が観測できる時期があるので、ぜひ調べてみてください。
観察するときはぜひ願い事もしてみてはいかがでしょうか。

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして
科学にまつわる最新の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階・シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月13日

2016年08月06日

8月6日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、亀谷和久(国立天文台)が案内役を務め、
ゲストに藤原英明さん(国立天文台ハワイ観測所)をお迎えし、ハワイと中継を
つないでお送りしました。

ライブショーは本日お昼の科学技術館前の写真からスタート。晴れているので、
夜は綺麗な星空が見られそうです。
今の季節、20時頃にはさそり座や夏の大三角形などを見ることができます。
地球から離れていき、太陽系の惑星たちを見ながら宇宙の果てへ。

続いてのコーナーは重力シミュレーションソフトを用いた「重力の不思議」
もし地球の公転速度が変化したら、太陽が消えたり増えたりしたらどうなるのかを
シミュレーションしていきました。

そしていよいよ本日の「ゲストコーナー」へ。
ゲストの藤原さんには「すばる望遠鏡、偶然写ったこんな天体」のタイトルで
ハワイからお話しいただきました。
ハワイ島のマウナケア山頂にあるすばる望遠鏡は、高さ25m、主鏡の口径が
8.2mもあるとても大きな望遠鏡です。すばる望遠鏡には2013年から、高さ3m、
重さ3tもあるHSCという超巨大カメラを使用しています。このHSC、とても広い範囲を
鮮明に撮ることができるため、本来の目的である天体を撮像した際に、その周りに
意図していなかった天体を偶然見つけることがあるのだとか。
今回、その成果としていくつかの画像を見せていただきました。
まず、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星という彗星。この彗星はちりの尾が2つあるという
珍しい彗星です。本来は銀河を撮像していたところ、この彗星が写りこんだそうです。
次に手前にある銀河の重力によって、後ろにある銀河がゆがんで見える重力レンズ
という現象。HSCで撮れたものは、後ろに2つの銀河があり、これはとても珍しいとの
ことです。
そして最後に見せていただいたのは流星。この写真により、流星の光の幅はわずか
数mmであることがわかったのだそう。
これからも偶然写ったふしぎな天体が発見されることに期待しましょう!

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストをお呼びして科学の話題を
お送りしています。
ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 8月 6日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..