Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2016年09月24日

9月24日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、亀谷和久(国立天文台)が案内役を務め、
ゲストに山内銘宮子さん(アイヌ星座研究家)をお迎えしてお送りしました。

まず初めに「本日の星空」のコーナーから。どんより曇った今日の空とは違い、ドーム内の
シミュレーションでは青空が映し出されました。2日前は秋分の日だったので、時間を
進めてみると真西に太陽が沈み、真っ暗な空にたくさんの星が現れました。本来、街の
明かりがなければ東京でも天の川の姿を見ることができます。そして天の川の裾には
さそり座のアンタレスと土星、火星が小さな三角形を作っています。さらに天頂には
夏の大三角形が。夏が終わりかけ、秋の星座であるペガスス座、アンドロメダ座そして
カシオペア座が日の入りに東の空を綺麗に飾っています。
みなさんもぜひ、夜空を見上げてみてください!

続いて「ライブ天体観測」へ。昼間の日本の裏側、ちょうど深夜のアメリカのヤーキス
天文台にいるコリーさんと中継を繋いで、天体の写真を紹介していただきました。天文台の
付近には嵐が来ており、1週間前に撮ったかに星雲、ヘラクレス座の球状星団、渦巻銀河の
画像を解説していただきました。かに星雲は1000年くらい前に超新星爆発を起こしており、
中国や日本にはその記録が残っているんだとか。

そして、本日の「ゲストコーナー」は山内さんに「ノチゥ 〜 アイヌの星が教えてくれること」
というタイトルでお話していただきました。
アイヌの人々は星にケタ、リコプ、ノチゥなど独自の呼び名をつけていました。1804年には
蝦夷方言藻汐草という書物の中で様々なアイヌ独自の星座がまとめられています。アイヌの
人々にとって星座は、方向、食べ物の旬だけでなく、動物の生態もわかるというとても身近で
大切な存在だったのだとか。
例えば、北斗七星をシャーマンに見た立てて、仰向けで寝ている図の時は立冬、うつ伏せの
場合は立夏と判断していたそうです。さらに秋の星座の一つ、8月に見えるヤギ座をクマの
足跡「カムィルコチ」も紹介して頂きました。そしてその足跡が日の入りに見えなくなる12月は
ちょうどクマの冬眠が始まる時期とのこと。
このように星座の見える時期と動物の行動が変わる時期を重ねて、星座に名前をつけて
いたそうです。
また、星の世界も人間と同じ生活が送られていると考えられていたため、魚を採っている
様子を表した星座もありました。
みなさんも様々なストーリーがある素敵な星座たちについてぜひ調べてみてください。

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして科学に
まつわる最新の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階・シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 9月24日

2016年09月17日

9月17日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、矢治健太郎(国立天文台)が案内役を務め、
ゲストに安岡孝一さん(京都大学人文科学研究所)をお迎えしてお送りしました。

まず「太陽系の姿」から。水星、金星をはじめとする太陽系の惑星について、
それぞれの名前の由来などを説明しながら、順番に見ていきました。
木星では、その自転周期はどのくらいか?という3択クイズを出題し、大赤斑を目印に
実際に確かめました。
「100時間ほどなのでは」という解答に一番多くの票が集まりましたが、正解はいかに...?

さて、話題は最近の太陽へ。
実は、来る9月23日、太陽観測衛星「ひので」が打ち上げから10周年を迎えます。
10周年を記念して国立天文台が作成したムービーを紹介しました。
こちらは国立天文台の公式サイトから閲覧することができます。粒状斑やプロミネンスを
はじめとする太陽の様々なすがたを見ることができて面白いですよ!

ひので科学プロジェクト (国立天文台)
http://hinode.nao.ac.jp/

次に地球に降り立ち、「本日の星空」を解説。
南西の空には「火星」と「土星」が、南東の空には、満月にほど近い月が見えます。
おととい(15日)は中秋の名月でしたね。
東の空を見るとアンドロメダ座やペガスス座が表出しており、秋の訪れを匂わせています。

続いて本日の「ゲストコーナー」
安岡さんに、「文字と文字コードと電気通信」と題してお話しいただきました。
「文字コード」と聞いてピンと来ない方も多いかもしれません。
私たちが日常でパソコンや携帯電話を使用して送受信している文字は、「文字コード」
という信号が使用されているのです。
昨今では、文字をのせて通信するのが当たり前にも思えますが、どのようにして
文字コードの技術が発展してきたのでしょうか。
時は1860年ごろ。「モールス電信機」が登場しました。
当時は今で言う「ブザー音」のようなものがなく、「カチカチッ」と直接音を鳴らす
ことによって文字を指定したそうです。音を鳴らすタイミングの違いなどから、
複数種類の文字コードをつくりました。ただし、文字コードを理解している人どうし
でないと、通じ合うことができないという欠点があったそうです。
1910年には「遠隔タイプライター」が登場しました。
遠隔タイプライターはアルファベットの「A」を打てば相手に「A」として伝わる道具です。
送信者も受信者も「A」という文字だけを扱い、タイプライター自身が内部で「文字コード」
によりやりとりをしてくれるので、情報通信がだいぶ楽になりました。
その後「mz80k」というパソコンが登場し、パソコンで漢字が使えるようになりました。
そして1995年には携帯電話で「絵文字」の送受信ができるようになりました。
このとき既に、8000〜9000文字に対応できる文字コードが完成していました。最新の
パソコンでは、10万もの文字に対応するような文字コードが使われているようです。
私たちが何気なく使っている文字コードでずが、その歴史はかなり奥が深そうですね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎回様々なゲストをお呼びして科学の話題を
お送りしています。ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。


投稿者 ライブショーアシスタント : 9月17日

2016年09月03日

9月3日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(千葉大学)が案内役を務め
ゲストに矢治健太郎さん(国立天文台)をお迎えしてお送りしました。

本日最初のコーナーは「ゲストコーナー」。矢治さんに国立天文台の太陽観測所から
生中継で太陽フレア望遠鏡や最新の太陽画像を紹介していただきました。
太陽画像は三枚、太陽フレア望遠鏡や人工衛星「ひので」で撮影されたものです。
この三枚の画像は全て本日の太陽ですが、画像によって色や黒点の見え方が
異なっていて、それぞれの画像に特徴がありました。
国立天文台 太陽観測所のWebページにリアルタイム観測映像が掲載されています。
こちらもぜひご覧ください。

国立天文台 太陽観測所
http://solarwww.mtk.nao.ac.jp/jp/solarobs.html

そして太陽の次は観測所を紹介していただきました。国立天文台の敷地の航空写真や、
生中継で観測所の中を見せていただきました。
三鷹の国立天文台は科学技術館からも気軽に行くことができます。ぜひ足を運んで
みてください。

続いては、地球や宇宙に数多く存在している「分子の世界」のコーナーへ。
とても小さな分子の世界で、身近にある分子の姿を見ていきました。
まず始めに水分子の紹介.。人間の体に含まれている水分子は約10の27乗個なので、
1兆個のそのまた1兆倍の、さらに1000倍…途方もない数ですね。その他にも、
調味料に含まれている分子やビタミンなど複雑な形をした分子の姿も見ていきました。

小さな分子の世界の次は大きな宇宙の世界、太陽系の「重力の不思議」コーナーです。
ここではシミュレーションを使いながら太陽系を見ていきました。
もし地球の公転速度が早くなったら、地球の一日は短くなるかというクイズや、
もし太陽が突然無くなったり、増えたりしたらどうなるか?を
皆さんと一緒に考えていきました。実際にこんなことが起こってしてしまうと、
人類はひとたまりもありませんが、これはシミュレーションだから大丈夫!
会場の子どもたちがたくさん太陽を増やしてくれました!
みなさんも今の宇宙に変化が訪れたらどうなってしまうのか想像してみてくださいね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週土曜日に様々なゲストをお呼びして科学の
話題をお送りしています。ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 9月 3日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..