Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2016年10月29日

10月29日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
ゲストに山岡均さん(国立天文台天文情報センター)をお迎えしてお送りしました。

まず初めに映し出されたのは昼の空と太陽の観測画像。
よく見てみると、シミのようなものが...。これは黒点と呼ばれ、太陽の表面温度(6000度)
よりも低いため、少し暗く見えます。さて、黒点の温度は?答えは...記事の最後に!
時間を進めて、東京の夜空へ。幾つ星が見えるでしょうか。暗くなったら空を見上げて
みてください。夕方にはまだ夏の大三角形が天頂に見えます。すべての星座線を
結んでみると、線の外に星がちらほら。
それは夜空を惑う星、惑星です。この時期は土星と火星、そして金星が明るく輝いています。
さらに夏の代表的な星座であるはくちょう座では太陽の1/100から20倍もの重さの星が
生まれていたり、さそり座の近くにケプラーが見つけたとされる超新星があったり、
こと座にはガスを撒き散らしながら死んでいく星があったり...と、見どころ満載です。

ここで、本日の「ゲストコーナー」
山岡さんに「新しい星の見つけ方」というタイトルでお話をしていただきました。
ニュースなどで「新しい星を発見!」と耳にすることがありますが、これは一体どのようなこと
なのでしょうか。
実はこれ、今まさに星が生まれたということではなく、新たに見つかったという意味なのです。
新たに見つかった星とは、地球や太陽方向に近づいた彗星や急に爆発して明るくなった
星たちとのこと。観測日時が違う画像を見比べて、前よりも明るくなった星が見つかると、
「新しい星が見つかった」ということになるのです。

続いて、「太陽系の姿」へ。3D宇宙を遊泳しながら、太陽系の惑星たちを順に見ていきました。
特に話が弾んだのは火星。火星探査車、キュリオシティが調査したところ、昔は水が豊富に
あったと考えられる石や砂が見つかったようです。
さらに太陽系の外の惑星として、太陽から一番近いαケンタウリの周辺を調査したところ、
惑星らしき兆候が見つかっているとのこと。

そして、銀河系を離れて「宇宙の果てへ」。たくさんの銀河が網の目状に散らばっている
ことがわかりました。宇宙の大規模構造を眺め、私たちの地球に戻りました。
とても大きな宇宙ですが、生命が見つかっているのはまだ地球しかありません。
これから研究が進んでいくと、もしかしたら新しい生命に会えるかもしれませんね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎回様々なゲストをお呼びして科学の話題を
お送りしています。ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

★黒点の温度の答えは...約4000度でした!

投稿者 ライブショーアシスタント : 10月29日

2016年10月22日

10月22日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
お送りしました。

最初は科学技術館から見える昼の空からスタート。この時間に星や天体を見るには
どうすればいいのでしょう?という質問に、宇宙に行ったり、
サングラスをかけて太陽を見たり、時間を進めて夜の世界に行ったり…と
多くの子どもたちからいろんなアイデアが出ました。
まずは昼に見える天体、太陽に注目。最初の画像は、埼玉大学で撮られた太陽。
最近の太陽は黒点がほぼないのっぺりとした姿をして、あまり活発ではないようです。
その次はアメリカの太陽観測衛星で撮られた現在の太陽のX線画像。
こちらは埼玉大学の可視画像とは違った姿をしていました。

続いて時間を進めて夜へ…とその前に、東京の科学技術館の夜空では幾つの星が
見えるのか?という質問。数個や十数個から一兆個!まで、幅広い答えが出ました。
正解は何個なのか、ぜひ実際の星空を数えてみてください。
そして時間を進めて星空の世界へ。午後6時ごろにはまだ夏の大三角やさそり座が
見えます。さそり座の一等星アンタレスのそばに二つの明るい星、さらにいて座の近くにも
明るく輝く星が一つ見えます。さて、この明るく輝く星たちの正体は?
正解は記事の最後へ...
さらに時間を進めると、オリオン座なども見えてきました。冬がそこまで来ています。

「ライブ天体観測」のコーナーでは、アメリカのヤーキス天文台と中継をつないで、
現地で撮影された画像を紹介していただきました。今回は月、コリーさんの大好きな土星、
球状星団、渦巻銀河の4つです。


01moon_1682483_Halpha_000.jpg

図:月


そして「太陽系の姿」、「宇宙の果てへ」のコーナーでは、地球を飛び出して宇宙旅行へ。
木星の衛星エウロパの姿を確認し、土星の環くぐりをした後は火星や冥王星の姿を捉えた
動画を見ました。
火星の姿を捉えたのはキュリオシティというローバー。火星の全天周のパノラマ画像から、
火星の表面が荒れた赤い山地のような姿であることがわかりました。そして太陽系を
飛び出し今度は恒星や銀河の世界へ。
私達の暮らす太陽系がある天の川銀河の姿を眺めつつ、さらにその外側にある様々な
銀河の間を遊泳して、地球へと着陸しライブショーは終了しました。

科学ライブショー「ユニバース」では毎回様々なゲストをお呼びして科学の話題をお送りしています。
ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

★正解は、土星、火星、金星の、太陽系の惑星たち!

投稿者 ライブショーアシスタント : 10月22日

2016年10月15日

10月15日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、亀谷和久(国立天文台)が案内役を務め、
ゲストには内藤誠一郎さん(国立天文台)をお迎えしてお送りしました。

まず「本日の星空」のコーナーでは、雲一つない秋晴れの空を写した
科学技術館前の写真から始まりました。シミュレーションに切り替え、時間が進むにつれて
南西へと沈んでいく太陽は冬の訪れを感じさせてくれます。冬といっても19時の空には
まだ天の川も夏の星座も広がっています。満月手前の月や土星、火星、秋唯一の一等星
フォーマルハウトを見ていきました。
さらに24時まで時間を進めると、冬の星座たちが上ってきます。だんだんと
寒い季節になってきましたが、みなさんもぜひ澄んだ夜空を見上げてみてください。

そこから宇宙へ飛び上がり、「太陽系の姿」と「宇宙の果てへ」のコーナー。
地球を遠ざかり、月や太陽系の惑星たちを一つずつ紹介していきました。
ついには太陽系を飛び出して、我々の住む銀河系の姿や銀河団のムラ、そして宇宙の
大規模構造が見えるところまで遊泳を楽しみました。

続いては「銀河衝突」。様々な銀河の形や種類を紹介した後に、
二つの銀河を衝突させます。今回のシミュレーションでは、非常にきれいな
触角銀河をつくることができ、みなさん楽しそうに写真を撮っていました。

「ゲストコーナー」では内藤さんに「国立天文台に行こう」というタイトルで
お話いただきました。
そもそも国立天文台とはどんなところなのでしょうか?国立天文台は天文学専門の研究所で
まだ知らない宇宙の姿に関する研究、成果の発表を行っているところです。
国立天文台では最先端の天文学に関する研究施設を提供しているそうで、研究施設がある
場所は野辺山・岡山・水沢・小笠原・石垣・入来など国内各地をはじめ、ハワイのすばる
望遠鏡やチリのアルマ望遠鏡など海外にまで及びます。
その本部である三鷹の国立天文台は、毎日午前10時から午後5時まで申し込みなしで
見学することができ、太陽系の惑星がどのくらい離れているのかを歩きながら体感できる
「太陽系ワォーク」や、かつて観測に利用されていた歴史的な望遠鏡などを見ることが
できます。また、毎月第二土曜と第四土曜の二回、定員300名の定例観望会を開催している
ほか、シンラドームと同じような4次元デジタル宇宙コンテンツ「4D2Uドームシアター」も
毎月4回公開しています。(いずれも事前申込制)

【国立天文台三鷹キャンパス見学案内】
http://www.nao.ac.jp/access/mitaka/visit/


他にも、来週10/22には特別公開「三鷹・星と宇宙の日2016」が行われ、講演会で最先端の
研究や成果の話を聞いたり、VRを使った宇宙体験、カードゲームなどに参加できたり
します。
さらに、普段は体験したり立ち入ったりできない様々な施設や研究を公開をしています。
晴れれば星の観察も行うそうです。
一年に一度の特別公開日、ぜひ訪れてみてはどうでしょうか?

科学ライブショー「ユニバース」は、毎週土曜日に様々なゲストをお招きして
科学にまつわる最新の話題をお届けしています。
ぜひ、科学技術館4階・シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 10月15日

2016年10月08日

10月8日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、矢治健太郎(国立天文台)が案内役を務め、
ゲストに臼田知史さん(国立天文台TMT推進室)をお迎えしてお送りしました。

今週はノーベル賞ウィークということで、話題のノーベル賞受賞者の話題からスタート。
今年の医学・生理学賞はなんと日本人の大隅良典さん(東京工業大学栄誉教授)が単独受賞!
人間の酵母の働きである「オートファジー」の仕組みを解明したことで脚光を浴びました。
物理学賞は、超伝導などの原理を「トポロジー(位相幾何学)」という概念で解明した
アメリカの研究者三人に、
化学賞は、意図的に動かすことのできる「分子機械(ナノマシン)の設計と合成」に成功した
フランス・アメリカ・オランダの研究者三人に、
平和賞は、コロンビアのファン・マヌエル・サントス大統領に贈られました。
コロンビアには科学館や美術館が多くあり、今週と来週には天文学の大きな国際会議も
あるのだとか。天文学でも注目されている国です。

続いて「ライブ天体観測」のコーナーへ。
アメリカのヤーキス天文台にいるコリーさんと中継をつないで、天体の写真を紹介して
いただきました。今日のアメリカの天気は良好!広がった雲のような形をしている「かに星雲」、
輪っかのような姿をしている「リング星雲」、渦巻構造の「渦巻銀河」を見せていただきました。


ngc7331_gprime_001.png

図:渦巻銀河NGC7331

ここからはいよいよ「ゲストコーナー」
臼田さんには、「超大型30m望遠鏡TMTで宇宙の謎に挑む」というタイトルで
お話いただきました。...ところでTMTってなんの略?
TMTは「Thirty Meter Telescope(30m望遠鏡)」の略です。この30mというのは、
望遠鏡の中に入っている鏡の大きさを表しています。同じくハワイにある、すばる望遠鏡の
中に入っている鏡は8.2mなのでこのTMT望遠鏡がどれだけ大きなものか想像できると思います。
TMTはまだ開発中ですが、その完成予定の映像を見せていただきました。
最新の技術を駆使し、従来の望遠鏡の限界を遥かに超える解像度・集光力・感度の実現を
目指すTMT、観測できる等級の限界は、すばる望遠鏡の28等に対してなんと32等。
この32等とは、仮に月にホタルを連れて行ってそのホタルが光ったときの明るさなのだそうです。
人間の目で見える限界が6等、都会で見えるのが1,2等なので、その性能の高さには驚きです。

国立天文台TMT推進室HP
http://tmt.nao.ac.jp/

最後は、太陽系を出発して宇宙の果てまでひとっ飛び。宇宙の果てでは、大きな銀河も点のように
なり「宇宙の大規模構造」と呼ばれます。網のような構造はまるで宇宙の地図のよう。
ゲストコーナーで紹介していただいたTMTは、この隙間だらけの宇宙地図の完成に大きく
貢献することが期待されています。TMTの完成が待ち遠しいですね。

科学ライブショー「ユニバース」では毎回様々なゲストをお呼びして科学の話題をお送りしています。
ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 10月 8日

2016年10月01日

10月1日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は野本知理(国立天文台)が案内役を務め
ゲストに柳瀬亘さん(東京大学大気海洋研究所)をお迎えしてお送りしました。

ライブショーは「分子の世界」からスタート。
目には見えない分子がどのような形でどのように動いているかを紹介しました。

続いて小さな世界から大きな宇宙の世界の話へ。太陽系の重力シミュレーション
遠くの星に行くと星座の形がどのように変わるのか紹介しました。

そして、本日の「ゲストコーナー」へ。
ゲストの柳瀬さんには「大気のうずまきを見てみよう」というタイトルでお話して
いただきました。
まず始めにここ数週間の雲の動きをみなさんと見ていきました。
今年は特に、8月に発生した台風10号がとても不思議な動きをしました。
これは台風の近くに別の渦があったために振り回されたと考えられています。
台風は水温26~27℃以上の海で発生しやすいそうです。9月〜11月の台風の
季節変化を見ますと、9月には多くの台風が発生していますが、 11月頃になると
水温が下がっていくため台風の数は減り、日本への影響も小さくなっていきます。
続いて、一昨年打ち上げられたひまわり8号が撮影した台風14号の様子を
見せていただきました。
映像では次第に渦を巻いていき、台風の目が出来上がり、そして消えていく様子が
鮮明に映し出されていました。
台風の目の形といえば丸と思われがちですが、実は様々な形があります。
柳瀬さんには六角形や四角形、三重になっているものなどを紹介いただきました。
赤道に近い場所で台風が発生すると、南半球にももう一つ、つまりふたごの台風が
発生することがあります。ところが、南半球でできる台風(サイクロンなどと呼ばれます)は
北半球のものと渦の巻く方向が逆になっています。北半球では反時計回り、南半球では
時計回りになっているのです。これは、地球の自転が影響しているのだとか。
一方、赤道では自転の影響を受けないため台風はできません。
台風は恐ろしいものではありますが、知れば面白いものです。
下の2つのサイトでは雲や台風のリアルタイムの情報を見ることができますよ。

気象庁 http://www.jma.go.jp/jp/typh/
デジタル台風 http://www.jma.go.jp/jp/gms150jp/

ぜひのぞいてみてください!

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストをお呼びして科学の
話題をお送りしています。ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 10月 1日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..