Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

2016年12月24日

12月24日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、矢治健太郎(国立天文台)が
案内役を務め、坂尾太郎さん(宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所)を
ゲストにお迎えしてお送りしました。

「本日の星空」のコーナーでは、夕方西の空に輝く金星からスタート。
火星も見ることができます。時間を進めて20時には、冬の星座がみごろです。
オリオン座のベテルギウスやリゲル、そしておおいぬ座のシリウスなど明るく輝く
1等星が非常に多いのも特徴的です。さて、翌日の明け方4時の西の空。
おとめ座のスピカの近くに木星が見えています。
今日はクリスマス・イヴ、ということでクリスマスにまつわるお話も。
クリスマスツリーのてっぺんの星はイエス・キリストの誕生にちなんで
「ベツレヘムの星」と呼ばれているそうです。ベツレヘムの星は実在したのではないか?
と言われています。彗星だったのではないか?など諸説ありますが、その中に
木星と金星の会合だったのではないか?という話もあるそうですよ。

続いて本日の「ゲストコーナー」
坂尾さんに、「観測を続けて10年−ひので衛星の見た太陽」と題して、太陽研究の
最前線をダイナミックな映像と共にお話しいただきました。
今年の9月、ひので衛星は打ち上げから10周年を迎えました。記憶に新しい方もいることと
思います。太陽観測衛星「ひので」は太陽の様々な姿をとらえ、数々の研究成果を
残しています。ひので衛星は国際協力のもと、2006年9月23日に打ち上げられました。
機体の高さは4mあり、3つの太陽観測装置が搭載されています。それらは
XRT(X線望遠鏡)、EIS(極端紫外線撮像分解装置)、SOT(可視光・磁場望遠鏡)と
呼ばれています。特に、ヒトの視力が1.0だとすると、ひので衛星のSOTの視力は300に
相当するそうです!
今日の太陽は、黒点は出ていませんでしたが、「黒点」が大きく発達すると
「太陽フレア」が発生することがあります。太陽フレアが起きると太陽から大量のガスが
吹き出します。太陽フレアはオーロラの発生に関係したり、通信障害を引き起こしたり、
まさに私たちの生活にも影響しています。ほかにも「スピキュール」や「プロミネンス」
「彩層」などの太陽の様々な映像が紹介されました。
これからもひので衛星が太陽の謎を解き明かしてくれそうです。
どんな新しい発見があるか、楽しみですね!

最後は太陽系を飛び出して「宇宙の果てへ」のコーナー。宇宙の大規模構造を眺めて、
わたしたちの住む地球に帰還しました。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストをお呼びして科学の話題を
お送りしています。ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月24日

2016年12月17日

12月17日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、大朝由美子(埼玉大学)が
案内役を務め、ゲストに三澤瑠花さん(元フランス国立科学研究センター)を
お迎えしてお送りしました。

紹介したコーナーは、「最近の太陽」、「季節の星空」「ライブ天体観測」
「ゲストコーナー」、「宇宙の果てへ」の5つです。

「季節の星空」では夏の大三角から冬のダイヤモンド、12月14日付近に見頃と
なったふたご座流星群について紹介しました。

「ライブ天体観測」ではアメリカのヤーキス天文台と中継をつないで、月と
オリオン大星雲、渦巻銀河の写真を紹介してもらいました。

「ゲストコーナー」では三澤さんに「気球から宇宙を見てみよう」と題して
お話いただきました。
まずは宇宙を観測するための鍵となる光についてです。
光には私達の目に見える可視光線や目に見えない赤外線・紫外線など
たくさんの種類があります。
今回のお話の中で特に重要なのが、遠赤外線と呼ばれる光です。
この遠赤外線は私達の身の回りにも存在し、ヒーターやオーブントースター
などでも使われています。遠赤外線の光の偏り(偏光)を見る手法を使うと、
宇宙の磁場の強さや方向を知ることができるのだそうです。
しかし遠赤外線は地表面までほとんど届かないため、高度約40kmまで望遠鏡を
気球で運んで、宇宙を観測をするという研究を行うのだそう。飛行機が
飛んでいる高度が約10kmなので、気球がとても高いところまで飛んでいることが
わかりますね。
実際に去年9月にカナダで気球観測が行われた時の映像を見せてくださいました。
望遠鏡の重さは約1トン、この望遠鏡を飛ばすために巨大な気球が用意された
そうです。研究にはいろんな苦労があったようですね。

最後に太陽系を出発して、多彩な姿の銀河を眺めつつ「宇宙の果てへ」。

科学ライブショー「ユニバース」では毎回様々なゲストをお呼びして科学の話題を
お送りしています。
ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月17日

2016年12月10日

12月10日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、亀谷和久(国立天文台)が案内役を務め、
お送りしました。
ゲストは国立天文台ハワイ観測所の嘉数悠子さんでした。ハワイにいる嘉数さんと
ビデオ通話をつないで、「すばる望遠鏡の舞台裏」というお話を聞かせてもらいました。

国立天文台ハワイ観測所の観測施設は、マウナケア山のふもとのヒロという街にあります。
すばる望遠鏡のゆるキャラ「すーびー」と一緒に登場した嘉数さんは、
まず私たちに「シミュレーションラボ」という部屋を見せてくれました。
このラボには、すばる望遠鏡の一部の模型があります。
これを使って新しいカメラや分光器といった機器のテストを行うのだそうです。

それはなぜかというと、実物のすばる望遠鏡は標高4200mもあるマウナケア山の
頂上にあります。空気は薄く、冬には雪が降ることもある、大変な環境なのです。
そのため、できるだけ多くの作業をふもとの施設で済ませられるよう、
すばる望遠鏡の模型を備えたシミュレーションラボが使われています。

ハワイ観測所には100人ほどのスタッフがいますが、そのうち天文学者は2割ほど
しかいません。あとの8割は、技術者や大学院生など、さまざまなスタッフで構成されています。
中でも、「デイ・クルー」と呼ばれるスタッフは、日中に山頂にあるすばる望遠鏡まで行って、
機器のメンテナンスや装置の交換をします。夜に天体観測ができるのは、
昼間のデイ・クルーのはたらきのおかげです。
雪の降った日には、高さ42mの望遠鏡のてっぺんに登って雪かきをしなければなりません。
これもデイ・クルーの仕事。命綱をつけて、空気が薄いところで体を動かす、大変な作業です。

ハワイ観測所は日本の天文台の施設ですが、スタッフの半分は現地の人、それから
各国から来ているスタッフもいます。たくさんの人に支えられてハワイ観測所は運営されています。

本日は、「ゲストコーナー」の他には、「本日の星空」「太陽系の姿」、「宇宙の果てへ」、
「重力の不思議」をお送りしました。

科学ライブショー「ユニバース」では毎回様々なゲストをお呼びして科学の話題をお送りしています。
ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月10日

2016年12月03日

12月3日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
ゲストに山敷庸亮さん(京都大学)をお迎えしてお送りしました。

ライブショーは「ライブ天体観測」のコーナーから始まりました。このコーナーでは
米国シカゴにあるヤーキス天文台の様子をインターネット中継することで、最新の
天体画像の紹介を行っています。今回の画像はM27(あれい星雲,こぎつね座)、
M51(子持ち銀河,りょうけん座)、M103(散開星団,カシオペア座)で、ヤーキス天文台の
Koreyさんによる解説がありました。

このあと「分子の世界」「恒星間飛行」(14時の回)と「重力の不思議」(15時半の回)の
コーナーがあった後はいよいよ「ゲストコーナー」です。

「ゲストコーナー」は、山敷庸亮さん(京都大学)をお迎えしてお送りしました。
"太陽系外惑星"をテーマに「エクソプラネットキョウトで水惑星をさがしませんか?」という
タイトルでお話しいただきました。

太陽系の他にも、ある恒星を中心に複数の惑星が公転してる「惑星系」が594個
あることがこれまでの観測や研究からわかっています。
このような惑星系に属する"太陽系外惑星"は3500以上もの数が確認されており、
「エクソプラネットキョウト」はその情報を発信している我が国で初めてのwebサイトです。
学術的なデータだけでなく、系外惑星についてのわかりやすい読み物もあります。

EXOKyoto
http://www.exoplanetkyoto.org/

さて、これまで3500以上見つかっている系外惑星ですが、地球型生命が住めるのでは
ないかと考えられている星は、太陽系内惑星二つ(地球・火星)を含むわずか18個しか
ないのだそうです。ほとんどの星は中心星(その惑星系における太陽)に近すぎて水が
完全に蒸発してしまうか、反対に離れすぎていて水が凍ってしまうか。あるいは大きすぎて
ガス惑星である可能性が高かい...など、ヒトが住めそうな惑星はごくわずかなのです。
ヒトが住めそうな18個の星の中でも、ケプラー452bは様々な面から地球とよく似ている
とのことで、山敷さんは「地球のいとこ」と呼んでいました。この星は中心星の大きさや
その距離が地球と似ているので、暑すぎる・寒すぎることがありません。また地球より少し
大きく、そのため重力も大きく、表面に海が存在してもおかしくないと考えられています。
しかし、この星に移住するには1つ大きな問題があります。この星は地球からなんと
1400光年も離れており、あまりに遠すぎるのです!
そうすると、わずか4.2光年しか離れていないProxima Cen bという惑星は、ヒトにとって、
将来「第二の故郷」になりうるかもしれませんね。これからさらに研究が進めば、本当に
移住できる星が発見される日が来るかもしれません。

科学ライブショー「ユニバース」では毎回様々なゲストをお呼びして科学の話題をお送りしています。
ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 12月 3日

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..