Synra dome 科学ライブショー「ユニバース」
ユニバースとは? 週刊ユニバース
コーナー紹介 ユニバースの音楽
科学技術館での上演 スタッフ
出張ユニバース No English version available. リンク
関連イベント サイト内検索

『週刊ユニバース』

科学ライブショー「ユニバース」スタッフによるライブショーの紹介と感想。スタッフから見た「ユニバース」。

2017年05月20日

5月20日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
ゲストに三浦昭さん(宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所)を迎えてお送りしました。
三浦さんから「宇宙の音楽との出会い ― 今の体験はきっと将来役に立つ(かな?)―」
というお話をしていただきました。

三浦さんは、高校生の頃ラジオから聞こえきた音楽である「ドーン・コーラス」から
宇宙の信号を音に変えるということに興味を持ったのだそうです。
本日はこの3月に国際科学映像祭にて上映され、最優秀賞となった「磁気圏の小箱」が
上映されました。
この「磁気圏の小箱」では、オーロラにも関係する、地磁気の乱れ方を表している
K指数、KP指数、JAXAが打ち上げた衛星「あけぼの」のPWSを音楽に変換して
ドーム映像とともに紹介されました。
2017年に打ち上げられたジオスペース探査衛星「あらせ」の音の紹介もありました。

今日は他に「分子の世界」「Hippliner」「重力の不思議」のコーナーをお届けしました。
Hipplinerでは色々な星に飛びその時の星空の紹介です。分子の世界と重力の不思議に
ついては、左上のメニューから「コーナー紹介」のページをご覧ください。

科学ライブショー「ユニバース」が行われるシンラドームは来週から改修に入るため、
今日は改修前最後にシンラドーム上映でした。
7月には改修後のシンラドームがお披露目されます。リニューアル後も土曜には
ライブショーがありますので是非お越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月20日 | 科学技術館ユニバース

2017年05月13日

5月13日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、大朝由美子(埼玉大学)が案内役を務め、
お送りしました。

まず、「季節の星空」のコーナーです。
本日は雨模様ですが、もし晴れていたら、日が沈むと、西の空に冬の大三角をみることが
できます。
時間を進めて夜中の1時頃の空でペアで輝く月と土星、春の大曲線や夏の星々も
紹介しました。

次に「ライブ天体観測」のコーナーです。
アメリカのヤーキス天文台で撮影された土星や子持ち銀河、リング状星雲を紹介しました。

「ゲストコーナー」では、秋田谷洋さん(茨城大学宇宙科学教育研究センター)に
「偏光(へんこう)でみる宇宙」と題してお話をしていただきました。
まずは理屈抜きに、会場のお客さまに配った偏光板を使って実験してみます。
アシスタントが会場の正面で大きな偏光板を掲げました。
そこに会場のお客さまが持っている偏光板をまわしながらかざしてみます。
すると、偏光板の向こうにいるアシスタントが消えたり現れたりしました。

みなさんは、光は波である。という話をきいたことがあるでしょうか。
光が持つ波の性質は偏光板を通して観察することができます。
偏光板を通した光は波の向きが一方向になります。
そこに、向きが90°ずれた偏光板をかざすと光が通り抜けずに暗くなるのです。
偏光板を使うことで、窓ガラスや水面の反射や虹といった生活の様々な場面で偏光を
観察することができ、サングラスやカメラのフィルターなどの道具にも応用されています。
虹の偏光についてはhttp://home.hiroshima-u.ac.jp/akitaya/research/memo/polarized_rainbow.htmlで紹介しています。

そして、偏光は宇宙の観測でも使われています。
偏光板を備えた装置を望遠鏡に取り付けることで星雲などを照らす天体を特定したり、
偏光を起こす天体の性質を調べることができるそうです。

最後に、太陽系を飛び出し銀河を抜けて「宇宙の果てへ」。宇宙遊泳を堪能し、
科学技術館に帰ってきたところで本日のライブショーは終了です。

本日のような雨の日は星空を見るのは難しいですが、シンラドームで映す空は
いつでも晴れです。
科学ライブショー「ユニバース」は毎週土曜日に科学技術館4階、シンラドームで
お届けしています。雨の日でも是非お越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月13日 | 科学技術館ユニバース

2017年05月06日

5月6日@科学技術館

今日の科学ライブショー「ユニバース」は、矢治健太郎(国立天文台)が案内役となって
お送りしました。
ゲストは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の殿岡英顕さんでした。
殿岡さんは「宇宙カレンダーを見てみよう!」という題でお話をしてくださいました。

殿岡さんのいるJAXAでは、人工衛星を打ち上げて宇宙の観測をしています。
観測したデータをカレンダーの形にまとめて公開しているのが「宇宙カレンダー」です。
http://www.isas.jaxa.jp/home/showcase/calendar/index.html.ja
例えば、宇宙カレンダー一覧の中から去年のこどもの日をクリックすると、
16枚の画像が出てきます。
これは、去年の5月5日に「ひので」「SOHO」「SDO」という3つの人工衛星が撮影した
太陽の姿です。

ほかにも宇宙カレンダーには、「あけぼの」という人工衛星で地球の周りに飛んでいる
電波をキャッチして、耳に聞こえる音に変換したものや、はやぶさが見た地球、
火星や小惑星イトカワの画像などもあります。

自分の誕生日や記念日を宇宙カレンダーで見てみてはどうでしょうか。
宇宙カレンダーは1990年4月から始まっています。
画像が載っているのは91年9月からです。

今日は他に「太陽系の姿」「最近の太陽」「本日の星空」「ライブ天体観測」
「宇宙の果てへ」のコーナーをお届けしました。

特に「太陽系の姿」では、カッシーニの話題を紹介しました。
カッシーニは1997年にNASAが打ち上げた探査機で、2004年に土星に到着してから
観測をしてきました。いまその役目を終えようとしています。
カッシーニに与えられた最後のミッションの名前は「グランドフィナーレ」
土星とその輪の間の隙間を飛行して観測を行います。
土星の衛星には生命があるかもしれないものがあります。それらの星を汚染しないように、
カッシーニはグランドフィナーレを終えると、9月15日に土星の大気に突入することに
なっています。

JAXA相模原キャンパスは夏に一般公開を行います。今年は8月25日と26日の予定です。
詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://www.isas.jaxa.jp/outreach/events/000925.html

科学ライブショー「ユニバース」は毎週土曜日に科学技術館4階、シンラドームで
お届けしています。
毎週内容が変わるフレッシュなショーです。初めての方も2度めの方もぜひお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 5月 6日 | 科学技術館ユニバース

2017年04月29日

4月29日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、伊藤哲也(国立天文台)が案内役を務め、
ゲストコーナーは国立天文台ハワイ観測所の藤原英明さんと生中継でつないで
お送りしました。

ライブショーは本日夜8時の科学技術館からの景色からスタート。
夜空に見える星々を紹介し、続いて宇宙空間へ。
太陽系の惑星たちを順に見ていき、その途中で土星にクローズアップ。
1997年に打ち上げられ、2004年から土星の探査をしている探査機「カッシーニ」が、
4月26日からグランドフィナーレとして土星のリングと本体の間の軌道に入り
最後の探査を行います。
カッシーニは13年にわたり、様々なデータを観測してくれました。
そして、ゲストコーナーの内容も土星ということで、ここで本日のゲストコーナーへ。

ゲストの藤原さんには「土星のリングを赤外線で見てみたら」というタイトルで
お話しいただきました。
藤原さんが使ったハワイ島にあるすばる望遠鏡は可視光だけでなく、赤外線でも天体を
観測することができます。
大きなリングが特徴的な土星ですが、可視光で見てみるとリングの間にすき間があることが
わかります。
このすき間はカッシーニのすき間と呼ばれています。
土星を赤外線で見てみると、リングの中でカッシーニのすき間の部分は周りよりも明るく
映っています。
土星のリングはたくさんの氷の粒でできており、すき間にも少しだけ粒子が存在します。
赤外線では、温かいものほど明るく映るという性質があるのですが、このことより、
すき間にある粒子は周りよりも少しあたたかいということがわかります。
このように天体は観測する光の種類を変えることでいろいろな素顔を見せてくれます。
今後もすばる望遠鏡が明らかにする宇宙の様々な姿が楽しみですね。

ゲストコーナーを終え、再び宇宙空間へ。
太陽系からさらに遠ざかっていき、銀河宇宙の世界が広がっているところまで行きました。
太陽系の外の世界の研究も進んでいます。
最後に地球へと戻っていき、地球の周りを回る国際宇宙ステーションを紹介し、
本日のショーは終了しました。

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストをお呼びして科学の話題を
お送りしています。
ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月29日 | 科学技術館ユニバース

2017年04月22日

4月22日@科学技術館

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
ゲストに間瀬圭一さん(千葉大学)を迎えてお送りしました。
間瀬さんは「南極から世界最大のニュートリノ望遠鏡で宇宙を覗く」というお話を
してくださいました。

普通の望遠鏡で見えるのは、宇宙からやってきた可視光(目に見える光)です。
間瀬さんの取り組んでいるニュートリノ望遠鏡は、宇宙からやってきたニュートリノを
見るための装置です。

ニュートリノは素粒子の一種で、人間の目には見えません。目に見えないどころか、
あらゆる物質を通り抜けるので「幽霊粒子」とあだ名されています。
光はカーテンで遮ることができますが、ニュートリノは地球を9個並べても通り抜けます。
つまり、遥か彼方の宇宙から来たニュートリノは、何にも遮られずに地球に届くのです。
このニュートリノを観測することで、遠い宇宙の姿を見ようというのが間瀬さんの
取り組んでいる研究です。

南極の地下には1立方キロメートルのニュートリノ望遠鏡があります。何でも通り抜ける
ニュートリノを見るための、巨大で特殊な望遠鏡です。
この望遠鏡で54個のニュートリノがこれまでに観測されました。
もっとたくさんのニュートリノを捉えて宇宙の姿を明らかにするために、
今の100倍の大きさのニュートリノ望遠鏡を造っている最中だそうです。
マイナス40度の寒さの中、前に埋めた望遠鏡の場所を雪を掘って確認し、新しい望遠鏡の
部品を埋める、大変な作業です。
新しいニュートリノ望遠鏡で何が明らかになるのか、楽しみに待ちたいですね。

今日は他に「ライブ天体観測」「分子の世界」「重力の不思議」のコーナーを
お届けしました。
ライブ天体観測では、米国シカゴのヤーキス天文台とビデオ通話をつないで、
向こうの星空を見せてもらいました。木星、亜鈴状星雲と葉巻銀河を見ました。
分子の世界と重力の不思議については、左上のメニューから「コーナー紹介」のページを
ご覧ください。

科学ライブショー「ユニバース」は毎週土曜日に科学技術館4階、シンラドームで
お届けしています。是非お越しください。

投稿者 ライブショーアシスタント : 4月22日 | 科学技術館ユニバース
『週刊ユニバース』のバックナンバーもご覧ください。

ご感想、ご要望はinfo@chimons.orgへ。
(c) 1999-2011, Team Chimons, All rights reserved..