8月19日@科学技術館

投稿者:

今日の科学ライブショー「ユニバース」は、案内役は野本知理(千葉大学)が案内役を務め、シンラドームにて上演しました。

今日は、なんと準天頂衛星システム、静止軌道衛星の「みちびき3号機」の打ち上げが科学ライブショー「ユニバース」1回目の上演中に行われました!そこで、実況中継をみんなで見守り、無事に打ち上げを見届けることができました。この「みちびき」のシステムによって、GPSの位置精度が上がるのだそうです。GPSはアメリカが開発した複数の衛星によって位置を特定することができるシステムです。もともとは軍事用に開発されたものですが、現在ではカーナビや携帯など様々なところに使われています。

「みちびき」は日本が打ち上げ、これまでよりずっと精度が上がるということで、これまでなかった利用法も出てくるかもしれません。みんなが過ごしやすい空間になっていくといいですね!

また、「分子の世界」「重力の不思議」のコーナーもありました。「みちびき3号機」の打ち上げに合わせて地球の重力の話から、地球が太陽によって与えられる重力について続いていきました。地球の速度が急に早くなったら、突然太陽がなくなったら、はたまた太陽級の星がたくさん現れたら…どのようになってしまうのでしょうか?
シミュレーションでしか見ることができない世界をぜひ、シンラドームで体験してみてください!

二回目の上演ではみちびき3号機の代わりに、「太陽系の姿」「恒星間飛行」をお送りしました。
火星や土星の環に近づいたり、地球以外から星座線を見てみたり。3Dならではの臨場感ある宇宙体験を、あなたもしてみませんか?

科学ライブショー「ユニバース」は毎週土曜日に科学技術館4階にあるシンラドームにて上演し、様々な科学の内容をお届けしています。
是非お越しください。お待ちしております!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です