今日は火星とかぐや姫の話題で楽しいライブショーでした。
太陽系の姿」では地球を出発して小惑星Itokawaに接近中の人工衛星「はやぶさ」の紹介をしました。現在、はやぶさはItokawaのところまで99kmのところまで来ているようです。
はやぶさは12月にまた地球に向けて出発するそうです。来年に「はやぶさ」がもどってくるのが楽しみですね。また今、地球と火星が近づいています。一番近づくのが10月の終わりだそうです。口径5cmの望遠鏡があれば火星のしましま模様が見えるそうです。
ライブ天体観測」のコーナーでは、ヤーキス天文台のビビアンさんが撮ってくれた火星の画像とM103とNGC869という散開星団2つを紹介しました。
ゲストコーナー」ではゲストのエパットの尾崎フミコさんが「かぐや姫」と題したブラックパネルシアターをしてくださいました。かぐや姫の生い立ちから月に帰るまでの壮大な物語をブラックパネルで紹介しました。1人1人の登場人物や劇中の場面がブラックライトの光に照らされて光るところがとても美しかったです。