本日の「ユニバース」の上演では太陽系についての説明をした後、太陽系外への恒星間飛行を行いました。
今回はライブ天体観測も行い、シカゴのヤーキス天文台のビビアンさんと、直接、国際電話とwebカメラを用いてやりとりをしながら、天体写真の解説をしました。天体写真の内容は、惑星状星雲と月でした。惑星状星雲とは、恒星がその一生を終える時、ガスを放出して出来るそうです。なお、我々の太陽は、あと50億年と言われていますが、数10億年寿命があるとのことなので、安心して下さい。
 本日、種子島宇宙センターから、情報収集衛星を載せたH-IIAロケットが無事に打ち上げに成功しました。
 2010年には、「あかつき」という金星探査機が打ち上げ予定です。案内役の亀谷(JAXA, ISAS)から、「あかつき」および「あかつき」メッセージキャンペーンの紹介をして、たくさんの方にメッセージを書いていただきました。来週もキャンペーンを行っていますので、ぜひご来場下さい。ご来場いただけない方もJAXAウェブページ内「あかつき」に関するページから応募出来ます。