4月22日@科学技術館

投稿者:

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
ゲストに間瀬圭一さん(千葉大学)を迎えてお送りしました。
間瀬さんは「南極から世界最大のニュートリノ望遠鏡で宇宙を覗く」というお話を

してくださいました。
普通の望遠鏡で見えるのは、宇宙からやってきた可視光(目に見える光)です。
間瀬さんの取り組んでいるニュートリノ望遠鏡は、宇宙からやってきたニュートリノを
見るための装置です。
ニュートリノは素粒子の一種で、人間の目には見えません。目に見えないどころか、
あらゆる物質を通り抜けるので「幽霊粒子」とあだ名されています。
光はカーテンで遮ることができますが、ニュートリノは地球を9個並べても通り抜けます。
つまり、遥か彼方の宇宙から来たニュートリノは、何にも遮られずに地球に届くのです。

このニュートリノを観測することで、遠い宇宙の姿を見ようというのが間瀬さんの
取り組んでいる研究です。
南極の地下には1立方キロメートルのニュートリノ望遠鏡があります。何でも通り抜ける
ニュートリノを見るための、巨大で特殊な望遠鏡です。
この望遠鏡で54個のニュートリノがこれまでに観測されました。
もっとたくさんのニュートリノを捉えて宇宙の姿を明らかにするために、
今の100倍の大きさのニュートリノ望遠鏡を造っている最中だそうです。
マイナス40度の寒さの中、前に埋めた望遠鏡の場所を雪を掘って確認し、新しい望遠鏡の
部品を埋める、大変な作業です。
新しいニュートリノ望遠鏡で何が明らかになるのか、楽しみに待ちたいですね。

今日は他に「ライブ天体観測」「分子の世界」「重力の不思議」のコーナーを
お届けしました。
ライブ天体観測では、米国シカゴのヤーキス天文台とビデオ通話をつないで、
向こうの星空を見せてもらいました。木星、亜鈴状星雲と葉巻銀河を見ました。

図:亜鈴状星雲
分子の世界と重力の不思議については、左上のメニューから「コーナー紹介」のページを
ご覧ください。
科学ライブショー「ユニバース」は毎週土曜日に科学技術館4階、シンラドームで
お届けしています。是非お越しください。