4月27日@科学技術館

投稿者:

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、亀谷和久(国立天文台)が案内役を務め、ゲストに秦 和弘さん(国立天文台)をお迎えしてお送りしました。

本日のライブショーは科学技術館の前からスタートしました。

「本日の星空」のコーナーでは、春の星座であるおとめ座のスピカやしし座のデネボラやうしかい座アルクトゥールスを結んだ春の大三角等を紹介しました。
次に「太陽系の姿」のコーナーでは、太陽系の惑星を紹介していきました。
また、先日はやぶさ2がリュウグウを3Dで使って見ていきました。

「宇宙の果てへ」のコーナーでは、宇宙の大規模構造と宇宙背景放射を見て、地球まで戻ってきました。

「ゲストコーナー」では、秦和弘さんに「人類初、ブラックホールの写真をパシャリ」と題してお話していただきました。
最近、話題となっていたブラックホールの撮影について出張先のイタリアのボローニャから秦 和弘さん(国立天文台)に出演していただきました。ブラックホールは引力がとても強くあらゆるものを取り込む暗黒の天体としてアインシュタインが提唱していました。しかし、実際に写真として撮影された例はありませんでした。今回の観測ではM87のブラックホールの「影」の撮影に成功しました。地球から見たM87のブラックホールの大きさは、月の見かけの大きさの1億分の1と、とても小さく観測することが難しかったそうです。今回、複数の望遠鏡を使うことで、視力300万という高い分解能で見ることができる望遠鏡を作り観測に成功しました。その結果、M87のブラックホールの大きさは1千億km、質量は太陽の65億倍であるとわかったそうです。今後は、他の銀河の中心にあるブラックホールの観測を目指しているそうです。
以下のウェブページもぜひご覧ください。
EHT Japan ウェブページ:https://www.miz.nao.ac.jp/eht-j/top
秦さんのウェブページ:https://www.miz.nao.ac.jp/staffs/KazuhiroHada

科学ライブショー「ユニバース」では毎週様々なゲストをお招きして科学の話題をお送りしています。
ぜひ科学技術館4階シンラドームへお越しください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です