8月6日@科学技術館

「太陽系の姿」では先週、NASAから発表があった「第10番惑星」(?)についてのお話をしました。第10番惑星だと騒がれている星の軌道や、どのくらいの大きさなのか、また惑星というのはどうやって定められるのかといったことをお

Continue reading

7月30日@科学技術館

今週末は科学技術館の無料入館日となっていたために、館内がとても賑やかでした。ユニバースにもたくさんのお客様がいらっしゃいました。 今日は、「太陽系の姿」と「分子の世界」というとても大きな世界と、とても小さな世界のお話をコ

Continue reading

7月23日@科学技術館

今日のユニバースは、学校の夏休みに入ったということでたくさんのお客様がいらっしゃいました。 「ライブ天体観測」では、ヤーキス天文台にいるビビアンさんに国際電話越しに出演していただきました。ヤーキス天文台で最近撮影されたM

Continue reading

7月16日@科学技術館

「太陽系の姿」では、太陽を2倍の大きさにしたり、太陽が消えてなくなってしまったりすると、太陽系の惑星たちはどのような動きをするのか、といったことをシミュレーションで行いました。 太陽の質量が少し変わるだけで、生物が住めな

Continue reading

7月9日@科学技術館

今日は「ライブ天体観測」から宇宙のはての話題や超音波の実験など内容盛りだくさんのライブショーでした。 「ライブ天体観測」のコーナーではシカゴのヤーキス天文台のビビアンさんが観測ドームからついさっき撮ったリング星雲の解説を

Continue reading

7月2日@科学技術館

「太陽系の姿」のコーナーでは、太陽と同じくらいの質量をもった星を、地球軌道に垂直の方向から衝突させたりするとどうなるのかをシミュレーションで行いました。 「銀河宇宙の世界」では、銀河同士を衝突させるシミュレーションを、会

Continue reading

6月25日@科学技術館

「太陽系の姿」では、太陽系に太陽と同じくらいの重さの星がやってきたら惑星はどのように動くのかといったシミュレーションをすることができます。 今日はいつもとは少しちがった方向から星をぶつけてみました。 「国際宇宙ステーショ

Continue reading

6月18日@科学技術館

本日のライブショーでは、太陽系とブラックホールのお話を中心にお送りしました。 「太陽系の姿」では、惑星の大きさや、太陽からの距離などを使って、クイズをしましたが、大体の大きさは知っていても、太陽からの距離を考えるのは、難

Continue reading

6月11日@科学技術館

本日はゲストコーナーがなかったために、案内役が40分間じっくりとショーを進めていきました。 「太陽系の姿」では、「太陽が今の十倍の重さだったら太陽系はどうなってしまうのか」、「地球がもっと早く太陽の周りをまわったら一年の

Continue reading

6月4日@科学技術館

「太陽系の姿」では、太陽がなくなったらどうなるかといったことや、太陽のような重たい星が太陽系の外からやってきたとしたら、私たちの住む太陽系はどうなってしまうのかといったことをシミュレーションしました。子ども達も積極的に手

Continue reading