5月20日@科学技術館

投稿者:

本日の科学ライブショー「ユニバース」は、野本知理(千葉大学)が案内役を務め、
ゲストに三浦昭さん(宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所)を迎えてお送りしました。
三浦さんから「宇宙の音楽との出会い ― 今の体験はきっと将来役に立つ(かな?)―」
というお話をしていただきました。
三浦さんは、高校生の頃ラジオから聞こえきた音楽である「ドーン・コーラス」から
宇宙の信号を音に変えるということに興味を持ったのだそうです。
本日はこの3月に国際科学映像祭にて上映され、最優秀賞となった「磁気圏の小箱」が
上映されました。
この「磁気圏の小箱」では、オーロラにも関係する、地磁気の乱れ方を表している
K指数、KP指数、JAXAが打ち上げた衛星「あけぼの」のPWSを音楽に変換して
ドーム映像とともに紹介されました。
2017年に打ち上げられたジオスペース探査衛星「あらせ」の音の紹介もありました。
今日は他に「分子の世界」「Hippliner」「重力の不思議」のコーナーをお届けしました。
Hipplinerでは色々な星に飛びその時の星空の紹介です。分子の世界と重力の不思議に
ついては、左上のメニューから「コーナー紹介」のページをご覧ください。
科学ライブショー「ユニバース」が行われるシンラドームは来週から改修に入るため、
今日は改修前最後にシンラドーム上映でした。
7月には改修後のシンラドームがお披露目されます。リニューアル後も土曜には
ライブショーがありますので是非お越しください。